本場アメリカのブラウニー(2)
 ブラウニーにも色々な食感があって、私はくちゃっ、ねっちりとしたいわゆるchewyチュウイーなものが好きです。以前、日本のレシピをちょこっといじって焼いてみたら弟の反応がいまひとつだった。
「もっとねっちりしたやつがいい」と。


 それならやっぱり本場のレシピで焼くしかないと思いました。
 もちろん、本場のレシピでもピンキリ。
 これはと思うようなものを何度か焼いてみました。

 一つはねっちりとしたタイプだけれど、薄いブラウニー。

 aikos-blog314assyuku.jpg

 上の画像がそれです。
 チョコレートは使わずに、ココアとたっぷりの砂糖でねっちり感をだすタイプ。
 これがあなどることなかれ、とってもと~っても美味しいのです。

 aikos-blog313assyuku.jpg

 で、上の画像の左側のブラウニーがとにかくチョコをこれでもかと混ぜ込んだタイプ。ガトーショコラ
みたいなどっしりしたタイプ。濃厚だけど、ココアだけのねっちりブラウニーとはちょっと食感が違う。
食べ比べて貰えればその違いがわかっていただけると思う。

 どっしり濃厚タイプのブラウニーは厚みも重さもものすごい。こんな量、一人で食べられるか?っていう量でカットしてみる。ちまちまちっちゃいのは私には合わない。

 ちなみにこっちは1カット 250円

 薄くてねちっとしたタイプは1カット180円。

 私はどちらかというと「ねちっと」タイプが好きだ。
 弟が「これうまいよっ!!」と飛びついていた。

 これからすこしずつ販売していきたいと思うので見かけたらぜひ手にとってみてください。
 あと、原材料表示は使われている量の順で書いているのでその違いもぜひ比べてみてください。

 結構面白いですよ。

ちなみに今日は久しぶりに店舗を開けたのですが、ブラウニーが飛ぶように売れました。
 思ってもみなかった反応だったので本当にびっくりしました。

 スプレンダーにいらっしゃる方はアメリカっぽいお菓子に興味がある方ばかりなんですね。

 これから色々なタイプのブラウニーを作っていくつもりなので
 ちょくちょくお店をのぞきにきてください。

 よろしくおねがいします!
スポンサーサイト
【2009/10/03 18:33 】 | スプレンダー | コメント(4) | トラックバック(0)
<<ピーちゃんの入院 | ホーム | 本場アメリカのブラウニー>>
コメント
はじめまして。
ぶーにゃんさん、はじめまして。
アメリカのワシントン州に住んでいる、とろぽんと申します。
実は去年アメリカに住む事になる前から、
スプレンダーさんのブログを拝見しておりました。
”本格的だな。買ってみたいな。”と思いつつ、ネット販売を待っておりましたが、先に
こちらに来てしまいました・・・。
元神奈川県民なので、店舗までは遠かったのです・・・。

ぶーにゃんさんのアメリカンレシピのお菓子達、とってもおいしそうだし、こだわりをお持ちでかっこいいです!
特にクッキーはホント、アメリカンな感じが伝わってきます。
ピーカンナッツやバターは日本で仕入れると業者からでも高いですよね。
私も都内のパン屋、ケーキ屋で職人をしてたんですよ!
なので、ぶーにゃんさんのこだわりを残しつつ
値段も抑える・・・というご苦労が分かるのです。
今年、日本に里帰りの際はお菓子作りが趣味の友達にこっちで無塩バターを大量にお土産に買って行きました。

これから、もっと寒くなりますね。
健康第一でおいしいお菓子を作ってくださいね。
また遊びにきます。
【2009/10/04 13:57】| URL | とろぽん #34215RTs [ 編集 ]
とろぽんさん、はじめまして!
 とろぽんさん、コメントほんとに嬉しかったです。

 アメリカのワシントン州ですかぁ~っ、アメリカかぶれの私としてはほんとにヨダレものですっ。

 私ね、だいぶ前にシアトルに旅行したことがあるんです。それもドッグショー観戦が
目的だったというマニアックぶり。

 アメリカって使い捨て文化というのは良くないと思うんですが、お菓子やテイクアウトの
容器など、とってもおしゃれで色々そろってますよね。ああいうのをみるとやっぱり日本とは違うな~って思います。

 とろぽんさんは元神奈川県民だったんですね。でもどうしてそんなとろぽんさんが田舎の一加工所のスプレンダーをご存知だったんですか?道の駅でお菓子を手にとって頂いたのでしょうか?

 プロの方に興味をもっていただいて本当に光栄です。でももう、とろぽんさんは本場にいらっしゃるのですから、色んなものを
試し放題ですね。ほんとにうらやましいです。

 アメリカは色々な意味であこがれの国です。動物に寛大というか.....。5月に14年一緒だった愛犬を亡くし、2頭めがほしいと思っていますが、どこから迎えていいやら。アメリカは私の好きなアメリカ系ゴールデンの本場ですから、アメリカに住んでいたら、良いブリーダーがいるのにな~なんて考えてしまいます。

 とろぽんさん、またぜひ書き込みにきて下さいね。楽しみにしています。

 
【2009/10/04 21:06】| URL | ぶ~にゃん #- [ 編集 ]
こんにちは。
ぶ~にゃんさん、こんにちは。
早速にお返事ありがとうございます。

早速、質問に答えさせて頂きますが、私は残念ながらスプレンダーさんの店舗は行った事がないんです・・・。
アメリカに来る前からこちらのブログのファンでして・・・。
でも、郵送もして頂けるんですね!今度はいつ帰れるか分かりませんが、ぜひ食べてみたいです。ここ(アメリカ)で見るお菓子よりずっとおいしそうですよ!

シアトルにいらした事があるんですね。
そういえば、以前、ブログにそう書いていましたよね。
私の住んでいるのは、シアトルから車で40分くらいの静か~~な所なんです。
全然観光地でもなんでもない所でして・・・。
シアトルにドッグショーを見に来たんですね?
ホントにゴールデンがお好きなんですね。
優しくて賢い犬ですよね。
うちにはシェルターから引き取った雑種犬がいます。まったくもって賢くないんですが、可愛い家族なんですよ。

なんだか長くなってしまいそうなので、また書き込みさせて頂きます。
ピーちゃん、早くお家に帰ってこられますように・・・。

【2009/10/09 13:39】| URL | とろぽん #6Ovwo9bc [ 編集 ]
シアトル、ステキなところですよね!
 とろぽんさんへ

 ピーちゃんの事、心配してくださってどうも
有難うございます。
 
 5月に亡くなったランディも14歳と、ゴールデンにしては本当に長生きしてくれました。でも
最後は私の注意が足りなくて死なせてしまったようなもので、まだまだ長生きできただろうに....って本当に辛かったですね。

 そして、今度はピーちゃんの病気でしょう?
ランディに「そんなに早くピーちゃんを連れて行かないでよ」って言ってますよ。

 シアトルですが、年に一度、全米中の
ゴールデンが集まって「ナショナル(全米展)」っていうドッグショーがあるんです。ランディの
お母さん犬はアメリカからリースで日本に来ていた犬で、8~9歳くらいでアメリカに帰ったんですよ。で、母犬を見たことがなかったので、ブリーダーさんに手紙を書いたら写真を
数枚送ってくれて、それが縁でナショナルに
誘われたんですよ。その年のナショナルの開催地がシアトルのベルビューという所でした
。運悪く、ブリーダーさんは航空会社のストで
犬を運べなくなり、ショーエントリー自体を泣く泣くキャンセルしたのですが、私はブリーダーさんの友人のブリーダーさんたちと同じ
ホテルに滞在して毎日会場までブリーダーさんのレンタカーで出かけてました。

 アメリカはゴールデンファンの私にとっては
天国でした。日本とは犬質が全然ちがうし。

 シアトル観光ではフェリーに乗ったのですが、あまりに眠くて(時差ぼけで)出発したと思ったら目が覚めたときには観光が終わってました(笑)

 ベルビューでみた紫や青い空が本当にきれいでした。日本ではああいう色はないよね~って妹と今でもその話題になりますよ。

 あっ、私も長々とかいてしまいました。
 すみません、おしゃべりなもので。

 またぜひ遊びに来てくださいね。
【2009/10/10 16:15】| URL | ぶ~にゃん #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad