原材料表示について思うこと
 お菓子を売る際にお菓子の裏に貼ることになっている原材料表示ですが、お店にとっては本当にいいかげんなところが多いな~って思います。どの地区の保健所さんが担当しているかによっても違いがあって、こんな表示でよくやっていられるな~と驚くことがあります。

 つい最近、猫の通院の帰りにとあるケーキやさんに入りました。どんな焼き菓子を置いているか気になってのことです。包装資材なども参考にさせていただけるのではと楽しみにしてお店に入りました。
そのお店はとても小さいところでしたが、私が興味を持つような焼き菓子が何種類かありました。でも驚くことに、いつ作られていつまでもつのか、また、何が使われているのか、が何一つ表示されていないのです。生クリームを使ったケーキなどの生菓子は当日に食べるのが常識だからいいとしても、脱酸素剤さえいれていないのにいつまでもつのかさえ表示していない焼き菓子って一体......って本当に驚きました。保健所の抜き打ち検査とかされないんでしょうか?普通なら一発で注意されそうなことなのに。

 スプレンダーでは産直センター潟の店でも販売させてもらっているのですが、ここには漬物の表示、野菜の原産地表示などのチェックに抜き打ちでやってきます。あんまりうるさく言われるので漬物の販売をやめてしまったひともいると聞いたことがあります。スプレンダーでも過去に電話がかかってきて
「別に間違いではないんだけど、あなたのところの表示はパソコンで作っているみたいだからすぐに直せそうなので直しておいて」って言われたことがあります。すぐに直せそうだから細かく言われるのかと驚いたことがあります。

 私も他の加工品の表示に目をやることが有りますが、???って思うことが結構あります。これぜったい添加物入っているはずなのに省略してるわ~って。

 原材料表示はアレルギーを起こす人もいるっていうことで特に大切なはずです。もっときちんと対応してもらいたいな~と思いました。

 あと、あるお店では「秘伝のタレで煮込みました」っていう宣伝文句で商品を売っていて私も
その商品が大好きなのですが、本当は秘伝では済まされないんだよな~って思いました。調味料にだってアレルギーをおこしやすいものがあるんですから。

 なんだかまた愚痴っぽくなってしまいました。
 でも商品を買う際に裏もよく見てみてください。

 たとえば、バターだけで作られているものとマーガリンで作られているものでは安全性だって
全然違うんですよ。コストだってちがうし。作り手がどれだけこだわって作っているかを判断するには
裏面の表示とかをみてください。

 それから、消費期限と賞味期限の違いもちゃんと確認してください。
 とくに消費期限はきっちりまもってくださいね。
 

 
スポンサーサイト
【2009/09/02 18:15 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<犯人はたぶん...私だ | ホーム | ショップカードの紹介で~すっ!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad