工事中の店舗をご紹介します
aikos-blog263assyuku.jpg
 11月4日の午後にようやく保健所の方から設計にOKを貰いました。そして工事は翌日から数日遅れでスタートしました。


 aikos-blog265assyuku.jpg

  菓子製造室の真上は吹き抜けになっていてこの店舗の2階には24畳ほどの部屋があるのですが、そこは妹が使いたいということだったので
階段は自宅(店舗と自宅がくっついています)の方にあらたに作ることにして店舗からは上がっていけないように階段を壊しました。この階段の下が菓子製造室になります。手前の大きなスペースが製造室で奥の小さなスペースが菓子包装室です。

 上の画像だとまだ製造室から包装室への窓が出来ていないので分かりづらいと思います。これはだいぶ前の画像ですので今日現在、かなり工事は進んでいます。

 aikos-blog266assyuku.jpg

 上の画像に映っている自動ドアはとっても立派なのですが、菓子製造室を私が希望する大きさにするにはこの自動ドアのところまでスペースをとらないといけないので板で埋めることになりました。本当はこの自動ドアを1メートルちょっと先に広げたかったのですが、その費用が60~100万と言われてしまいました。今回は他にもお金が沢山かかるので本当に残念では有りますが、この自動ドアにはしばし眠りについて貰うことにしました。業者さんのお話ではこの位の自動ドアでも150万はするそうです。
さすがにとっぱらって捨てる勇気も有りません。「いつかお金がたまったらまたこの自動ドアを移設して
使おうね」と未練タラタラで板でふさぐことを決意しました。

 ちなみに入り口は自動ドアの斜め横についているショーウインドーのところにつけて貰うことにしました。入り口が正面ではなくなってしまいますが、色々考えた末、その場所にして貰うことにしました。

 最初の見積もりの時から予算オーバーしていた工事ですが、「やっぱりここはこうして貰いたい」と言い始めると止まらなくて自動ドアを板でふさいで入り口を別に作って貰うことで50万円のプラス、そして
三相(動力)の電気を引いて貰う工事等で60万近くプラス等々、今回もお金がどんどん飛んでいきます。母に「今現在~万だけど、大丈夫?」って言ったら「えっ?????」って反応で「だって足したら
~万になるでしょ?」って言い返して終いには言い争いに発展(苦笑)前回、自宅横に加工所を建てたときは自分たちが考えていた予算の2倍以上が飛んでいって最後の方は口数も少なくなり、ハ~っとため息ばかりついていましたが、今回も全く同じ状況になってしまいました。

 今回の移設はスプレンダーにとってかなりの負担です。「儲けてるんでしょ?」ってよく声を掛けられますが、加工はそんなに甘くは有りません。今の給料だって父の会社から出して貰っている形になっているので本当の意味の自立ではないのです。今回のこの店舗で軌道に乗れればいいのですが、反対に今まで築いてきたものを全て失ってしまう危険性もあるわけです。本当に有る意味賭けのようなものです。

 本当にこれで良かったんだろうか。母は楽天家なので良い方にとれるのですが、私はついついマイナス思考になってしまいます。どうなるか分からないけれど、工事だけは日一日と進んでいくのでした。
スポンサーサイト
【2008/11/18 00:24 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<アプリコットシフォン | ホーム | 紅玉りんごのコンポート(1センチ角バージョン)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad