スコーンづくり
 今日は以前アルバイトにきてくれた子から教えて貰ったレシピでスコーン作りに挑戦しました。このレシピ、仙台にある有名な喫茶店のものなのです。なんでも、アルバイトにきてくれた子はそこでバイトをしていてスコーン作りを任されていたとか。

 上記のアルバイトにきてくれていた子はもう秋田にはいませんが、とってもお菓子作りが上手な子で特にその子が作るスコーンはスタバのスコーンよりずっとおいしかったです。お店でもクイジナートを使って作っていたそうで、スプレンダーの加工所にきた時、「これ使っていいですか?」って感じでちょちょいのちょいであっという間に絶妙な加減のスコーンを焼いてくれたのです。ちょうど、その時、生クリームがたくさんあったので、「生クリームで作ったらもっと美味しいんじゃない?」って言ったら生クリーム使用のものも作ってくれました。ついでに冷凍ラズベリーも砕いてまぜたりして。これがもう濃厚で美味しいのなんのって。生クリームって甘いんですよね。牛乳のものとはコクが別ものです。

 私はギシギシ固いスコーンは苦手で、コストコで売っている様な菓子パンタイプのソフトなスコーンが好きです。今回のこのスコーンは色が白くてしっとりやわらか、まさに菓子パンタイプの軽いスコーンです。

 でも私ってこのスコーンを彼女のように上手にやけた事がないんです。クイジナートを使って混ぜて、その後のばして型抜きするだけなのに、人によってまったく違うスコーンがやけるんですよ。私もいつかオーブンの中でモコモコ、ばりっと口を開けたスコーンを焼きたいな~って思っていました。ずっとずっとスコーンの様な粉物を販売したいとも思っていました。

 で、結果ですが、見てやってください!

 aikos-blog166assyuku.jpg

 

 ↑
これ、実は2回目に焼いたものなんです。私的には大成功。バリバリっとやけてちょっと崩れたようなものもあって。スコーンはちょっと膨らみ過ぎてずり落ちちゃった様なものが出るくらいが丁度いいと思っているんです。

 ついでに最初に焼いた今いちの出来のスコーンも見てください。↓
 (味は美味しかったです)

 aikos-blog167assyuku.jpg


 一回目(今いちの出来)と2回目(成功)の違いですが、まず粉を変えました。2回目に焼いた方の粉は1回目よりグルテンの多いものです。
そして2回目の生地は1回目のものよりかなり生地を厚くして型どりしました。当然、出来上がる商品数は激減しましたが、ボリューム感が出ました。クイジナートで生地を作るときに入れるバターのかたさも一回目は余りにもかたくてなかなか粉と混ざらなかったので、2回目は少しやわらかいものをカットしてクイジナートに入れました。当然、早い段階で粉と混ざり合いました。

まだまだアルバイトできた子のようには作れませんが、これからちょっとずつ作り続けてコツをつかんでいきたいな~って思ってます。

 慣れてきたらチョコチャンク(チョコの固まり)を混ぜ込んだものと
抹茶生地にホワイトチョコチャンクを混ぜ込んだものとか作りたいです。

 あっ、ちなみにうちの弟は成功品を食べて気に入ったのかその後、
今いち品を手にとっていました。(それって気に入って貰えたってことだよね?)で、私はすかさず「味違う?」って聞いたのです。すると弟は「(今いち品を食べながら)こっちはちょっと粉っぽい」と。

 たぶん、生地の厚さが違ったので水分量にも差が出たのでしょう。
 次からは成功品を作った時のやり方を思い出して作ってみようと思います。

 真っ白でふわっ、しっとりのスコーン。ちょっと極めたい気分です。
スポンサーサイト
【2007/11/29 17:25 】 | 未分類 | コメント(0)
<<この失敗の原因、どう思います? | ホーム | 野菜のシフォン8ホール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad