申告準備でお世話になってます。
 秋田はこの冬ものすごい積雪です。道の駅も相変わらず閑古鳥です。閑古鳥が鳴くっていう表現がありますが
その閑古鳥さえいなくなってしまったのではないかと疑いたくなるくらいひどいです。

 申告の準備の方ですが、弥生会計を使って打ち込んだデータと作成した廃棄等の資料は先日、大館の税理士事務所まで届けてきました。今は担当の方が打ち込んだデータの振り分け方が間違っていないかとか、領収証の金額が間違っていないかという点を丁寧にチェックしてくれている様です。昨日も今日もFAXで「ここを詳しく説明してください」とか「この金額が合わないのですが」とか質問事項などが送られてきます。そのたびになんて自分は
いい加減な書類管理と金銭の処理をしてきたんだろうと思います。でもだらしない人間ってそんなに簡単にまじめでマメな人間にはなれません。

 車の中の環境も弟や妹に言わせると私は「アメリカ人的」なんだそうです。(アメリカの方、ごめんなさい)余り細かく説明すると私の人間性が疑われてしまうので言えませんが、以前ALTとして大潟村に赴任してきたウィリアムの車の中と一緒なんだそうです。(これは自分でも自覚がありますが)まあ、アメリカ映画にこういう状態の車が出てくるよねという感じの
車です。たまにスイッチが入った時だけ妙にきっちりとなったりしますが、かなりのずぼらです。スイッチがオンの時とオフの時の差が余りにも大きいので自分でも怖いくらいです。

 でもこういう書類管理、金銭管理だと経営者としてはなりたたないと注意されました。スプレンダーが軌道にのらないのもこの辺がいい加減だからでしょう。今年こそは悪いところは改善し、少しでも良い成績を残したいと思っています。でも現実はかなり厳しいです。

 例年からいうと3月に入ったころからぼちぼち道の駅にも人が入り始めるのですが、今年はどうでしょう?なんだかあまり期待できない感じです。お客さんが増えてきたらあれもこれもやりたいという気持ちだけは有るんですが.....。

 明日はまたぼちぼち加工にとりかかります。
 

 

 
スポンサーサイト
【2013/02/26 21:53 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
しばらく注文菓子の製造はお休みさせて頂きます
 いつもスプレンダーのお菓子をご利用下さいましてありがとうございます。
 
 現在、毎日の製造や納品の合間に申告準備をしておりますが、思うように進んでおりません。
 既に数件、ご注文をいただいておりますが、これより当分の間、申告準備を優先させて
 頂きたいと思います。

 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いします。


 スプレンダー
【2013/02/12 03:47 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
精神的に参ってしまったこと
 今日は食菜館くららのほうに「ブラウニー」の注文をいただいていたので開店直後に納品しました。こんなに
早い時間に潟上市に納品に行くのは年に数回程度かもしれません。昨日の夕方に大潟村の道の駅のほうでスコーン類の廃棄がでる可能性があったのですが、「なかいち」あての発送が有ったので忙しく、翌日(つまり本日)道の駅がOPENする前に消費期限切れをはじこうと思っていました。で、今朝は開店30分位前に商品のチェックをしました。幸いにも廃棄になるかもしれないと読んでいた商品は全部売れていました。クッキー類などは賞味期限が割合長いので補充をすることによって賞味期限のことなったものが混じるようになる可能性があるので一枚一枚
裏返し、表示を確認しています。それなのに、なんとも不可解なことが起こりました。ちょっとおかしなことは今までにもありましたがブログに書いたことはありません。でも今日は書かせて下さい。

 道の駅の店員さんから「お客様が期限切れのお菓子を3つレジに持ってきた」というのです。あわててお店にいくと昨日で期限切れを起こしているチョコチャンクスコーン2つとオートミールクッキー1枚がレジに届けられていました。朝、開店前にはじこうとして無かったので売れていたんだと喜んでいたものです。開店前に無かったものがなぜお客様に指摘されるような形になったのか全く理解できません。そしてオートミールクッキー.....。
この賞味期限はなんと2月2日でした。人間だからちゃんと確認しているつもりでも見落としはあるかも知れません。でもいくらなんでも2月2日のものを本日2月10日まで気づかないことが有るんでしょうか?

 私はお客様を疑ったりはしていません。きっと親切に指摘して下さったのでしょう。でも開店前にチェックしたはずの商品がどこからかわいてきたこの状況は普通では有りません。店員さんたちは「スプレンダーさんはいつも
マメにチェックしにきてるよね?おかしいね」と話をしていたそうです。私も正直に店員さんに今朝間違いなく
チェックをしにきたということと、クッキーも一枚一枚日付をみているのでこの状況はおかしいと伝えました。


 以前も商品にひどいいたずらをされ、その時は警察の鑑識の人が調べにきてくれました。(あの事件、事故を
調べるようなプロの人たちです)その時も自分がどうしてそういういたずらの被害にあわなければいけないのかと精神的にかなり参りました。儲けてもいないのに儲けているんだと誤解でもされているのでしょうか(苦笑)

 お客様に賞味期限切れの商品を手に取らせてしまったこともショックですし、やはり誰だか分からない人から
憎しみの対象になっていることがかなりショックでした。私は人にケンカを売るような生き方はしてきた覚えはないですから....。以前、花を出荷している生産者の方が「花が無くなって傷みかけたころにいつの間にかバケツに戻ることがある。減点の対象になることだから困っている」と聞いたことがあります。なんだかそれに似ているな~と思いました。

 そういえば、先日、うちのプライスカードがぐちゃぐちゃに折られていました。その折れ方が間違って踏んだとかいう形ではなかったので(思いっきり手で丸めたような形でした)また誰かの嫌がらせが始まったのかと
こわくなりました。こういう嫌がらせって一度始まると何度か続くんです。

 こんな卑劣な嫌がらせをして人間として恥ずかしくないんでしょうか?儲かって儲かって私が天狗にでも
なっているならまだしも、まだ軌道にも乗らず厳しい日々を送っているのに(苦笑)。

 とりあえず、今日はお客様に消費期限切れと賞味期限切れ(しかも2月2日というあり得ない期限切れ)の
商品を手に取らせてしまい申し訳なく思っています。きっと失望されたでしょう?この点が本当に心苦しいです。

 自分にできることはなお一層注意深くチェックするだけです。
 でも隠されるものは対処できないな~なんてちょっと弱気になっています。
 こういうことって精神的なショックが大きいものなんです。

 今日あったなんとも不可解な出来事について書かせていただきました。
【2013/02/10 20:18 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
趣味と仕事
 冬期間ということでなんだかお菓子の動きも鈍く、UPする情報にも乏しいスプレンダーです。
 実はあるお菓子を販売予定なのですが、価格の事で悩んでいてなかなか表に出せません。
 先日、スプレンダーとスプレンダーの親会社の申告手続き等を担当している税理士さんと3時間ほどお話を
しました。その中で、スプレンダーの商品価格についてアドバイスをいただきました。要は原材料のコストに
見合った価格をつけないと採算なんて合いません.....ってことです。使う材料によって本当に天と地ほどの
コストの差があると思うのですが、食べてもらうまで、見た目では違いが分かりにくいものも有ります。
「クッキーだから〇〇〇円が限界だろうな」などという考え方は間違っていると言われました。自分でも
このままではやばいと思いながらも越えられないでいる一線です。でもそこをちゃんとやらないとそれは
「仕事」ではなく「趣味」や「ボランティア」と同じと言われました。ネットでお菓子作りの上手な人が
キレイにお菓子をラッピングして少量だけ販売したりしていますが(許可の事を詳しくいうと法律に
触れそうなひともいる感じですが)その間隔でそれを本業にすると必ず地獄がまっています。自分はお菓子
づくりは趣味では有りませんでしたが、そういう甘い感覚では成り立たない世界だと痛感しています。

 現在、近々販売を開始したいと思っている商品があります。この新商品、素朴なお菓子で作ること自体なんてことはないものなのですが、材料が良いのでとにかく美味しいです。美味しい、美味しいって手をのばしていたら何個も食べていた....ってくらい。でも価格が付けられない。ホワイトチョコレートを使ったレシピでしかもブラウンシュガーと高価なペカンナッツをたっぷり使っています。ブラウンシュガーって上白糖の2倍以上します。業務用だから安い大袋を使っているというわけではないんです。でもそれに見合った値段をつけたらとても売れるとは
思えない....。ネームバリュー(ブランド力)があって出せば何でも売れるっていうお店だったら別でしょうが...。でもこれは仕事なのでコストに見合った価格をつけなければ売ってはいけないのです。それは
分かっているのですが、なんとなく横並びの価格で逃げようとしている自分がいます。そういう甘い考えを
忠告されました。

 スプレンダーの資材庫には弁当容器からお菓子の箱まで本当にいろんなものが山積みになっています。まさに
素人が始めた商売を物語っている感じです。なんとなくその場のノリで買ってしまったものや、「こんなのを
売ったらいいかも」なんてアイデアだけで動いていた時期があります。この不良在庫を減らしていかなければ...。最近新たに買っているものは大体OPPフィルムとか脱酸素剤、そして脱酸素剤用袋位です。本来はこれくらいで良いものだったという事です。

 今年は不良在庫を減らすために新たな商品を出していきたいなと思っています。形にとらわれて高い容器に
ばかり手を出すのはやめようと思います。とにかく今あるものを減らさなければ

 えっ?このお菓子をこんな容器にいれるのか?って思われるかも知れませんが(笑)。
 でも「趣味レベル」から卒業して「仕事」としてなりたたせないといけないなと思っています。

 
【2013/02/05 08:15 】 | スプレンダー | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad