バナナウォルナッツマフィン
 最近販売を再開したお菓子の一つ、それがバナナウォルナッツマフィンです。だいぶ前になりますが秋田の「さきがけ新聞」に載りました。たいした取材でもなかったのですが、お話した事がちょっと違うニュアンスで記事になっていて、驚きました。「そういうつもりで言ったんじゃないんだけどな~」とぼやくと「マスコミとはそんなものよ」と妹。
妹の知り合いに新聞記者をしていた人がいて実情を聞いていたようです。

 私がマフィンを作る上で理想としているのは以前ブログにも書いたのですが東京のA.R.Iさんです。といってもバナナウォルナッツマフィンはA.R.Iさんのレシピをもとにしている訳ではなく、他のレシピを自分なりにアレンジして焼いています。A.R.Iさんのマフィンは生地の軽さと焼き面の表情が好きです。オーブンの違いもあるのか、以前家庭用のコンベクションオーブン(ファンで熱を対流させるタイプのオーブン)で焼いていた時ほどの軽さが出ません。私はお菓子を専門に勉強してきた人間ではないので確かな事は言えませんが、やっぱりオーブンのタイプによって向き不向きがあるように思います。「コンベクションオーブン欲しいな~」とねだると「ダメダメッ!今のオーブンを使いなさい」と母。以前野菜づくりに熱くなった事があり、自前のビニールハウス(25メートル有ります)まで業者に建てさせた私。「そうだ、あのビニールハウスをお父さんに売ってオーブンを買おう」と意気込んだのですが、「あんたに借り賃払って借りてるほうがいいよ」と相手にされず、ガッカリ。

 下が私が焼いた「バナナウォルナッツマフィン」です。アメリカンサイズのつもりで焼いているのでバカでかいです。知り合いからは「大きくて食べきれない」「もっと小さくできないの?」とまで言われました。でも世の中小さいマフィンばかりじゃつまらないからこういうマフィンが一つ位あっても良いんじゃないかと....。妹は「大きかったら分けて食べればいいだけじゃん」と。そうだ、そうだ、私はこれからもでっかくて(迷惑な?)マフィンを焼いていくぞ!



aikos-blog37assyuku.jpg


あっ、ついでに「紅玉リンゴのマフィン」も紹介。このマフィンはA.R.Iさんのレシピで焼いてます。生地の出来は悪くないと思うのに何だか焼き面が固そうな感じ。デッキオーブンじゃなくてコンベクションオーブンで焼いてみたいです。オーブン、買ってくれないかな?



aikos-blog34assyuku.jpg

スポンサーサイト
【2007/04/23 16:48 】 | スプレンダー | コメント(0)
<<モカチョコチャンククッキー作ってみました | ホーム | フランボワーズ(ラズベリー)のその後>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad