紅玉を熱く語る(3)
 以前、『今度こういうお菓子を売りたい』って書いたきり、一度も姿を現さないお菓子を紹介します(笑)
 このお菓子のことを書いてからすぐに大潟村のTさんから「お店に出したら連絡を下さい」って
 電話番号のメモまで渡していただいたのに....本当にすみません。Tさんの事、忘れたわけではないんです。
 あれから何度も私と妹の間でTさんの件の話になっています。Tさん、この記事をみていらっしゃいますか?
 本当にごめんなさい。

 で、こりずに試作だけやっています。

 aikos-blog369assyuku.jpg

 形が悪いとか、ちゃんと膨らみ過ぎないようにはしっこを押さえろと!とか言わないでくださいね。
 私は別に形を良くつくろうなんてことはこれっぽっちも考えていないんです。
 むしろ、ぷう~っと膨らみたい形に膨らんだほうが可愛いと考えているんです。
 マフィンとか焼き菓子って、自由な形に焼きあがった方が見た目に味があるというか...手作り菓子の
 あったかさがあると思うんです。それが汚いとか見た目が悪いとか感じる方には私の作るお菓子は
 受け入れられないだろうと思います。

 aikos-blog370assyuku.jpg

 上の画像は『大潟ラズベリーのミルフィーユ』

 甘酸っぱいラズベリージャムが甘さを抑えた生クリームと合います。(勝手に私はそう思っています)

 aikos-blog371assyuku.jpg


 で、上の画像が『紅玉りんごのミルフィーユ』

 紅玉りんごのプレザーブをたっぷりいれてみました。
 甘酸っぱい紅玉りんごがこれまたいい感じ。

 家族で味見して「美味しいねェ~」と。
 
 これかなりいけると思うんですけど、生クリームなんて挟んだらいつまでパイがもつか分からないという
 欠点が。
 
 加工をはじめた頃に一時期潟の店で売ってたよな~。(自分でも記憶があいまい)
 それも冬をいいことに普通に売ってたような。

 これをお気に入りのお客様もいたんだよな~。
 
 大潟ラズベリーもかなり手元にあるし、なんとか売りたいな~。

 このごろスプレンダーの冷蔵ショーケース内がかなり寂しいので
 新たな商品を加えたいと考えているのです。

 また以前の様に計画倒れに終わらなければいいのだけれど......。
 
スポンサーサイト
【2010/11/09 11:51 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マイケルも19歳になりました | ホーム | 紅玉を熱く語る(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad