新しいスコーン出してます。


紅茶とオレンジピールのスコーン250円

 生クリームスコーンの生地をベースに紅茶(アールグレイ=ベルガモットの香りをつけた紅茶)とオレンジピールを混ぜ込んだ
スコーンです。生クリームスコーン生地は水分として生クリームをかなりの量いれてます。とっても贅沢なスコーンです。
生クリームを混ぜ込むと牛乳とはちがい、冷えてもしっとりと美味しいです。

 最初から満足のいく感じに焼きあがりました。ただ、あとから茶葉の量を増やしてオレンジピールも増やしたのですが
増やす前の方がバランスが良かったような気がします。増やせばいいというものではないみたいです。アールグレイは
もともとベルガモットの香りをつけたものをいうので、これが余り強いと香りがキツくてパクパク食べるものではなくなってしまいそう。
ふんわり香るぐらいがちょうどいいので、次は最初の量に戻そうと思います。(オレンジピールももうちょっと少ない方が焼き色も
綺麗でした。→糖分が増えると焦げやすくなるし)

aikos-V-assyuku-29peg.jpg

aikos-V-assyuku-30peg.jpg


キャラメルスコーン280円

キャラメルスコーンは前から作りたかったスコーン。もちろん、キャラメルから手作りしています。キャラメルにも色々なレシピが
有りますがこれは水、生クリーム、グラニュー糖の3つで作ったもの。香料は使用していませんので「いかにもキャラメル」っていう
程の香りはついてません。本当はキャラメルフレーバーもつけようと思ったのですが、材料があると思っていたら無かったというのが本音なんですけど。キャラメルはもともと砂糖を焦がして作るものですから生地に混ぜ込んでも当たり前になじんでしまう味なんですよね。香りをつけることによって味もそれと同じように強く感じさせることが出来ると思うんですけど、添加物ですから香りをつけてまで作るべきかどうか悩むところではあります。

 私はほろ苦いキャラメルが好きなのでちょっと焦がし加減を強くしましたが、ネットで調べているとあまり焦がしを強くすると
キャラメルの風味が弱くなるのだとか.....。次はもうちょっと白っぽい位で止めておかねばと思っています。

aikos-V-assyuku-31peg.jpg

aikos-V-assyuku-32peg.jpg

aikos-V-assyuku-33peg.jpg

 生クリームにキャラメルを混ぜこんだだけでは風味が弱いのでキャラメルを生地におりこんでみました。ベタベタするので
計量して軽くまとめて焼くことに.....。やっぱりフレーバーを添加した方がいいのかなぁ~。美味しいのですが一般的な
いかにもキャラメル!!っていう感じはしません。ただ、美味しさは間違いないのですが....。水分量をかなり変えましたが、
上手く焼き上がりました。こういうアメリカ~ンな焼き上がりが好きです。

黒ごまときなこのスコーン250円

 これもまた生クリームスコーンの生地をベースにきな粉と黒ゴマを混ぜ込んだものです。紅茶とオレンジピールのスコーンと
生地のみた目がそっくりだったのでお客様がお間違えにならないように生地の真ん中に黒ゴマを押し付けて焼き上げました。
ネットでこういうスコーンを焼く人はいるのかなと検索をかけたらまったく同じ(黒ゴマを真ん中に押し付けた)スコーンが
あったのでびっくり。考えることは同じなんですね(笑)。

aikos-V-assyuku-34peg.jpg

 スプレンダーも飽きられないように順次新しい種類のスコーンを作っていかなければと思っています。
 もちろん、定番も大切にしながらですが。

 

 話は変わって昨日3/21は亡くなったランディの誕生日でした。
 ランディの好きだったおにぎりやプリンを買って帰りました。
 昨日は産直センター潟の店裏のドッグランにも県内外から愛犬家の方たちが犬を走らせにきてました。
 遠くまで連れてきてもらえる犬たちは幸せだな~としみじみ思いました。


スポンサーサイト
【2016/03/22 09:59 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<八郎潟のシェフハラールカレーで夜ごはん | ホーム | 税務署に書類を届けたあとは.....>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad