抹茶シフォンはじめました
 「新商品?」ってよく聞かれるのですが、いえいえ、決して新商品じゃないんです。抹茶は色が飛びやすくて
焼きあがったときはきれいな緑色でも、ショーケースの照明の光や自然光であっというまに退色してしまいます。
別に傷んだわけでもないのになんだか怪しい色になってしまうので、あまり焼くことがないのが実情です。

 実店舗ではロールケーキを何種類か焼いていましたが抹茶はショーケースの中で堂々と見せてうることができなくて困りものでした。生地の配合が特に退色を促してしまうのか、本当にあっという間に茶色になってしまうのです。ですからアルミホイルで包んでショーケースに入れていたほどです。

 aikos-blog382assyuku.jpg

 実際の色はもっとずっと濃い緑なのですが、この画像はちょっと色が薄く映ってます。抹茶は手元にクロレラ入り抹茶があったのでとりあえずその抹茶で焼きました。緑は本当に色を保つのが難しくて、スコーンなどに入れてもやっぱり一日もたつと茶色っぽくなってしまいます。味が第一という考えのお客様は気にせずお買い上げくださるのですが、やっぱり茶色くなると見た感じが極端に悪くなってしまいます。もちろん、それはクロレラ配合でも
同じです。本当に色を保ちたければ銀紙(ブランデーケーキなんかを包んでいるシートがいいかもしれないですね)に包めばいいんでしょうけど、それじゃあ、商品自体がどんなものかわからなくなってしまう.....。自然由来のものはどうしても万能ではないです。

 ときにケーキ屋さんのロールケーキで緑色が全くそのままのものがあって驚きます。ショーケースのライトにずっと照らされているのになぜか退色しない...。ケーキ屋さんってあんまり原材料表示もしないから何を使っているのかわからないです。ケーキ屋さんの焼き菓子も原材料表示がほんといいかげんだったりして。(印刷されている
表示がみんな同じのところもありました。そんなことあり得ないのに)もしそれが自然由来のものなら何を使っているのか教えてもらいたいです。ずっと鮮やかな緑色の抹茶.....焼けたらいいなあ。
スポンサーサイト
【2011/09/06 16:33 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<グァムでの結婚式 | ホーム | 私のイチオシ!ラズベリーショートブレッドバー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad