チョコチャンククッキーの事
 つい最近、『道の駅おおがた』で販売を再開したチョコレートチャンククッキーですが、先日お店の方が
『チョコチャンククッキーのことなんですけど~』と話しかけてきたのでクレームでもきたのかとドキリとしました。(なんとも小心者の私です)結局クレームではなくてお客さんが「アメリカで食べたクッキーと全く同じ味で感動した」と話していたということを教えてくれたのです。

 当方のチョコチャンククッキーはアメリカのレシピそのままに作っているのきっと満足していただけたのでしょう。材料も日本の企業のようにバターの代わりにマーガリンを使ったり、チュウイーな感じを出すために通常はつかわないような変わったものを混ぜたりすることは全くないのでアメリカのママの味そのままの美味しさを味わっていただけると思います。

 本当は度重なる原材料の値上げと消費税の外税から内税への変更を経て、利益をだすのは厳しい状況となって
います。「180円で儲けがないのか?」と思われるかも知れませんが、消費税やお店に支払う手数料○○%を引きますと本当に信じられないほど薄利なのです。理想を追求すればするだけ、手元に残るものは少ないのです。
だから「高い!!」と言われると本当に悲しくなります。

 スプレンダーにいらっしゃるお客様でお菓子作りをされる方は「このクッキーがどれだけ良い材料を使っているか分かりますよ~」っておっしゃって下さいます。ナッツやドライフルーツ、そしてクーベルチュールチョコレートがどれだけ高価がご存知だからです。成分表示をみて頂ければ、工場生産のクッキーのようにわけの分からない
油脂や添加物を使っていないと分かっていただけると思います。バターとマーガリンの違いだけでも本当に大きいのです。(マーガリンは発ガン性があると分かっているので使いたくないし、第一、コクがありません。そして
香りもバターには絶対にかないません)

 妥協すればある程度のところまで利益を回復させることは出来るかも知れません。
 でもそれではお客は離れてしまうと思います。
 このクッキーの価値を分かってくださる方は1時間、2時間かけても遠くから買いに来て下さいます。
 「スプレンダーさん、儲けちゃんととってる?」って心配してくださるお客様の為にも
 もうちょっと頑張りたいと思います。

 そして、遠く海外から秋田に来て頑張っている方たちの為にも。
(先日もALTの先生達が4~5人で来て下さいました)
 英語表示のプライスカードも準備しなきゃねと妹と話しています。

 あっ、明日もチョコチャンククッキーを焼かなければ....。今思い出しました。(汗)


 
 ここで突然連絡事項があります。

 先日お手紙を下さったKさん、お返事が遅れていてすみません。
 もうそろそろ返事を出します。(なかなか時間がとれなくて~)
 失礼をお許し下さい。
 そしてもうちょっとまっていてくださいね。

 
スポンサーサイト
【2010/10/12 20:17 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お土産のパイ、大変美味しかったです!! | ホーム | 臨時休業のお知らせ(予定)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad