ラムレーズン&くるみのシフォンも良い感じ
aikos-blog232assyuku.jpg

 なぜかラムレーズン&くるみシフォンも焼き縮みがなく良い感じです。
 この日の気温、湿度、気圧が良かったのかな?

 aikos-blog233assyuku.jpg

 3ホールずつ焼くのですが、ちょうど画像に撮った部分は具が少なかったです。見栄えがしない
 シフォンです(苦笑)

 

 6月は強気でどんどん焼いて納品した私ですが、7月に入ってから気温と湿度が上がり、傷みやすくなってきたのでシフォンの製造は控えめになってます。この日は4種類。

 ラムレーズン&くるみのシフォン
 ラムチョコレートシフォン
 オレンジシフォン
 クリームチーズシフォン

 道の駅おおがたは夜間、冷房を切るみたいで、ここに長く置くと傷みが出そうで心配です。
 シフォンは賞味期限4日だったものを7月から2日にしました。
 つい最近ここに手作りお菓子を納品するようになった方達が消費期限一日の商品を出して
 いたので「こういう商品は廃棄が問題なんだよな~」って関心を持って見ていました。
 やっぱり案の定、廃棄が何度か出たようでした。
 でも驚くことに、今度は消費期限が3日に延びて並ぶようになりました。
 廃棄はたしかに避けたいことだけれど、あの夜間の室温で3日はハイリスクだと思いました。
 母のつくるよもぎ大福も保健所の検査では生菌数が300以下/gと一番いい結果を頂いて
 いますが、そのよもぎ大福でさえ、私と母は恐くて3日なんて付けられません。
 脱酸素剤を使用するとか、保存料を添加するなら別ですが。
 売れない=消費期限を延ばすという考えは夏場は本当に危険だと思うのですが。
 「一日しかもたいないの?」っておっしゃるお客様がいらっしゃいますが、2日、3日と書いている
 商品が必ずしも専門の研究施設で分析されて安全が保証されたものではないんです。これは
 あくまでも売る側が自由につけているものなので。

 夏場は色んな事を考えているとお菓子を作られなくなります。
 母の作るおにぎりやおこわは年中、消費期限一日ですが、毎日一日勝負で作っている母は
 すごいな~と思います。いつもは「お菓子は廃棄がでないもんね」と大口をたたいている
 私ですが、消費期限2日になっただけでチラホラと出てしまう廃棄に口数が少なくなってしまいます。
 
 毎年この時期になるとグチっぽくなってしまうのですが、ホントに夏場はお菓子が売れません。
 (売れないと書くと「私のは一年中同じくらい売れる」と主張する方もいらっしゃるかも知れませんが、
 やっぱり気温が上がると売れる物、売れなくなるものが有ります。

 クッキーなんてその良い例です。やっぱり30度近くある時に食べたいものではないでしょう?
 早く秋になって焼き菓子をどんどん焼けるようになりたいです。
 焼きおきが出来るお菓子って私につかの間の休息を与えてくれる大切な存在なのです(笑)
 
 ああ、またさぼりぐせが出てきそうです。
 このさぼりぐせが売り上げを落とすんですよね。
 明日は振り替え休日です、お菓子の製造もがんばらないとね.....。
スポンサーサイト
【2008/07/20 22:30 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<暑い日が続くというのに焼き菓子焼いてます! | ホーム | 久々にやけた焼き縮みの少ないシフォン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad