お客様に助けて頂いた「新米まつり2017」でした
 去る10/1、大潟村の道の駅おおがた(産直センター潟の店)と干拓博物館前のスペースで2017年大潟村「新米祭り」が
行われました。

 スプレンダーは9時オープンのイベントのところ、弟夫婦が8時45~50分ころ会場入りしたようでした。私はおそらくあと1~2
分で9時というころに会場入り。前の日から一睡もせずに商品づくりをしていましたが、やっぱりすべてがギリギリ。頑張っている
つもりですが、本当に情けない状態でした。

 出展者は事前に大潟村役場に手続きをしていて出店許可証と出店場所(あなたのテントはここですよということ)の
通知がありました。スプレンダーはある団体の隣と分かっていたので探したのですが、どうもはっきりしない。少し前についていた
弟夫婦が「お願いしていたテーブルがないんです。他の人に使われちゃったみたいで」と私を見るなり一言。

 「だって、テーブル4つ、確かに申請だしてたよね?」と私。
 「はい、でも他の方にとられちゃいました」
 「えっ?........」。
 目の前の事が理解できない私。
 「来るのがちょっと遅かったから使われちゃったみたいです」と弟のお嫁さん。
 で、なんとかスプレンダーの分を返して欲しいとお願いしたらテーブル1個だけ返してくれたそうなんですが、とてもじゃなけれど
 もってきた番重(商品を入れておくいれもの)が置ききれない。
 「無理だよ、これだけ持ってきているのに一個なんて」と私。
 でもスプレンダーのテントのスペースには別のグループさんの商品が並べられていて......。
 普通は本部(イベント実行委員会)の人間がきちんとやってくれるはずなのに一体どうなってるんだ?と言葉を失ってしまいました。

 田沢湖クラフトとか角館の秋彩こみちとかイベントは出たことはあるけれど、実行委員会の人はそれはもうきちっと指示を
だしてくれていました。だから今回の事は想定外のハプニングでした。

 結果的に場所は取り戻すことができました。
 その時、スプレンダーの売り場に来ていたお客様が「スプレンダーさんの商品はこれだけのスペースじゃ置ききれないでしょ、
ちゃんと決められた通りにしないと」とスプレンダーのテーブルを使っていた人たちにビシッと注意してくれたそうです。
(弟のお嫁さんが教えてくれました)私は最後の方だけ......お客様が「私はスプレンダーのお菓子を買いにきたんですっ!!」って
おっしゃって下さったところを聞きました。その言葉の前にお客様が周りのゴタゴタをおさめるように注意して下さったとは
知りもしませんでした。今朝、みんなが揃っている時にその時のお客様のお蔭でスプレンダーとこだわり農場がスペースを取り戻せたという話になりました。そのお客様はちょっと急いでいる感じで商品をお買い上げになられると直ぐにお帰りになりました。
ただ、その帰り際に「さとうです」って一言。いつもこのブログにコメントを下さっている「さとうさん」でした。
本当は色々と話したかったのですが、オープニングイベントの太鼓の演奏の音がすごくて,なにもききとれない状態。

 ただ、今朝、弟夫婦からその時の「さとうさん」がどんなにかっこよかったかという話になり......事の一部始終を知った私は
「さとうさん」に感謝の気持ちで一杯です。

 さとうさん、スプレンダーが売場スペース(テーブルとかも含めて)を取り戻せたのは「さとうさん」が周りの人に厳しい注意を
して下さったからです。弟のお嫁さんが「私たちのいう事は全然きいてもらえなくて.....でもお客さんの一人がビシッと言って下さった
お蔭で返してもらえました」と言ってました。

 本当に本当に有難うございます。
 今回のイベントでは時間的に余裕がなく、もたもたして会場入りしてしまった私にも責任があります。
 これからはもうすこし余裕をもって行動して周りの出展者にスペースを横取りされることがないように気をつけたいと思います。

 今回、スプレンダーが無事イベントを終えられたのは「さとうさん」のお蔭です。
 スプレンダーも弟夫婦の「こだわり農場」も本当に感謝しています。

 「スプレンダーのお菓子なら手売りできる」とあるときおっしゃってくれた「さとうさん」。
 さとうさんなら、間違いなく手売りで完売させてくれるに違いないと心からそう思いました。

 
スポンサーサイト
【2017/10/03 11:07 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<10/6の産直センター潟の店の納品について | ホーム | 新米まつり2017に参加します>>
コメント
お恥ずかしい限りです。
あれはイベント企画で、テーブルにきちんと名前を貼るとかして置くのが当然で、場所に案内してもらったら、人参が並んでいるし、後ろに大量のねぎ、妹さんが話しても、これくらい残せばいいだろうと、チョコッと寄せる自己判断‼️その後それぞれに自分の意見をおっしゃっていましたが、ここはスプレンダーの場所です。そう厳しく言ったつもりはありませんが😀、テーブルに貼っていたねぎのチラシは剥がしてお返ししたら、有難うございますと言われました😀。時間がなくて、私もたくさんお話ししたかったので、またの機会に😀

これからは愛子様と私はお友達なのと、みんなに自慢させて下さいね。

健康にはお互い注意しましょう😀

コメント、すごく嬉しかったです。妹さんにもよろしくお伝え下さいね。
【2017/10/03 11:29】| URL | さとう #- [ 編集 ]
本当に助かりました。
 さとう様

 新米まつりでは助けて頂いて本当に有難うございました。
 大潟村という狭いコミュニティの中なので、隣のグループの方たちの中には知った顔も何人もいました。(母は当日不在でしたが母の知り合いの方が何人もいました)私から見ると目上の方ばかりで人数で有利に立たれるともう何も言えないかな....という雰囲気でした。一番問題なのは、やはり実行委員会の人のコントロールがなっていなかったということだと思います。義妹の話ではある会社の人が当日になって場所が足りないと言い出して、急きょ人のスペースまで欲しがったとのことです。で、そこら辺の統率がとれなくなり、「うちも足りない、ここにテーブルがあるから貰っちゃおう」となっていったみたいで。もちろん、一般的なイベントでは人の予約している出店スペースを横取りするなんてもってのほかです。あり得ません。でも普通は実行委員会の方が
しっかり目を光らせていて、何度も売り場を回りコントロールしてくれます。「足りないものはありませんか?」とか「今日は
よろしくお願いします。何かあったら〇〇までお願いします」とか。


 「あんたらは会場入りが遅かったからあんたらのテーブルも椅子もイベントスペースももうないよ」....なんて事はあってはならない事ですよね。本来なら予約していたテーブルに一枚ずつ出展者の名前を書いた紙をはるなり、するべきだったと思います。

 大きなイベントなら何十件という出店スペースを管理するのが普通なのに、たった十何件だけでこの有り様ですから、ちょっと
びっくりしてしまいました。で、私も弟夫婦も有る程度知っている人達相手に面と向かって文句を言えませんでした。
(きっと知らない人だったら逆に強く言えたような気がします)

 今回の事は本当に勉強になりました。
 次にこのイベントに出ることがあれば、前回はこうだったからこの様に改善して下さいとはっきり伝えるつもりです。
そしてだれか一人を最初に会場に行かせます。(場所取りしなければいけないというのもおかしな話ですけど)

 今回のイベント自体は客層の違いでスプレンダーにとっては厳しい結果となりましたが、弟夫婦はある程度売上も上げられ
それなりの成果が残せたようでした。

 今度は自分のお店を舞台にゆったりとした気分で直接販売をしたいと思います。
 その時はぜひまたいらして下さい。

 この度は本当に有難うございました。
【2017/10/03 14:42】| URL | 焼き菓子屋スプレンダー店主 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad