ピーカンスコーン
 このスコーン、わけあって売り物にならないピーカンボールを混ぜ込んで作りました。

aikos-V-assyuku-2jpeg.jpg

 わけあってなんて書くとよっぽど問題のあるものを混ぜ込んでいると思われそうなので説明します。
 実は焼きあがったピーカンボールを味見したところ、なんだかいつもより塩がきつかったんです。
 ちゃんと計量したはずなのに.....。ぼ~っとしていて2度計量してしまったのかも知れません。
 このまま売るわけにもいかないのでこのピーカンボールでスコーンを焼くことにしました。
 ピーカンボールを混ぜ込んだ時点で採算なんて絶対に取れないのですが、どうしてもせっかくのクッキーを
 無駄にしたくなかったんです。

 ピーカンボールは一つを4分の1カットにし混ぜ込んだのですが結構もろいクッキーなので、ポロポロ崩れて
 とても作りにくかったです。いつもよりぎゅっと力をいれてまとめました。
 生地の中には新たにペカンナッツを砕いて混ぜました。

 焼き上がりはザクザク、これ自体が分厚いクッキーの様です。
 ちなみにアクセントにドライクランベリーも混ぜてみました。

 このスコーン、先日出した分はお陰様で完売しました。
 まだピーカンボールが残っているのであと1~2回納品できそうです。
 これは今回だけの商品、けっして定番品には出来ません。
 一見地味ですが、とても贅沢なスコーンです。
 産直センター潟の店で見かけたら「ああこれが例のスコーンね」と手に取ってみて頂ければ幸いです。

 今日は先日受けた人間ドックで気になるところが見つかってMRIを撮ってきました。
 強い磁場を発生させるMRIは終始ドンッドンッドンと大きな音がなっていてなんだか落ち着きませんでした。
 とても狭い筒の中に一時間近く入っていたのですが、最初は息苦しくさえ感じました。
 閉所恐怖症の人にはつらい検査のようです。(私は違いますが)
 私はいつごろからかウトウトして最後の方はちょっと意識がなかったです。
 医師から「MRI、大丈夫でしたか?」って聞かれて「最後の方は寝てました」と答えたところ、
 「素晴らしいっ!」と誉められました。(苦笑)
 妹からは「あんた良くあんなところで寝られたね」とあきれられました。
 
 明日からまたぼちぼち焼いていきます。
 大潟村にお越しの際はぜひ道の駅おおがたにお立ち寄りください。

 よろしくお願い致します。

 ※妹が私の誕生日にadobe photoshop elements13をプレゼントしてくれました。
  今回はそのソフトで画像処理しています。今までより画像のUPが楽になりそうです。

  


 
 
スポンサーサイト
【2015/09/15 23:21 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<かぼちゃのシフォンケーキ | ホーム | ナイスシングス10月号にスプレンダーのお菓子が掲載されました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad