もうすぐ8月.....さすがにやばいです
 何がやばいって?通販サイトですよ、もちろん。毎月の管理料は昨年の9月位から発生しているので、放置しているだけでもお金がかかっていくという事です。でもちょっとなおして頂いても、次から次と「ここもやばいなぁ」という箇所が出てきて..,..。
一つの事をやるともう一つの事まで手がまわらない私のことですから、ちょっと働くとつかれてバタンっということになってしまいます。サイトは制作段階から公開の状態になっているので会員登録をしてくださった方もいるようです。この方たちにはサイトがスタートできた段階でご連絡を差し上げる予定です。もう少しお待ちください。そして半年以上ダラダラと放置(一応、少しは改善されてきているのですが)している失礼をお許し下さい。

 制作会社の人がだいぶ前に最初の勢いを失った人はどこまでも落ちていく....みたいなことを言ってましたが、それは
スプレンダーの事かも知れません。たいした売り上げを上げられているわけでもないのに疲れてバタンQ状態で.....。
土日ともなると朝2時半とか3時から製造をスタートするものの、包装を終えるころには午後の2時とかになっていることもザラで、お客様が帰ったころに納品....。本当にどうしたらいいのか問題点だらけです。

 来年の1月には道の駅おおがたが大きな増改築工事?に入るとかで1か月程お店を休むそうです。この間の売り上げ減を考えるとスプレンダーの実店舗を開けるべきなのか?と悩んだりもしています。でも吹雪くと誰もこないしな~。もしあけるとしたら数か月前から告知しないとダメだしな~。とこのごろ考えてます。

 通販もスタートしてしまえばなんとかなるのかも知れませんが、本当にこの先どうなってしまうのだろうと心配になって
しまいます。サイトのオープンをお待ちいただいているお客様から直接お問い合わせとご注文を頂き、「忙しいでしょうからいつでもいいです。急ぎません。ご都合の良い日にお願いします」と何とも心優しいお言葉を頂いたりします。こちらが買ってもらう立場なのに、お客様に何から何までお心遣い頂いて感謝しております。

 会員登録をしていただいている方には初回ご利用いただいた時のサービスを考えております。この場では申し上げられ
ませんが...。本当にあと少しお待ちください。最初はプレオープン(予行練習)的な感じになるかも知れません。一度開けて、忙しいときはサイトを閉めたり、開けたりの繰り返しとか。こんなスプレンダーですが、おつきあいいただければ幸いです。

 オーブンが温まったころですのでまたスコーンを焼きに行ってきます。
 (今朝はやきおにぎりとおにぎりを製造していました。今から補充用の生クリームスコーン等を焼きます)

 先日○○歳の誕生日を迎えてしまった私。
 青森から遊びに来てくれたCさんに「○○歳になっちゃうよ」と言ったら「え?○○歳だよ」と訂正されました(笑)。なんと
いつのころからか自分の歳を一つ多く勘違いしていました。忘れたいことは忘れるようにできているのですね。妹はその
一件を知っていて「ハッピーバースデー○○」○○の歳の部分を英語で一つ多く言い、からかうのです。(洗脳して一つ多い歳を覚えさせようとしているんです)

 この頃手元の焦点が合わない○○歳...しゃがむと筋肉がプルプルくる○○歳...。


 頑張ります。
スポンサーサイト
【2014/07/30 11:44 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
焼きおにぎり焼いてます
 この頃、朝は実家横の飲食店営業の許可を取っている加工所で「焼きおにぎり」を焼いています。この部門、もともと母が担当していたんですが、もう長い間まともに使っていなかったような.....。私が焼きおにぎりを焼き始めたきっかけは保健所の自主検査の為に焼きおにぎりを作って持っていかなければいけなかったからです。母はもう加工をやめるつもりで、この検査を受けていなかったのです。(検査は~地区の人は○月○日に受けてくださいというお知らせがくるのですが、都合が悪い人はそれ以降の毎月一回の検査日に受ければOKなのです)周りの人はスプレンダーはもうこの部門はやめてしまうらしいという
うわさが流れていたりして.....。本当に恐ろしい世界です。だれもやめるなんて言っていないのに。

 焼きおにぎりは妹が以前担当していて人気の品でした。妹の焼きおにぎりは絶品でした。でも焼きおにぎりって時間がかかる割りに価格に反映できない商品です。妹は加工の世界が合わず、辞めてしまいましたが、レシピはしっかり残していて(私が数年前に書かせていたのです)その通りに再現しています。妹は「焼きおにぎりは手間がかかりすぎる。お菓子を作っていたほうがいいよ。」と私が焼きおにぎりを作ることに反対しています。たしかに2時間かかって焼きおにぎり10数パックはわれながら「冗談でしょ?」というレベル。苦笑いしか出ない。でもいつもやらないことをやるのは新鮮でこれはこれで楽しい。元来、自分にはお菓子よりこっちの方が合ってるような気がします。

 昨日は出かける予定があったので朝に焼きおにぎりと普通のおにぎりの2種類を作るだけにしました。でも欲張って
一種類を多く作ったら、読みがはずれ大量廃棄....。本当に苦笑いしかできない(笑)。「おにぎり要る?」って弟に
メールを送ったら「貰うよ」と返事。この日は遅くまで田んぼで仕事をしていたようで喜んでもらってくれた。近所の父にも
やったら「お母さんの味と同じで驚いた」とわざわざ電話をくれた。「そりゃあ、そうだよ、(普通の)おにぎりはお母さんの
レシピで作っているんだから」と私。これも母が九州に行ってしまうまえにレシピに起こさせた私。まあ、色んなコツが
書かれたマニュアルなのだから同じに作ることが出来るわけです。それから、この2種類とも以前、製造を手伝ったことが
1~2回あり、それが自分をたすけてくれました。そんなこんなで今、焼きおにぎりや普通のおにぎりが並んでいたり
します。本当はお弁当類もやりたいけど、お菓子がおろそかになってしまうので程ほどにしなければいけないとは思っています。ただ、加工所を作るのにも莫大なお金がかかっているので、「はい、やめました」というのは嫌なのです。母は持続性がないのがちょっと悪い点でした。たしかにお菓子を作っている方が売り上げはあがるのかも知れないけれど、自分がお米農家の娘ということもあって、可能性があるこの部門をしめてしまうのは耐え難いのです。

 まあ、夏の間は焼き菓子も売れないし.....2つの加工所をいったりきたりしてみようと思っています。

 それにしても.....うちの実家のお米はうまいです。
 秋田県の特別栽培米の認証を受けていますが、この夏の時期に味の低下もなく、かなりのレベル。肥料を押さえると
収量は減ってしまいますが食味はとても良いのです。そのことを意識するようになってから実家のお米の食味はとても
良くなりました。

 ちなみに弟の作っているお米はネットで買うことが出来ます。
 本当にまじめにお米作りをしています。
 「あきたこまち、通販」で検索してみてください。

 ちなみに、弟の会社は「こだわり農場」っていいます。
 スプレンダーはこだわり農場の加工部門なのです。
 本当はリンクをはれば良いのでしょうが、自分はそういうのに疎い(知識がないのです、すみません)ので
 検索をかけていただければ幸いです。

 よろしくお願いいたします。
 
 スプレンダーのやきおにぎりやおにぎりに興味がある方はお早めにお買い求めください。
 はっきりっていつまで続くか分かりません(笑)
 なんとか3日は続いてますけど......。


 潟の店で見かけたらぜひ手にとってみてください。
 ボリュームのあるおにぎりを希望の方は「焼きおにぎり」がおすすめです。
 握り加減にうるさい方には「おにぎり」をおすすめします。
 両方とも母と妹のレシピどおりに作っています。
 「あのおにぎり好きだったのよ」というお客様、期待は裏切りません。
 あの味の復活です....(とここまで言い切っていいのか分かりませんけど.....)


一生懸命つくってます。よろしくお願いします。
【2014/07/23 04:59 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
青森から今年も遊びに来てくれました
7/5(土)の出来事。CさんとSさんがお店にやってきてくれました。

aikos-blog486assyuku.jpg
 
 毎年、青森市内から遊びに来てくれるスプレンダーの大切なお客様、CさんとSさん。いつもどうやったらスプレンダーの経営が軌道に乗るかと本気で悩んでくれる大切なサポーターです。上記の画像はCさんがお土産にもってきてくれた青森産
さくらんぼの「紅てまり」。これがもう本当に美味しい。私の大好きな果物のベスト3に入るさくらんぼ。アメリカンチェリーとか佐藤錦とか大好き。でもこの「紅てまり」という品種は初めて。酸味もしっかりあるのだけれど糖度も結構あるとみた。
こういうさくらんぼ、大好き。というか、みかんにしろ、かんきつ類にしろ、甘みと酸味のバランスが大事だと思う。いつもは
さくらんぼなんて食べない妹に「美味しいから食べてみなよ」とすすめると少しして、さくらんぼを手に取った妹が
「さくらんぼって皮むくんだっけ?」と信じられないことを口にした。
私が凍りついたのは言うまでも無い。

 aikos-blog487assyuku.jpg

 そして次の画像も同じくCさんのお土産の「青森産いちご」。品種は不明。
 このいちごは実が固めの品種みたいです。でも糖度は結構のってる。とても美味しかったです。妹も結構手が伸びて
いました。

 毎回、毎回、青森の美味しいものを持ってきてくれるCさん。本当にご馳走さまでした。本当はさくらんぼが大好物という
母に食べさせてあげたかったけど、母はもう九州での生活を始めました。祖母の世話をするための帰郷ですが、母が
いたらどんなに喜んだろうかと考ええるとちょっぴりさびしくなりました。ちなみに母はいちごも大好きです。食事は健康のために食べすぎを気をつけている母でしたが、果物には本当に目が無くて、さくらんぼやいちごは一人で1パック、ペロリと
食べてしまう人でした。ごめんね、お母さん、この美味しいさくらんぼはたぶん、私が一人で殆ど食べてしまうでしょう。

 この日はスプレンダーの通販サイトのことで色々なアドバイスをくれました。
 自分が気づかないことを色々と指摘してくれて本当にありがたく思いました。
 ようやく特定商取引の項目で付け加えて欲しいことをまとめたのに、肝心の資料をFAXで流そうとしても
受け付けてくれない先方のFAX。自動受信になっていないのでしょうか?明日またトライしてみなければ。仕事の合間にちょっとずつしかすすまない私の作業、あっというまに7月に入ってしまいました。これではいけないと思いながらも日々の作業に追われ、なんとなく月日だけが流れていってしまいます。始まってしまえばきっとなるようになるのでしょうが、
だんだん不安にかられてしまいます。CさんとSさんもサイトの問題点はお見通しでした(苦笑)。2人のアドバイスを参考に
もうちょっと改良を加え、スタートできたらなと思います。

 aikos-blog485assyuku.jpg

 上記の画像は実家の車庫の中。赤い車は新車のマツダCX-5。弟のお嫁さんのYさんの車です。ほんとにでっかい
車です。マツダのクリーンディーゼルは音が本当に静かです。一昔前のディーゼル車のガラガラ音はほとんどしません。
左奥の車は実家のアルファード。母がなんとなく使っていた車。(このごろはあんまり運転もしていなかったので車庫に入っていることが多かったです)で、その隣が私の車、アベンシス。YちゃんのCX-5より納車は後です。(でも距離はアベンシスの方がいっちゃったね)ちなみにアベンシスはいつも外においてます。一応、私の自宅は中央の住所の方にあるので。
(いつもはアベンシスの位置に妹のヴィッツが有ります)本当は帰って自分のうちの車庫にいれるべきなのですが、実家にご飯をたべにきては猫のお世話をしてそのまま泊まってしまったりします。新車なのに外に出しっぱなしで
申し訳ないです。あっ、どうして車の画像を載せたかというと、実家のアルファード、乗る人間がいなくなり、維持費も
バカにならないので一時抹消ということになりました。本当はアルファードを佐賀に届けたかったようですが、道が狭いところでアルファードは無理とのことでした。結局アルファードは車庫で眠ってもらうことになりました。弟は母にIQという小さい車を買って九州まで届けました。こういうところは「太っ腹だなぁ」と思います。アルファードは家族で出かけるときに
活躍していた車...。そう考えるとなんだか複雑です。もうみんなで出かけることもないのかなぁなんて......。 
  
 今日7/6(日)はアベンシスの6ヶ月点検でした。すごく大切にしている車なので整備士さんに失礼とは思いながらも
「キズが無いことを最初に確認してもらえますか?」「洗車は無しでお願いします」ってお願いしました。前の日、Cさんに
「前の車の時、別の営業所で傷つけられて帰ってきたことがあって心配なんだよなぁ」って相談したら下手に回りくどいことをいうより自分の不安な気持ちを素直に伝えたほうがいいよってアドバイスをくれて、正直に今の営業所の人にお願いしました。すごく若い整備士さんだったけど、理由を正直に伝えてお願いしたら快く応じてくれました。きっとかなり神経質な人間だと思われただろうなぁ。
 
 整備を待つ間、営業担当さんがやってきて「車は週一とかで洗われてるんですか?」って...。しっかりお見通しみたいです。「ホイールは3日に一度は洗ってます」って伝えたけど、ブレーキダストがすごいからこれ以上放置できないんだよなぁ。「本当にほしくて買った車はみなさんそうですよ」って担当さん。そうそう、そうなんだよなぁ。

 同じく整備を待つ間、エンジン内部をきれいにする「エンジンメタルトリートメント」なる商品をすすめてきた別の若い整備士さん。商品説明とか一生懸命で、断ることなんてできません。というか、私がこの車に入れ込んでいると分かってるから
こういうものをすすめてくるんだろうな....。

 整備が終わってキーをもってきてくれたのは先ほどエンジン添加剤をすすめてきた若い整備士さんともう一人、女性の若い整備士さん(まだ見習いなのかな?)でした。担当さんに伺ったら今年入られた新入社員さんとのこと。女性の整備士さん、職場が華やいでいいと思います。ぜひがんばって続けていってすばらしい整備士さんになって欲しいです。

 今回の点検、丁寧に扱ってもらったみたいでほっとしました。
 だいぶ前に気になって調べてもらったことがあったのですが、「その後いかがですか?」って聞いてきてくれました。
ささいなことかもしれないけど、気にかけてくれていることに対してすごく嬉しかった。整備士さん、お客である
私が座っている時はしゃがんで床にひざをついて話してくれる。そこまでしなくてもいいのだけれど、この営業所は
そう教育されているのだろうと思う。すごいことだなと思った。

 車のことを書き出したらいつもに増して長文になってしまいました。
 お付き合い下さりありがとうございます。
【2014/07/07 00:12 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
2014パティスリー&ブーランジェリージャパンに行ってきました
 スプレンダーではなくて、スプレンダーの親会社のこだわり農場がお世話になっている包装資材の会社のS産業さん。その
S産業の営業のHさん(このHさんは本当に超が付く位のきれいな人です)が電話で上記の展示会がビッグサイトである事を教えてくれました。で、招待券を急いで送ってくれました。今回のイベントは原材料と包装資材の展示会です。久々に出かけてみたくなりました。いつもはスプレンダーが原材料を仕入れている秋田の商社さんの展示会に仙台に出かける位ですがたまには合羽橋も歩いてみたいし、気分転換したくなったのです。

 aikos-blog480assyuku.jpg

上の画像は東京ビッグサイト。自分にとってJKC(ジャパンケンネルクラブ)の展覧会でおなじみの場所です。飼っていた
犬も14歳で亡くなり、犬の世界からは遠ざかってしまいました。生き物を飼うことはとってもお金のかかること....たぶん
この先飼う事もないだろうなぁ。「犬はお金に余裕がある人しか飼えない」とは妹の言葉。ほんとにそうだと思う。高級車一台は余裕で買えるくらいのお金をかけたな.....。いまではそんな苦労も懐かしい記憶です。(あのあこがれのLマークの
車も買えたね、きっと)あの頃は好きなことにお金をかけられた良い時代でした。でも今は違います。現実は厳しいです。

aikos-blog483assyuku.jpg

パッケージの会社、「パケドゥソレイユ」さん。ここのパッケージは洗練されてますね。以前は「ヘッズ」さんとかお気に入りでしたが、他の加工をやってるグループさんと包装資材が被ってしまうので全く使う気がしなくなってしまいました。イメージが似てしまい、区別がつかなくなることだけは避けたいので。ヘッズさん、ごめんなさい。決して嫌いになったわけじゃないです(苦笑)

 aikos-blog481assyuku.jpg

 ここは「ずんだあん」とか「しろあん」「かぼちゃあん」などのあんこ類がたくさんありました。あんこというと和菓子という
イメージですが、焼き菓子にも十分応用可能な素材です。名刺交換をしてきましたので近いうちにサンプルを送ってくださると思います。スプレンダーのお菓子にバリエーションが加わればいいなと思います。

 aikos-blog482assyuku.jpg
 
 上記はパンの実演をしていました。正確にはパンというよりパンを焼くための「酵母」の宣伝です。私が焼き菓子を作るときはもたもたしてあっというまに一日が終わってしまいますが、こういう職人さんはてきぱきしていて仕事が早いです。このパンの一部は試食品として切り分けられていました。

aikos-blog484assyuku.jpg
上記の画像は自分が一番気になっていた半製品。さつまいもの甘露煮等です。タルトにつかいたいと思ってまえから狙ってます(笑)
以前、タルトを販売していたときは自分で芋をゆでたり焼いたりして使っていましたが、芋によって甘さとか食感が
違うので商品にばらつきがでてしまいます。あと、しっかりと甘露煮になっているものは日持ちの面でも安心なので
ぜひスプレンダーでも使っていきたいです。品種的には「なると金時」がやっぱり一番すきです。 

 ただ、実際に使うとなると自分の取引のある商社さんがこことお取引があれば良いのですが、それがないとなると
送料とかかかることになり現実的ではないかも知れません。すべて商品の価格に反映されてしまうことなので
簡単にはいきません。

 この他に、今流行のグラノラを売り込んでいる会社が何社か有りました。ジェラートの上にグラノラをかけたものとか
試食させていただきましたが健康的な感じがするし、オートミールやナッツ類の控えめな味とジェラートの甘さが
良くあっていました。スプレンダーでもグラノラは興味のある素材です。(オートミールクッキーはグラノラをクッキーに
したようなものですし、ある意味もう取り組んでいるような?ものですけどね)アメリカンスイーツとグラノラは切っても切り離せないものだと思います。

 今回、秋田でニュースにもなっていた「あきたこまち生産者協会」さんの「ネピュレ」という素材も興味深いものでした。
あきたこまちをピューレ状にしたものなんですが、おかゆとおもちの中間のようなものでした。パンにまぜると保湿性がでて
焼きたてのしっとり感を持続できるのだとか。今の世の中、乳化剤というのが一般的ですが、体にやさしい、無添加の素材が話題になっているようです。ネピュレの中にはラズベリーとかほうれん草とか他の素材でつくられたものもあって、こちらの方が洋菓子には身近な様な気がしました。ただ、脱酸素剤を封入したときに薬剤に吸われて水分が足りなくなる
お菓子があるので、そういったお菓子におこめのネピュレのようなものが面白いかも知れませんね。

 会場では包装資材を売り込んでいた営業さんと話しこみ、「興味がおわりのものがあればどれでもどうぞ」と言われ、
調子に乗ってもらいすぎました。荷物が増えすぎて、帰りは地獄でした(苦笑)
【2014/07/06 21:03 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad