青森から今年も遊びに来てくれました
7/5(土)の出来事。CさんとSさんがお店にやってきてくれました。

aikos-blog486assyuku.jpg
 
 毎年、青森市内から遊びに来てくれるスプレンダーの大切なお客様、CさんとSさん。いつもどうやったらスプレンダーの経営が軌道に乗るかと本気で悩んでくれる大切なサポーターです。上記の画像はCさんがお土産にもってきてくれた青森産
さくらんぼの「紅てまり」。これがもう本当に美味しい。私の大好きな果物のベスト3に入るさくらんぼ。アメリカンチェリーとか佐藤錦とか大好き。でもこの「紅てまり」という品種は初めて。酸味もしっかりあるのだけれど糖度も結構あるとみた。
こういうさくらんぼ、大好き。というか、みかんにしろ、かんきつ類にしろ、甘みと酸味のバランスが大事だと思う。いつもは
さくらんぼなんて食べない妹に「美味しいから食べてみなよ」とすすめると少しして、さくらんぼを手に取った妹が
「さくらんぼって皮むくんだっけ?」と信じられないことを口にした。
私が凍りついたのは言うまでも無い。

 aikos-blog487assyuku.jpg

 そして次の画像も同じくCさんのお土産の「青森産いちご」。品種は不明。
 このいちごは実が固めの品種みたいです。でも糖度は結構のってる。とても美味しかったです。妹も結構手が伸びて
いました。

 毎回、毎回、青森の美味しいものを持ってきてくれるCさん。本当にご馳走さまでした。本当はさくらんぼが大好物という
母に食べさせてあげたかったけど、母はもう九州での生活を始めました。祖母の世話をするための帰郷ですが、母が
いたらどんなに喜んだろうかと考ええるとちょっぴりさびしくなりました。ちなみに母はいちごも大好きです。食事は健康のために食べすぎを気をつけている母でしたが、果物には本当に目が無くて、さくらんぼやいちごは一人で1パック、ペロリと
食べてしまう人でした。ごめんね、お母さん、この美味しいさくらんぼはたぶん、私が一人で殆ど食べてしまうでしょう。

 この日はスプレンダーの通販サイトのことで色々なアドバイスをくれました。
 自分が気づかないことを色々と指摘してくれて本当にありがたく思いました。
 ようやく特定商取引の項目で付け加えて欲しいことをまとめたのに、肝心の資料をFAXで流そうとしても
受け付けてくれない先方のFAX。自動受信になっていないのでしょうか?明日またトライしてみなければ。仕事の合間にちょっとずつしかすすまない私の作業、あっというまに7月に入ってしまいました。これではいけないと思いながらも日々の作業に追われ、なんとなく月日だけが流れていってしまいます。始まってしまえばきっとなるようになるのでしょうが、
だんだん不安にかられてしまいます。CさんとSさんもサイトの問題点はお見通しでした(苦笑)。2人のアドバイスを参考に
もうちょっと改良を加え、スタートできたらなと思います。

 aikos-blog485assyuku.jpg

 上記の画像は実家の車庫の中。赤い車は新車のマツダCX-5。弟のお嫁さんのYさんの車です。ほんとにでっかい
車です。マツダのクリーンディーゼルは音が本当に静かです。一昔前のディーゼル車のガラガラ音はほとんどしません。
左奥の車は実家のアルファード。母がなんとなく使っていた車。(このごろはあんまり運転もしていなかったので車庫に入っていることが多かったです)で、その隣が私の車、アベンシス。YちゃんのCX-5より納車は後です。(でも距離はアベンシスの方がいっちゃったね)ちなみにアベンシスはいつも外においてます。一応、私の自宅は中央の住所の方にあるので。
(いつもはアベンシスの位置に妹のヴィッツが有ります)本当は帰って自分のうちの車庫にいれるべきなのですが、実家にご飯をたべにきては猫のお世話をしてそのまま泊まってしまったりします。新車なのに外に出しっぱなしで
申し訳ないです。あっ、どうして車の画像を載せたかというと、実家のアルファード、乗る人間がいなくなり、維持費も
バカにならないので一時抹消ということになりました。本当はアルファードを佐賀に届けたかったようですが、道が狭いところでアルファードは無理とのことでした。結局アルファードは車庫で眠ってもらうことになりました。弟は母にIQという小さい車を買って九州まで届けました。こういうところは「太っ腹だなぁ」と思います。アルファードは家族で出かけるときに
活躍していた車...。そう考えるとなんだか複雑です。もうみんなで出かけることもないのかなぁなんて......。 
  
 今日7/6(日)はアベンシスの6ヶ月点検でした。すごく大切にしている車なので整備士さんに失礼とは思いながらも
「キズが無いことを最初に確認してもらえますか?」「洗車は無しでお願いします」ってお願いしました。前の日、Cさんに
「前の車の時、別の営業所で傷つけられて帰ってきたことがあって心配なんだよなぁ」って相談したら下手に回りくどいことをいうより自分の不安な気持ちを素直に伝えたほうがいいよってアドバイスをくれて、正直に今の営業所の人にお願いしました。すごく若い整備士さんだったけど、理由を正直に伝えてお願いしたら快く応じてくれました。きっとかなり神経質な人間だと思われただろうなぁ。
 
 整備を待つ間、営業担当さんがやってきて「車は週一とかで洗われてるんですか?」って...。しっかりお見通しみたいです。「ホイールは3日に一度は洗ってます」って伝えたけど、ブレーキダストがすごいからこれ以上放置できないんだよなぁ。「本当にほしくて買った車はみなさんそうですよ」って担当さん。そうそう、そうなんだよなぁ。

 同じく整備を待つ間、エンジン内部をきれいにする「エンジンメタルトリートメント」なる商品をすすめてきた別の若い整備士さん。商品説明とか一生懸命で、断ることなんてできません。というか、私がこの車に入れ込んでいると分かってるから
こういうものをすすめてくるんだろうな....。

 整備が終わってキーをもってきてくれたのは先ほどエンジン添加剤をすすめてきた若い整備士さんともう一人、女性の若い整備士さん(まだ見習いなのかな?)でした。担当さんに伺ったら今年入られた新入社員さんとのこと。女性の整備士さん、職場が華やいでいいと思います。ぜひがんばって続けていってすばらしい整備士さんになって欲しいです。

 今回の点検、丁寧に扱ってもらったみたいでほっとしました。
 だいぶ前に気になって調べてもらったことがあったのですが、「その後いかがですか?」って聞いてきてくれました。
ささいなことかもしれないけど、気にかけてくれていることに対してすごく嬉しかった。整備士さん、お客である
私が座っている時はしゃがんで床にひざをついて話してくれる。そこまでしなくてもいいのだけれど、この営業所は
そう教育されているのだろうと思う。すごいことだなと思った。

 車のことを書き出したらいつもに増して長文になってしまいました。
 お付き合い下さりありがとうございます。
スポンサーサイト
【2014/07/07 00:12 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<焼きおにぎり焼いてます | ホーム | 2014パティスリー&ブーランジェリージャパンに行ってきました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad