美味しいお菓子と待ちに待った新車のこと
P1060829-5.jpg


上の写真のお菓子は『無添加焼き菓子le risa』のもの。同時に数店のお店のお菓子を頂きましたがここのお菓子がシンプルなのに一番素材の良さが感じられました。特に『純良バターのクッキー』はバターの良い香りがしてそれだけで美味しかったです。(純良バターのクッキーは写真中央です)

 茶色いスノーボールの様なクッキーは『和三盆糖のクッキー』。和三盆はとてもすっきりとした甘みのお砂糖だと聞いていましたが、本当に甘さひかえめで、その分アーモンドとへーゼルナッツ(有機)の味が良く分かりました。

 抹茶のクッキーは、やはり甘さが控えめで抹茶の程よい苦味がしっかりと生きていました。香りもよかったです。

 ココア色のお菓子は『パーチディダーマ』イタリアのお菓子らしい。以前別のお店のパーチ~を食べたことがあるのですが、その時はぜんぜん美味しいと思わなかった。でもle risaのは違う。生地が本当に軽い食感で丁寧に生地が作られているなぁ~と感じました。ここのお菓子はお値段も結構すると思いますが...(すくなくともスプレンダーなんかとは全然違う)でも私だったらその価格を払うだけの価値はあると思いました。特に純良バターのクッキーは美味しい。近くにお店があったらきっとリピしていると思います。

 こういうお菓子を頂くとやはり良いお菓子は価格のリミッターがはずれるんだな~と思います。高いという感覚はそのお菓子を気に入った時点でさほど問題ではなくなるのだと....。自分のお菓子もその価格を支払うだけの価値があると
お客様に感じて頂けたらと思います。私はこれを目標にお菓子作りをしていきたいと思います。


 ところで話は変わって、今日は午後からディーラーさんのところに伺ってきました。
 じつは本日ようやく自分の次の車と対面することが出来ました。
 ディーラーさんの敷地に近づくと整備場の奥にそれらしい車が目に入り一気に興奮してしまいました。
 (私が見たいというので前もって車を出していてくれたんですね、お手数をおかけしました)
 この車、契約してからもう3ヶ月を過ぎています。
 日本では良く言えば「レアな車」悪く言うと「マイナー車」。
 でも欧州におけるトヨタのフラッグシップモデル。
 
 それが『アベンシス』です。英国からようやく秋田までやってきました。
 ちなみにこの車は逆輸入車ではなく輸入車というのが正しいです。 
 もう希望ナンバーを取得していますが、今日の段階ではナンバープレートはまだついていませんでした。こんな
 写真はめったに撮れないので記念に撮ってきたのです(笑)ナンバープレートのスペースが長いのがやはり
 海外で作られている車らしいですね。
 ちなみに奥の方にも納車待ちの新車が何台も置いてありました。
 ↓

 P1060852-1.jpg

 妹も母も「長さがある車だね~」「日本の車と雰囲気が違うね~」と。
 
 P1060855-4.jpg

 車庫入れが大変だろうな~。
 
 ちなみに今日は対面だけ。
 ボディコーティングは済んだようですが、スタッドレス用のホイールが届かないらしい。
 (もしかしたらホイールも次の船便できているのかも)なので、
 納車はもうちょっと先になります。結局納車までは3ヶ月半かかりそうです。

  正直、待っている間もそれはそれで楽しい。
 でもちょうど税金の申告準備も始まったのでまずそちらに力を注がなくては....。
 (あっ、HPの作業もしなくてはいけません....製作会社のスタッフの皆さん、本当にすみません)


 製作会社の代表のKさんはきっとこのブログを見ていることでしょう。
 だからこの場を借りてお詫び申し上げます。

 本当に申し訳ございません。また近いうちに新しい原稿を送ります。

 あっ、そういえば、ディーラーさんのところでちょうどフェアをやっていてお土産に
 『喜多方ラーメン』を頂きました(笑)

 前回の記事のあとなので「またまた、ラーメン目当てじゃないの?」って言われそうですが、
 今日のは違います(笑)。純粋に車バカなだけです。
 
スポンサーサイト
【2014/02/03 01:13 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<人のやさしさを感じた一日でした(いつもの様に長文失礼します) | ホーム | フルーツバスケット頂きました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad