スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
いわき食堂の美味しいラーメン
 10/29は朝3時頃に起きて注文菓子の製造を行いました。
 そして朝10時頃にりんごの買い付けの為に弘前に向けて大潟村を出発しました。
 
 本当は帰りの運転を一部代わってくれる妹の為に晴天の日を選びたかったのですが、そうそう悠長なことも言っていられなく
なってしまいました。10月も終わりになると路面の凍結も心配になってくるからです。

 青森県と秋田県の県境の矢立峠は峠という名の通り、高いところを走って行かなければいけません。かなりの傾斜のきつい
ところもありますので凍結するとFFの私の車ではきっと走れなくなってしまうと思います。まあ、その前にそんな危険なところには
近づけなくなってしまいます。

 ちょっと前の話になりますが、朝、私がおにぎりの製造をしていて手が離せなくて近くの農協に出しているお菓子の期限切れを
見てきて欲しいと妹に頼みました。妹の車が車庫の奥にしまわれていてその後ろには弟のダンプがあるので車の出し入れができない状態でした。そこで妹に「(私の車)アベンシスに乗っていっていいよ」と鍵を渡しました。それからちょっとして駐車場をみても
アベンシスがそのままなので???と疑問に思いました。で、あとで「あれ?見に行ってくれた?アベンシスはそのままだけど」と
妹に聞くと「歩いていってきた」と一言。「えっ?車使っていいっていったじゃん」というと「人の車は運転したくない」と妹。まあ、プレッシャーを感じるのは分からないでもないけど、わざわざあの距離を歩いていったのかと思うとびっくりしてしまいました。で、その時に今年の買い付けの時ははたして運転して貰えるだろうかと不安になりました。

 結果的にちゃんと代わってくれました。いつもの様に帰り道、青森県の碇ヶ関(いかりがせき)というところの道の駅の駐車場で
運転をバトンタッチ。ヘッドライトの上向き、下向きの切り替えとワイパーの切り替え等は慣れない人にはキツイので下向きのまま
走ってもらいました。アベンシスのオートワイパーって雨量の割にスピードが速くてはずかしいくらいなのですが、手動でやるのも
慣れないだろうから恥ずかしいけれどそのままにしておきました。(撥水コートさえしっかりしていればワイパー必要ないんですが、
そろそろ再施工の時期にさしかかっています)

 今回は帰り道でいつもの道が封鎖されていて新しい道に誘導されたのですが、暗くて雨も降っていたので何がなにやら
土地勘もないので自分たちが一体どこを走っているのか分かりませんでした。ただでさえ慣れない妹には苦だっただろうと
思います。でも運転自体は安定していてお蔭で助かりました。

 話は変わって、弘前に行った時の楽しみが「いわき食堂」のラーメンです。
 青森はにぼしラーメンが有名らしい。
 私は魚介系は苦手なのですが、ここのラーメンは煮干しの香りがぷーんとするけれど決して臭くない。そしてスープを
一口飲んでその美味しさに感動。臭みのない澄んだスープ。チャーシューは私の好きな脂身のないタイプ。いつもはスープは
あんまり飲まないのですが、ここのは美味しくて結構な量を飲みました。

 aikos-V-assyuku-84peg.jpg

 この日のお昼は妹が最初から「いわき食堂」と決めていました。
(そこに私の意見は求められていませんでした.....) まあ、いわき食堂なら異論は唱えませんでしたけど。秋田にもこんなラーメン屋さんがあればいいのに。魚介系と知らなくて出かけて「くっ、臭い、生臭い」と内心うなりながら食べた事数知れず。
ほんとにいわき食堂のチャーシューラーメンは美味しい。 ここでチャーシューラーメンとオールフリー(ノンアルコールビール)でちょうど1000円。妹からは「前にもオールフリー飲んでなかったっけ?」と言わてしまった。
たぶんそれは「カッパ寿司」の間違い。それに銘柄もちょっと違う(アサヒドライゼロだったはず)ちなみに私はアルコールは一切飲みません。→体質的にアルコールを分解する力が足りないみたいです。

 今年もりんご農家さんから私が大好きな品種「おいらせ」と黄色いりんご「群馬名月」を沢山お土産に頂きました。
「おいらせ」は蜜が沢山はいっていてパイナップルの様な香りと味の不思議なりんご。パイナップルの様に輪切りにして美味しく頂いています。群馬名月は独特の芳香があってこれまた美味しい。りんご=同じ味ではないところが凄い。

 この日、りんご農家さんへのお土産に母が折ったパイ生地にりんご農家さんの紅玉で作ったコンポートを挟んでアップルパイを
作りました。(冷凍しているので紅玉が切れることはありません)母が弟に「弘前にりんごを買いに行ってくる」とメールを送ると
弟が「サンフェスタ石川でアップルパイを買ってきて」と返事をよこしたらしい。

 んんん???何かおかしくないか?

 

 サンフェスタ石川のアップルパイも美味しいけどスプレンダーのアップルパイも負けずに美味しいと思う。

 妹が「〇〇さんちのりんごで作ったスプレンダーのパイの方が美味しいよ」と。

 味の違いのわかる妹がいて良かった。

 弘前にはまた近いうちに紅玉を取りに伺います。

 矢立峠、まだ凍結しないで!!と切に願う私でした。

 aikos-V-assyuku-85peg.jpg

 ↑
 最後におまけの画像。
 つい先日御所野のイオンの「おひつごはん四六時中」で食べたごはん。
 唐揚げがカリカリで美味しかった。
 海鮮丼の鮮度もめちゃくちゃ良かったです。

 
スポンサーサイト
【2017/10/30 19:57 】 | 未分類 | コメント(10) | トラックバック(0)
10/28、産直センター潟の店(道の駅おおがた)の納品について
おはようございます。

本日一回目の納品をまもなく行います。
納品内容は以下の通りです。

生クリームスコーン ¥210
クッキー&クリームスコーン ¥330
ピーカンスコーン ¥330
ランピーバンピースコーン ¥330
チョコチャンクスコーン ¥300
2種のベリーのスコーン ¥330

上記の他に店頭在庫としてチョコチャンククッキー、 ペカンサンディ、ブロンディ、オートミールクッキーが
ございます。

本日、新顔のスコーンとして「2種のベリーのスコーン」を出します。
このスコーンはクッキー&クリームスコーンやチョコチャンクスコーンと同じような生地で作っています。
冷凍ラズベリーをミキサーで砕き裏ごしし、生クリームや卵液などの液体と一緒にして生地に混ぜ込みました。
水分量のバランスがうまくいきましたので外側がサクサクで中はちょっとしっとり、ほろっとしたスコーンになりました。

久しぶりに定番に加えても良いかなという出来のスコーンが出来ました。
甘酸っぱいラズベリー風味の生地の中にドライクランベリーを混ぜ込みました。
ドライクランベリーの色が今一つなのはご愛敬。
このスコーンは表面にホワイトチョコを掛けて固めました。そしてフリーズドライラズベリーをちょっとだけあしらいました。
甘酸っぱさとホワイトチョコの甘さがベストマッチのスコーンです。

価格は330円。

いつもの様に決してお求めやすい価格では有りませんが、良い材料を使ってすべて手作りしました。

ぜひお手に取って頂ければ幸いです。

※納品は11時20分ころまでには完了したいと思います。
【2017/10/28 11:09 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
10/22、産直センター潟の店への2回目の納品について
すでに午後の2時をまわってしまいましたが、スコーン4種が焼きあがりましたのでお知らせいたします。

生クリームスコーン 68個
クッキー&クリームスコーン 13個
抹茶ホワイトチョコチャンクスコーン 13個
チョコレートチャンクスコーン 13個

ただ今、包装をしておりますが、包装を終えて潟の店へ納品となると3時頃になりそうです。

どうぞ宜しくお願い致します。
【2017/10/22 14:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
10/22 産直センター潟の店(道の駅おおがた)の納品と在庫状況について
おはようございます。
日曜日だというのに朝寝坊してしまいました。
朝暗いとどうしてもダメです。
今日は最初に「焼きおにぎり」と「のりおにぎり」の製造をしていました。
11時ちょっと過ぎに「のりおにぎり」の納品を完了しました。

店頭在庫についてお知らせします。

生クリームスコーン 残り僅か お昼頃に売り切れてしまうと思います。
オートミールクッキー
チョコチャンククッキー 充分な量があります。
ペカンサンディ 充分な量があります。
クッキー&クリームスコーン 残り僅か
チョコチャンクスコーン 残り僅か
ブロンディ 充分な量があります。
焼きおにぎり (具は紅サケです)
のりおにぎり (具は紅サケです)

今から生クリームスコーンを焼きます。
その後にその他の種類のスコーンを焼く予定です。

今日は納品する人用の駐車場が激混みでした。
いつもはお昼近くになると減るんですが......。
年配の方が多いせいか車はいろんなところをぶつけたり、すったりした車ばかりで、車を大切にしている私には
そういう車ばかりの駐車場は怖くてしかたないです。
仕方なく激混みの駐車場にとめて納品し、戻ってくると隣りの車がやけにうちの車寄りにとめていてドキドキでした。
過去にドアパンチされたことがあるのでドアを確認してしまいました。
そこいらの恐怖映画をみるより心臓に悪かったです。

せめてもうちょっと駐車場のサイズを大きくしてくれたら良かったんですが.....。
ここの駐車場、後ろにフェンスがはってあるんですが、ボコボコなんです。その箇所がどんどん増えていっているし.....。
空からみるとフェンスがジグザグになってるはずです。

昔、納品の際に実家のアルファードを借りていって、潟の店に置き、10分の間に当て逃げをされ、10万の修理費が
かかりました。(次の年の保険料が上がるので保険は使いませんでした)

人様の車を傷つけるのだけはやめて下さいね.....。
運転が下手な人は人の車に近づかないで!!と心底思った私でした。

さあ、それでは製造にかかります。
また焼き終わったらお知らせします。
【2017/10/22 11:49 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
10/21、本日2回目の納品について
こんにちは。
一時をまわりましたがスコーン3種が焼きあがりましたのでお知らせ致します。

生クリームスコーン ¥210 (51個)
クッキー&クリームスコーン ¥330 (13個)
チョコチャンクスコーン ¥300 (13個)

ただ今、包装作業をしております。
産直センター潟の店(道の駅おおがた)には1時45分頃には納品できるかと思います。

焼きたてのスコーンは一味ちがいます。
周りがサクッとして中がふんわりという最高の状態はそんなに長い間は保てません。
特に生クリームスコーンはもともと水分の多いタイプのスコーンなので中心部の水分が全体に回ってしまい
しっとり柔らかいスコーンになってしまいます。

まわりがサクッとした最高の状態を味わいたいお客様はぜひ焼きたてをお買い求め下さい。
スコーンってこんなに美味しいものだったの?と感動して頂けると思います。

今日のスコーンは上記の3種になりそうです。

また明日、他の種類を焼きたいと思います。

宜しくお願い致します。
【2017/10/21 13:28 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
10/21産直センター潟の店(道の駅おおがた)への納品について
おはようございます。

本日一回目の納品は以下の通りです。

チョコレートチャンククッキー 250円 (67枚)
ペカンサンディ 290円 (52袋)

上記のお菓子を納品した後にスコーン類を焼く予定です。スコーンは午後の納品になってしまうと思います。
また種類が確定した時点でブログにてお知らせさせて頂きます。

宜しくお願い致します。


※ 店頭在庫としてオートミールクッキー 230円とブロンディ 360円がございます。

【2017/10/21 10:19 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
10/14の産直センター潟の店(道の駅おおがた)の納品内容について
おはようございます。

たった今、4つの商品の包装が完了しました。
これから20分以内には潟の店に納品を行います。

本日納品予定の商品は下記の通りです。

アップルシナモンスクエアケーキ ¥400
オートミールクッキー ¥230
バナナウォルナッツマフィン ¥190
ブロンディ ¥360

アップルシナモンスクエアケーキは久々の登場です。
このお菓子はバターたっぷり、とにかくバターの香りが素晴らしいの一言です。
一番上にオートミールを混ぜ込んだクランブル(そぼろ)生地、そしてその下に弘前産紅玉りんご、そしてその下に
シナモン風味のケーキ生地、そして一番下にショートブレッド生地を敷いて焼き上げました。

面倒くさがりの私ゆえにたまにしかお目見えしないこの焼き菓子。
とても製造工程が多いお菓子です。

たまにしか出さないけれど熱狂的なファンがいるんです。ありがたいことです。

今日は特にサクサクに仕上がったと思います。
バターたっぷり、こんなにバターがかおるお菓子ってそうそうお目にかかれません。
ぜひバターの香りが飛ばぬうちに焼きたてを召しあがって頂きたいと思います。

ぜひ一度ご賞味下さい。

また今日は急きょ、バナナウォルナッツマフィンも焼きました。
こちらも久しぶりの登場です。
マフィン好きの方はぜひどうぞ。

大潟村の産直センター潟の店(道の駅おおがた)で皆様のお越しをお待ちしております。

【2017/10/14 11:23 】 | スプレンダー | コメント(2) | トラックバック(0)
先日焼いたマフィンの画像です
たまにはマフィンでも焼こうかと思い立ち焼いたマフィンです。
一枚目の画像はラックで冷やしているマフィンです。
※下段のマフィンは砂糖掛けをした後のものです。

黒いものが「チョコレートマフィン」
茶色いのが「モカチョコチップマフィン」
モカというのはチョコ風味とかチョコが混ぜられたコーヒーに使われる言葉なのでモカチョコチップは正しい名称じゃないかも。
間違っていたらすみません。

aikos-V-assyuku-83peg.jpg

順序が逆になってしまいましたが、これが焼く前の生地。
モカチョコチップマフィンの生地です。
真ん中にペカンナッツを置いたのですが、焼いているうちにサイドに流れてしまうので改良が必要のようです。

aikos-V-assyuku-81peg.jpg

で、ちょっと中途半端な大きさのマフィンを試しにカットしてみました。
焼きたてはしっとりフワフワでした。

aikos-V-assyuku-82peg.jpg

チョコレートマフィンはもうちょっとしっとり感が欲しかった。
モカチョコチップマフィンはしっとりふわふわでしたが、消費期限4日のうち、3日あたりでぽろぽろして.........。
食べ物全般に言えることですが、出来立ての味は出来立ての時にしか味わえないということです。
工場製品の様にいつまでたってもしっとりとか、ふんわりとか、そういうものは手作りのお菓子には当てはまらないような。

クッキーも時間がたてば乾燥するし、風味は飛ぶし.....。内心「早く売れてくれ~」って思いながら商品を見ています。

なんとか一日で売り切れてしまうような商品の完成度と知名度があれば良いのですが。

手作りの無添加お菓子って難しいなぁと思いました。

あっ、出来立ては美味しいですよ。
また出したいと思いますので見かけたらぜひお手に取っていただければと思います。

【2017/10/13 11:46 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
こういうミスってなかなか減りません
aikos-V-assyuku-80peg.jpg

加工をやっていると慣れから生じるミスって結構あります。
上の画像は先日販売した生クリームスコーン3個入り210円のものです。

えっ???っと思われた方はいつもスプレンダーの商品をお買い上げ下さっている方だと思います。

というのもスプレンダーの生クリームスコーンは一個210円だからです。
決して3個210円で販売していませんし、それでは採算が全くあいません。
ではどうして3個入り210円で販売したのかと申しますと.......焼成温度を誤ってしまい底の部分を焦がしてしまいました。
でもそれ以外は全く問題がなく、バリっと膨らみ(オオカミの口がしっかりと出来た)出来の良いスコーンでした。
「焼成温度を間違えた」という言葉は本来正しくないのかも知れません。
いつも焼いているものだし、そのスコーンが何度で何分焼くものかは分かり切っています。
ではなぜそんなミスを....と思われるでしょう。
妹なら「またやったのね」と鼻で笑うようなことです。

うちのオーブンは上火〇〇〇度 下火○○○度で設定をするのですが、途中で焼成温度を変えるお菓子があります。
本来なら設定機能を使えばよいのですが私は超が付くくらい面倒くさがりの人間です。いつも一回目のタイマーが鳴ったら
自分で手打ちで温度を下げます。その時、押し間違えてしまうのです。
最低限、設定が何度に変更されたか目視で確認すればよいのですが、余りにもそれが当たり前になってしまうと
物凄いスピードでピピっと押して他の作業にうつってしまうのでたまに押し間違えてしまっても気づかなかったりします。
あと、スタートボタンを押したつもりが高速で連打してしまったがためにまたストップしたのと同じ状態になり、
いつまでもタイマーがスタートしない状態で焼成だけがされることになります。
で、途中であれっ?もう焼きあがってもいいはずなのにおかしいなぁ~と思ってオーブンをみるとタイマーがスタートして
いないことに気づきます。何分焼いたかわからないぐらいなら焼き色をみて検討をつけることはできますが、
すでに焼き過ぎてしまっているという事が多々あります。

余りにも慣れ過ぎてしまったがためにチェックがおろそかになり、ベーキングパウダーを入れ忘れたり......そんなことしょっちゅうです。原材料の数が少ないものほど、一つでも忘れるともうごみ箱行きです。
塩を数つまみ入れ忘れただけでも売り物になりません。
同時にいくつかの作業をしていたりするとミスがおこりやすくなります。
あと、途中で電話がなったりすると「ベーキングパウダーいれたっけ?」「塩入れたっけ?」となります。
ボウルの中でまだ混ぜる前なら色や固形物で分かりやすいのですが、ちょっとホイッパーで混ぜたりするともう
何が何やら分からなくなります。
塩などは粉を一つまみとってなめればなんとなく分かりそうですが、ベーキングパウダーに入っている膨らませる成分の中には
塩味に似た成分があるのでそれが塩なのか、膨張剤なのか分からなくなります。

この時のスコーンは底の部分を包丁でカットして3個入りで210円で販売することにしました。

見た目にこだわらないお客様にはお得な商品ですとメモを貼らせて頂きました。

この商品は5袋ございましたがすぐに売れてしまいました。

いまだに採算ラインにも上げきれない弱小加工所ですので材料費だけでも回収させて頂き助かりました。
お買い上げ下さったお客様、本当に有難うございました。

【2017/10/13 11:23 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
10/9産直センター潟の店の納品について
こんにちは。

お昼も過ぎてしまいましたが、本日の納品状況についてお知らせします。

本日は焼きおにぎり、海苔おにぎり(両方とも具は紅サケです)納品済みです。
午後1時ちょっと過ぎに生クリームスコーンを納品済みです。

店頭在庫はチョコチップクッキー250円
チョコチャンククッキー250円

これからの予定ですが、本日午後2時15分頃に下記のスコーンを納品予定です。

ピーカンスコーン 330円
ランピーバンピースコーン 330円
チョコチャンクスコーン 300円
クッキー&クリームスコーン 330円

宜しくお願い致します。
【2017/10/09 13:28 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
10/6の産直センター潟の店の納品について
こんにちは。

もう午後も2時を過ぎてしまいましたが、これから産直センター潟の店(道の駅おおがた)に納品予定の
商品をお知らせ致します。

チョコチャンクスコーン ¥300
ランピーバンピースコーン¥330
ピーカンスコーン ¥330
抹茶ホワイトチョコチャンクスコーン ¥320
クッキー&クリームスコーン ¥330

今日はスコーンばかり焼いてしまいました。
この頃はなぜか「クッキー&クリームスコーン」が一番先に売れてしまいます。
正直に申しますと作っている本人からすると今一つ特徴のないスコーンという感じでどうしてこのスコーンが一番最初に
売れてしまうのか不思議です。

妹はこの「クッキー&クリームスコーン」が結構好きらしく「別に不思議じゃないじゃんっ。私は好きだな」と言ってくれます。

どんな理由にせよ、売れてくれてくれるのはこの商品を好きだと思ってリピート買いして下さるお客様がいるからだと思います。

本当に有難うございます。


今日はピーカンスコーンのホワイトチョコもカチッとものの数分で固まりました。
フレーク法のテンパリングがバッチリ決まったということです。
テンパリングなんて素人なので成功しただけでちょっと嬉しいです。
こんなことで喜んでいるとプロの方にお叱りをうけそうですが....。

久しぶりに5種類のスコーンがそろいました。
スコーン好きの方はぜひ道の駅おおがたにお立ちよりください。

※肝心の生クリームスコーンは焼いていないのですが.....すみませんっ。

どうぞ宜しくお願いします。

【2017/10/06 14:42 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お客様に助けて頂いた「新米まつり2017」でした
 去る10/1、大潟村の道の駅おおがた(産直センター潟の店)と干拓博物館前のスペースで2017年大潟村「新米祭り」が
行われました。

 スプレンダーは9時オープンのイベントのところ、弟夫婦が8時45~50分ころ会場入りしたようでした。私はおそらくあと1~2
分で9時というころに会場入り。前の日から一睡もせずに商品づくりをしていましたが、やっぱりすべてがギリギリ。頑張っている
つもりですが、本当に情けない状態でした。

 出展者は事前に大潟村役場に手続きをしていて出店許可証と出店場所(あなたのテントはここですよということ)の
通知がありました。スプレンダーはある団体の隣と分かっていたので探したのですが、どうもはっきりしない。少し前についていた
弟夫婦が「お願いしていたテーブルがないんです。他の人に使われちゃったみたいで」と私を見るなり一言。

 「だって、テーブル4つ、確かに申請だしてたよね?」と私。
 「はい、でも他の方にとられちゃいました」
 「えっ?........」。
 目の前の事が理解できない私。
 「来るのがちょっと遅かったから使われちゃったみたいです」と弟のお嫁さん。
 で、なんとかスプレンダーの分を返して欲しいとお願いしたらテーブル1個だけ返してくれたそうなんですが、とてもじゃなけれど
 もってきた番重(商品を入れておくいれもの)が置ききれない。
 「無理だよ、これだけ持ってきているのに一個なんて」と私。
 でもスプレンダーのテントのスペースには別のグループさんの商品が並べられていて......。
 普通は本部(イベント実行委員会)の人間がきちんとやってくれるはずなのに一体どうなってるんだ?と言葉を失ってしまいました。

 田沢湖クラフトとか角館の秋彩こみちとかイベントは出たことはあるけれど、実行委員会の人はそれはもうきちっと指示を
だしてくれていました。だから今回の事は想定外のハプニングでした。

 結果的に場所は取り戻すことができました。
 その時、スプレンダーの売り場に来ていたお客様が「スプレンダーさんの商品はこれだけのスペースじゃ置ききれないでしょ、
ちゃんと決められた通りにしないと」とスプレンダーのテーブルを使っていた人たちにビシッと注意してくれたそうです。
(弟のお嫁さんが教えてくれました)私は最後の方だけ......お客様が「私はスプレンダーのお菓子を買いにきたんですっ!!」って
おっしゃって下さったところを聞きました。その言葉の前にお客様が周りのゴタゴタをおさめるように注意して下さったとは
知りもしませんでした。今朝、みんなが揃っている時にその時のお客様のお蔭でスプレンダーとこだわり農場がスペースを取り戻せたという話になりました。そのお客様はちょっと急いでいる感じで商品をお買い上げになられると直ぐにお帰りになりました。
ただ、その帰り際に「さとうです」って一言。いつもこのブログにコメントを下さっている「さとうさん」でした。
本当は色々と話したかったのですが、オープニングイベントの太鼓の演奏の音がすごくて,なにもききとれない状態。

 ただ、今朝、弟夫婦からその時の「さとうさん」がどんなにかっこよかったかという話になり......事の一部始終を知った私は
「さとうさん」に感謝の気持ちで一杯です。

 さとうさん、スプレンダーが売場スペース(テーブルとかも含めて)を取り戻せたのは「さとうさん」が周りの人に厳しい注意を
して下さったからです。弟のお嫁さんが「私たちのいう事は全然きいてもらえなくて.....でもお客さんの一人がビシッと言って下さった
お蔭で返してもらえました」と言ってました。

 本当に本当に有難うございます。
 今回のイベントでは時間的に余裕がなく、もたもたして会場入りしてしまった私にも責任があります。
 これからはもうすこし余裕をもって行動して周りの出展者にスペースを横取りされることがないように気をつけたいと思います。

 今回、スプレンダーが無事イベントを終えられたのは「さとうさん」のお蔭です。
 スプレンダーも弟夫婦の「こだわり農場」も本当に感謝しています。

 「スプレンダーのお菓子なら手売りできる」とあるときおっしゃってくれた「さとうさん」。
 さとうさんなら、間違いなく手売りで完売させてくれるに違いないと心からそう思いました。

 
【2017/10/03 11:07 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。