久々に焼いたよフランボワーズ(木いちご)シフォン
 シフォンケーキの販売自体、再開したのはつい最近のことですが、今日は久々に「フランボワーズシフォン」を焼きました。このフランボワーズシフォンはフランス産の冷凍フランボワーズ(英語ではラズベリーと言います)を砕いて混ぜ込んでいるのですが、いままで使っていたメーカーのフランボワーズの質が落ちてしまい、シフォンの仕上がりに影響が出るようになってしまいました。

 シフォンケーキに水分の出る果物を混ぜることは本当に難しいことだと思います。オーブンに入れて焼いている内に混ぜ込んだ果物から水分が出るとシフォンの泡が消えてしまい、その部分に穴があいてしまうからです。特にメレンゲの質が悪いとこの症状が顕著に出てしまいます。

 フランボワーズは私が一番好きなシフォンです。私は東京のシフォンケーキの有名店でこのフランボワーズシフォンのデコレーションしたものを食べてはじめて「シフォンってこんなに美味しいものだったんだ」と感じました。キメがとっても細かくてしっとり(水っぽいというのとは違います)ふわふわしていました。一口食べてすぐにこのシフォンのとりこになりました。

 先日再びこのお店のフランボワーズシフォンを食べました。やっぱりこのシフォンを焼いていきたいと思いました。色々と考えた末、コストは跳ね上がってしまいますが別のメーカーのフランス産フランボワーズに変えることにしました。今日、新しいメーカーさんがくれたサンプル
を使って焼いてみたのです。シフォンケーキの出来自体は別としてフランボワーズのドリップはごくわずかでカットした時の穴も殆どありませんでした。さすがにドリップの少なさに自信を持っているメーカーだけはあるなと思いました。

 フランボワーズシフォンは今日焼いた様な「実を砕いたもの」と「ピューレを混ぜ込んだもの」の2種類が有ります。私の母は「断然、実を砕いた方が好き」と言っています。所々に散らばったプチプチの果肉と甘酸っぱさが美味しいそうです。

 私も断然「実を砕いたもの」の方が好きです。
スポンサーサイト
【2007/04/04 20:36 】 | シフォンケーキ | コメント(0)
<<シフォンケーキのお試しセール大好評でした。 | ホーム | おからクッキーの反応>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad