ピーちゃんの入院
 今日はピーちゃんの皮下補液に出かけました。本当は明日の予定だったのですが、台風の影響がでて、皮下補液につれていけなくなると困るので一日早く連れて行こうということになったのです。

 最初は妹と二人、待合室で順番を待っていたのですが、松葉杖をついた飼い主さんが入ってきたので私は車に戻ることにしました。私たちはどちらか一人が待っていればいいことだから.....。

 それからしばらくして妹が車までやってきました。てっきり診察が終わったものだと思ったのですが、先週行ったピーちゃんの血液検査の結果が悪かったらしく、2日おきにしばらく通院するか、一週間程度の入院か、どちらかを選ばないといけないといわれました。どれだけ改善されるかわかりませんが、一週間点滴を入れて肝臓の働きが回復するのを期待することにしました。

 ピーちゃんの見た目からして、いい状態だとは思いませんでしたが、まさか入院をすすめられるほど、肝臓の数値が悪くなっているとは思いもしませんでした。

 行きの車の中で、ピーちゃんはいつもの位置に寝そべっておとなしくしていました。とってもいい子にしていて、穏やかな通院風景だったので本当にショックでした。

 入院させる前に、点滴用の血管確保を行いました。点滴中につめで管を傷ませないように
すべてのつめをカットされました。

 ピーちゃんを遠くの病院に置いてくるのは後ろ髪をひかれるおもいでしたが、少しでも元気になって
またおうちに帰ってこれればいいな~と思いました。

 ところで、台風の影響ですが、心配していた程のことはなく、ほっとしました。
 ただ、これから吹き返しの風がふきそうなので、稲穂がダメージを食らわないようにと祈るおもいです。

 農業って自然相手なので大変です。
 食品加工とはまた違った苦労があります。
 
 とりあえず、今のところは大きな被害も出ていないということをご報告しておきます。
スポンサーサイト
【2009/10/08 21:16 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<休業のお知らせ | ホーム | 本場アメリカのブラウニー(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad