キッチンエイドミキサーKSM6、ようやく戻ってきました
 いや~っ、長かった。突然動かなくなってすぐに正規代理店さんの修理をしてもらえる大阪に送ったのが6月1日あたり.....。途中で部品が足りないのでアメリカから船便で取り寄せると言われてから一ヶ月。合計一ヶ月半かかりようやく昨日代引きで送られてきました。7万近くの修理代がかかってしまいましたが、モーターやらなんやらの積みかえで結局中身は新品になったということです。キッチンエイドの6Lミキサーは日本国内では手に入らないので、まあ高いお金を出してそれをまた手にいれたようなものです。

 で、そのミキサーですが、音が軽いのなんのって。まさに新品モーターの音です。もう一台の壊れていないミキサーの音を聞くと「お前もやばいんじゃないの?」っていいたくなります。正規代理店のFMIの方は7万近い見積もりを送信してきて『修理なさいますか?それともこちらで処分しましょうか?』と聞いてきたのですが、この機種がもう手に入らないことを考えて修理をお願いしました。今こうやって手元にかえってきて、修理をしてよかったなと思います。ただ、もう一台もいずれ磨耗で壊れると思うので覚悟はしておかないと....と思います。

 6月はミキサー一台で仕事が全くはかどらなくて売り上げ激減。結果的に途中で我慢できなくなってケンミックスミキサーを一台購入しました。スプレンダーの経営はいまだに軌道にのらないのに、出費だけはいとも簡単にかさんでしまいます。一つ一つのお菓子は決して安くはないのですが、採算をとるのは本当に難しいです。

 ところで、秋田は一週間位前から30℃を超える日が続いていて焼き菓子販売は地獄となっています。もう笑うしかない状態.....。あまりにも売れなくて(苦笑)。しかも2日程前に保健所さんから「食中毒警報」が発令されたとFAXが送られてきました。気を引き締めていかないと本当に危険だと思います。


 スプレンダーではシフォンケーキの消費期限を短くするなどの対応をとっています。潟上市の「くらら」では
冷蔵ショーケースでの販売に切り替えたので消費期限3日ですが、地元大潟村の「産直センター潟の店」は常温での販売なので消費期限を2日にしました。つくった日は同じですが、消費期限が卸すお店によって違うのは
表示の間違いではなくて、この施設ならこれが限度だろうと考えての事です。

 スプレンダーの場合、シフォンケーキを前の日に焼いて、次の日の日付けで販売するということは絶対にしません。これはお客様を裏切るだけでなく、自分自身を破滅させる行為だからです。比較的涼しい季節でも作業の都合により前日に焼いたものは消費期限を一日減らすことにはなりますが、きちんとその旨を表示して販売してきました。無添加だからこそ、傷みやすいということです。今は廃棄も沢山出ますし、色々な面で厳しいですが、あとしばらくはこの短い消費期限で対応したいと思います。消費期限は賞味期限と違って、その期間の内に食べきることが前提となります。お客様のほうでも消費期限内に召し上がられることを守っていただきたいと思います。お客様の協力があってこそ、この加工が続けていけるのだと思います。ご協力をお願いします。

 

 
スポンサーサイト
【2011/07/14 22:36 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<首を寝違えて激痛に襲われている私 | ホーム | 万引きは犯罪です>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad