かぼちゃのシフォンケーキ
 今日はめずらしくかぼちゃのシフォンケーキを焼きました。
 まず最初にかぼちゃを鍋で軽く煮て、さまし、小さくカットしてからオーブンでまた10分ちょっと焼き、完全に
 火を通します。
 スコーンに使う時も同じような作業をします。
 かぼちゃは結構下準備に時間がかかります。

 aikos-V-assyuku-4jpeg.jpg

 生地が結構固かったので火の通りがスムーズにいくか心配でしたがなんとか形になりました。
 もうちょっとマシな写真を撮れれば良かったのですが、急いでいたのでアングルとか完全無視ですみません。

 妹に買ってもらったフォトショをインストールしたので画像のUPが大変楽になりました。今までは
 加工所に置いてるパソコンにしかフォトショが入っていなくて、わざわざデータを焼いて移動していました。

 昔はもっと沢山のシフォンケーキを焼いていたよなぁとしみじみと思いました。
 ブルーベリーシフォンとか、ラズベリーシフォンとか......。
 うちのブルーベリーシフォンはただドライブルーベリーを入れただけのシフォンではなくて、ブルーベリーピュレを沢山生地に
 混ぜ込んでいました。だから色もしっかり紫でした。
 またああいうのを作りたいのですが、以前作っていた時と比べて色んな物の値段が上がっていて....商品にするのは
 難しそうです。卵も全然安くならないし。

 ただ、スプレンダーのお菓子は全体的に価格帯が上がってしまったので、180円程度の商品をまたどんどん出していきたい
 と思っています。バターたっぷりの甘いお菓子よりもこういうふんわりとやさしい甘さのお菓子の方が万人受けして
 手に取ってもらいやすいので....。

 スコーンも新しいフレーバーを増やしたいです。
 アターという特殊な粉を使ったスコーンとか.....。
 でもこのアター、普通の小麦粉の5倍位のお値段なんです。
 これでスコーン作ると美味しいんだけどなあ~。
 まさに粉もの好きさんの好むスコーンが焼けるんです。
 でも材料だけでまさに「プレミアム」になってしまうので躊躇してしまいます。

 NHKの連続ドラマの「まれ」の中でも言っていたように、
 理想ばかり追い求めて高い商品を出しても売れるかというとそうではないんですよね。
 でも、本当に気に入ってくれた人にとっては価格は問題ではなくなるんです。
 どうすればそこまでのファンを獲得できだろうか....私はいつもそんなことを考えています。

 かぼちゃのシフォン。20cmの8分の1カットで180円です。
 消費期限は2日です。
 水分が多いかぼちゃは傷みやすいので短く設定しています。

 また昔やいていたシフォンをちょこちょこ出していこうと思います。
 ぜひ手に取ってみて下さい。
 
スポンサーサイト
【2015/09/16 19:01 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<道の駅おおがたでチョコレートチャンククッキーの今季の販売を開始しました。 | ホーム | ピーカンスコーン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad