余った生地でホールのパイを焼いてみました
aikos-blog403assyuku.jpg

 これは余ったパイ生地(切れ端)で試しに作ったホールのアップルパイです。パイ皿なんて持っていないので
タルト型にパイ生地を敷いて焼いてみました。今までホールのパイなんて作ったことはほとんどないので
どうやってしいていいかわからなくて....。適当に紅玉のコンポートを敷いて、その上にパイ生地を編みこんで
みました。淵はどうやって生地をまわすんだっけ?と思いながら、これまた適当に巻きつけました。そしたら
焼いてる間に垂れさがってしまいました。でもこれも味があっていいかも知れないと思いました。

 横に添えているのは紅玉りんご。まだ生の状態で保存しているものがあります。でもさすがに加工を急がなくてはそろそろ限界かな....。

 ホールって具が本当に沢山要るんですね。びっくりしました。
 本当は切った断面の画像を載せるつもりだったんですが、うっかりしてました。
 実家に持って帰ったら、みんな美味しいっていってくれました。
 いつもはパラパラしすぎのは嫌いって言って反応のイマイチな弟が「パイ美味しかった」って、わざわざ
 言いにきました。
 
 これって商品化いけるかも。
 以前、タルトのホールを販売していましたが、アップルパイのホールも興味があるところです。
 ただ、なにが難しいかというと商品化した際の原価計算です。
 これすごく苦手なんです。
 
 税理士さん、そろそろ書類かえしてくれないかな~。仕入れ伝票もすべて預けているので
 チョコレートや小麦粉の値段一つわからない状況です。

 紅玉りんごのパイはホールはまだまだ練習が必要ですが、
 一人前用のものはちょくちょく販売しています。
 紅玉ならではの甘酸っぱいパイをぜひ食べてみて下さい。

 ホールは近々出せたら....と思っています。
スポンサーサイト
【2012/03/27 12:03 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<食菜館くららの納品状況について | ホーム | 3月21日は今は亡きランディ君の誕生日でした...>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad