チョコチャンククッキーの材料
aikos-blog3assyuku.jpg


 上の写真は「チョコレートチャンククッキー」の材料です。クルミはローストしてから使用しています。チョコレートとバンホーテンココアの量も半端じゃありません。このチョコレートの量でどれだけ濃厚な
クッキーかお分かりだと思います。計量は簡単なようでもクルミのロースト時間など入れるとやはり1時間以上かかります。手作りですので、生地の計量も一つ一つ丁寧に行っています。とても手間のかかるクッキーですが、このクッキーを買いに遠くからきて下さるお客様がいるので手を抜けません。
スポンサーサイト
【2007/02/22 00:07 】 | スプレンダー | コメント(2)
<<おからパウダーのサンプル届く | ホーム | Reese's(リーシーズ)のピーナッツバターカップ>>
コメント
神奈川県に住んでいます。先日、義母がこのクッキーを送ってくれました。とーってもおいしかったです♪帰省の際に購入したいと思いますが、夏にはもう売ってないのかな~
【2007/03/21 17:50】| URL | #- [ 編集 ]
クッキー、気に入って頂けて本当に嬉しいです。今、私が頻繁に焼いているのはチョコチャンククッキーなのですが、このクッキーの事でしょうか?残念ながらこのクッキー、油脂が多い配合の上にとっても溶けやすいクーベルチュールチョコレートを使っているので温度変化にとても弱いのです。

 一般に売られているチョコチャンククッキーやチョコチップクッキーは溶けにくいタイプの加工用チョコレートを使って作られています。溶けにくい事は良いことなのかも知れませんが、純粋なチョコレートとは違いますよね。中にはお口の中でも中々溶けない(溶けてくれない)ツワモノも有りますね。

 ソフトタイプのクッキーは昨年の経験から5月上旬までが限界だと思います。この時期まででしたら当方から発送(ヤマト運輸利用)する事も出来ますよ。
【2007/03/22 01:09】| URL | あいこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad