三沢の航空ショーに行ってきました
 9/18の夜から9/19(日)の夜にかけて青森県の三沢基地まで航空ショーを見に出掛けていました。
 私が航空ショーを見に出掛けるのは今回が3度目です。
 過去2回とも天気が悪く、内1回は殆ど飛びませんでした。そして残りの一回は午後のブルーインパルスが
 飛んだくらいでした。

 今年は弟の車と私の車の2台で出掛けました。
 過去に出掛けた際は弟が運転してくれたのですが、私は2回とも物凄い乗り物酔いに陥り、十和田湖のちょっと手前の峠のところから意識を無くしてしまい、どういうルートを通って三沢までたどり着くのか全く分かりませんでした。今回、自分でハンドルを握り、ようやく全貌がつかめたという感じです。

 aikos-blog350assyuku.jpg

 正面ゲートを通って滑走路への長い道(2キロメートルあるらしいです)を歩いていると左手にこんな風に
戦闘機が飾ってあったりします。

 aikos-blog354assyuku.jpg

 aikos-blog355assyuku.jpg
 
 私は↑のF2が個人的に好きです。この機体の青は海に同化する様にペイントされているそうです(弟談)

 日本は島国だから、海にあわせてあるのかな?と素人考え。

 それから忘れちゃいけないのがブルーインパルス。

 aikos-blog364assyuku.jpg


 彼らの演技は本当にすばらしかった。
 丁度、ブルーインパルスの演技のときはバーガーキングあたりにいたので全ての演技を見ることはできませんでしたが、彼らの技の中には「キューピッド」というものがあり、大空に大きなハートを描き、それに矢を射るというものがあります。今年、これをやったのかは不明。天候がいまひとつだったから外している可能性あり。

 それから、彼らの演技の最後を締めくくるのが「コークスクリュー」という技。
 私のデジカメだとその凄さが全然伝わらないのですが.....。

 aikos-blog360assyuku.jpg

 一機がまっすぐ飛んで、もう一機がその機の周りをぐるぐるを回りながら飛んでいくという技です。
 これは見ていてとってもかっこいいです。画像はぐるぐるの終わりかけです。

 今年は出発する段階で雨が降っていたので弟からは「たぶん飛ばないよ」といわれていました。
 でもたとえ飛ばなくても基地内での買い物も結構楽しいので出掛けました。

 夜中に三沢についたのですが、朝までずっとシトシト雨が降っていました。
 朝になってもあいにくの天気だったのですが、戦闘機の飛ぶ音が聞こえてきて、弟が「今試しに飛んでるみたいだな、もしかしたらいけるかも」というのです。天気は悪いにしても雲が高い位置にあるので大丈夫なのではないかと弟。弟はセスナの様な飛行機を操縦するので気象条件についてもかなり詳しいのです。

 結局、弟の言う通り、殆どの起動展示が予定通り行われました。
 私もこんなにたくさんの起動展示を見たのは初めてでした。

 ただ、プログラム最後の方のF2の起動展示の頃にはさすがに雨が降り始めてしまい、ちょっと飛んだところで
さっさと格納庫に戻ってしまいました。

 弟は滑走路のずっと先にある格納庫(余りにも遠くでそんなに良く見えるものではないです)のF2のライトがついたことなどを目ざとく見つけ、「ほら、あそこから出てくるよ、ライトついたから」などと話していました。でもそれは一般の人は気づかないような事で、弟の視力の良さと観察力にただただ、こいつってただ者じゃないな....と恐ろしく感じました。

 私は戦闘機が通過した後のバリバリとした音が好きです。
 戦闘機自体は音もなくす~っと近づいてくるので、これが戦争時だったら気づくまもなく、やられている
 ことでしょう。平和のありがたさと感じずにはいられない航空祭でした。
スポンサーサイト
【2010/09/22 22:08 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<三沢基地でのお楽しみはコレ! | ホーム | ブラウニーの価格改定について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad