飛行船のスヌーピーJ号は昨日青森に向けて出発しました
 ここしばらく大潟村に係留してあった飛行船スヌーピーJ号は昨日午前中に青森に向けて飛び立って
しまいました。数日間、今か今かと様子を見に行っていたのですが、私の知らない間(仕事中でした)に
飛び立ってしまいました。とても残念でなんだかいい歳してがっくりきてしまいました。

 6月23日に北海道の小樽で予定されていた公開イベントは中止になったようです。天候に恵まれず、秋田に
思いのほか長く足止めされてしまって、スケジュールを順調にこなせなかったから仕方がないですね。今日はまだ
青森にいるのかな?あいにくのお天気が続いているので、どうか無理せず安全第一で飛行して欲しいです。そして
また機会があれば大潟村に立ち寄って欲しいです。

 さあ、そろそろ真面目に働かないと.....。土曜日の朝だというのにオーブンを温めたままパソコンに向かって
いてはダメですね。


 今日はこれからオートミールクッキー、ブラウニーなどを焼くつもりです。
 それではまた.....。
スポンサーサイト
【2012/06/23 07:10 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
久々のロールケーキにちょっと緊張しました
 6/20に実家のある住区のさなぶり用にロールケーキを焼きました。
 役員の方々、いつもお声をかけて頂きありがとうございます。
 注文の仕事は大変ですが、お声をかけて頂けることは本当に有りがたく思います。

  お店をやっていたころは何度も焼いていたロールケーキですが、久しく焼いていないので
 うまくできるかどうかちょっと緊張しました。

 aikos-blog414assyuku.jpg

 焼きあがったばかりの生地を裏返したものです。
 これは「ラズベリーロール」。
 このラズベリー、冷凍ラズベリーを使ったのですが、水分が多くて、なかなか細かく砕けなくて
 焼き上がりのラズベリーの部分がちょっと水っぽくなってしまいました。これは生地の質が悪かった
 わけじゃないので仕方がないのですが....もうちょっとカラッとしてほしかったです。

 aikos-blog415assyuku.jpg

 今回は種類の指定はいただいていなかったので、とりあえず、以前焼いていた種類をそろえました。
 
 
  ラズベリーロール
  抹茶あずきロール
  紅茶(アールグレイ)ロール
  紅玉りんごロール
  ココアロール

  です。ほんとは紅玉りんごロールの割合をもう少し増やすつもりでしたが、なんと、
 最初に巻き始めた時にりんごを入れるのを忘れてしまい、プレーンなロールケーキを一本
 作ってしまいました。さすがにその一本は別の用途に使わせて頂き、余分に焼いていた
 別の種類を増やさせて頂きました。

  うちではいつも35%のフレッシュクリームを作ってもらっているのですが、保形性が
 低くなってしまうのがちょっと......。でも逆に45%とかは脂っこくてくどいような
 気がして....。混ぜる方もいるようですが、うちはケーキ屋ではないので生クリームは
 あまり多く仕入れたくないのです。

  結局この日はなんとか問題なく焼けたのでほっとしました。
 同日、別の注文もあって、昼食をとってからまたその注文にかかりました。
 
 注文はいつも緊張します。オーブンが壊れたらどうしよう...。停電になったらどうしよう...。
 自分の具合がひどく悪くなって作れなくなったらどうしよう....。いろんな不安がよぎります。

 7月に入ったらもう一件納品先が増える予定なので、これからは注文には対応出来なくなるかも
 知れません。どんな風に仕事がまわっていくか見当もつかないので。

 こちらの件に関しては仕事がスタートしたらご報告したいと思います。

 
【2012/06/21 11:47 】 | スプレンダー | コメント(2) | トラックバック(0)
今気になっていること
 お菓子作りとは全く関係のないことですが、ただいま私的に大変気になっていることがあるんです。
 それがコレ!!

 aikos-blog413assyuku.jpg

 世界に20機しかない有人飛行船の内の一つで、日本を飛んでいるのはこの1機だけとのこと。
 それが今、近くのグラウンドに係留されているのです。
 この圧倒的な存在感に子供ならずともなんだかわくわくしてしまいます。

 本当なら台風を避けるために早めに青森に発ちたかったようですが、天候に恵まれず、やむなく
 フライトをキャンセルしている状態のようです。

 私たちからすると、えっ?この程度の天気で飛ばないの?って思ってしまうのですが、飛行船は
 風の影響を受けやすく、とにかく「風が一番怖い」とのことです。どんどん流されてしまうという
 お話を母がクルーから聞いてきたようです。

 この飛行船、台風をさけるはずが、飛び立てずにいて、私もなんだか心配です。
 ここに係留されている間、クルーが必ず1~2人程見張りについているようなのですが、私が
 夜中の2時頃に近くを通ったら、そのクルーが地面に打ち込んでいる杭のようなものを何度も
 点検している様子が見えました。

 ネットで調べていたら、こういう飛行船を一か月広告に使うと5000万位するそうです。
 でも、大変危険なお仕事だし、クルーを合わせるとかなりの数の人がこの飛行船にかかわっていて、
 なんだか妙に納得してしまいました。

 メットライフ~さんは昨年もこの飛行船で日本中を回っていたようですが、パイロット数名、
 クルー(10名位?)の人件費だけでも相当なものだろうな~と考えてしまいました。
 やっぱり保険屋さんはすごいなぁ~なんて思ったりもしました。

 この飛行船、結構近くまで寄らせてくれます。
 この会社を覚えてもらう事、そして社会貢献の一環としてやっているとのことで、「近寄るな!」なんて
 冷たい目で見られることは有りません。そういう姿勢がすごいなぁとも思いました。
 きっと、この仕事に携わっている方たち自身が、私たちのわくわくする気持ちを良く理解して
 くれているんだろうと思いました。

 6月23日には北海道でイベントがあるようなのですが、予定通りたどり着けるのかな?と
 なんだか心配になってしまいます。

 それが終わるとJAXAの大きな格納庫があるのでそこで耐空検査を受けるんだそうです。
 以前注目されていたツェッペリンNT号は会社(日本飛行船)が破産してしまい解体されたそうです。

 このスヌーピーJ号にはずっと日本の空を飛んでいてもらいたいものです。

 あっ、最後に....。

 この飛行船、夜は内側から光り、大変きれいです。
【2012/06/20 07:07 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
この頃焼きドーナツの製造に力をいれてます
aikos-blog412assyuku.jpg

 一時期?いいえ、かなり長い間このドーナツの製造をお休みしていました。スプレンダーの焼きドーナツが情報誌に取り上げられた頃、秋田では焼きドーナツはまだまだ珍しい存在でした。それからあれよあれよという間にどこのケーキ屋さんでも販売をするようになりました。でも多くはオーブンで焼くタイプのどちらかというとフィナンシェの様なこってりタイプのドーナツです。スプレンダーの焼きドーナツは専用のマシンで焼くタイプのドーナツで見た目こそみんな茶色になってしまいますが、それぞれ個性的なフレーバーのふんわりしたドーナツです。

 上記の画像は「抹茶あずきドーナツ」。
 小豆は一般的な量の2倍近く混ぜ込んでます。
 抹茶も甘納豆小豆もコスト高ですが、怖いので詳しい原価計算は抜きです。
 商品の中にはサービス品もなければいけないでしょう?
 だからこれはこれで深く追求してはいけない存在なのです。
 ついでに他のフレーバーが売れてくれたらいいな~って感じでやってます。
 (ここが税理士さんに注意されるところなんですよね.....)

 aikos-blog411assyuku.jpg

 で、上記の画像が「ラムレーズン」
 このマシンで焼く、焼きドーナツ、水分量をある程度整えないと大失敗してしまいます。
 焼きあがったものを機械から持ち上げられず、ぐちゃぐちゃになったりもします。
 
 ラムレーズンはシフォンケーキ用に漬け込んでいたものを使っています。
 ホールのままだとダイレクトにラム酒が広がってしまうので細かくきざんで混ぜ込んでます。
 レーズンのうまみがしみだしたラム酒もかなりの量を混ぜ込んでいるのでしっかりラム酒フレーバーです。
 このフレーバーを作って初めて試食した時、私自身がかなりの衝撃を受けました。
 「ラムレーズンってやっぱり美味い」って。
 まるでフルーツケーキの様なコクが有ります。ラム酒のやさしい香りもします。

 知り合いの方が母に「ラムレーズンを食べたけどすごく美味しかった」って教えてくれたそうです。
 やっぱりラムレーズンって女性に大人気のフレーバーだよなぁ~って思いました。

 つい最近、新しく取引を始めた包装資材のメーカーさんがこのドーナツの包装具合を検査機関に
 無料で出してくれて、脱酸素剤の容量も包装資材の質も全く問題ないという結果が届きました。
 とにかく色んな項目を細かく調べてくれるんです。シーラー部分がちゃんとシーラーできているかという
 点もしっかり専用の液をつかって調べてくれます。体積、残存空気量、重量等.....。
 後は確実にシーラー部分をシールすることが課題です。乾燥したクッキーとちがって水分のあるもの
 ですからね。このドーナツを脱酸素剤入りに変えてから、シールする時も慎重になりました。


 マシンの方もメンテナンスが必要な時期に入っていて、それで調子が悪く、ずっとお休みしていました。
 でもゴールデンウィークにちょっと焼いたら、なんとかだましだまし焼けました。でも近いうちに
 機械をメーカーさんに送って再加工してもらわないといけないようです。

 この頃フレーバーも増やしていて、
  
 プレーン、ラムレーズン、抹茶小豆、オレンジ、紅茶、チョコレート、かぼちゃ、紅玉りんご&シナモン
 等があります。

 毎日すべての種類が有るわけでは有りませんが、ちょくちょく納品するつもりですので見かけたら
 手に取ってみて下さい。


 よろしくお願いします。
【2012/06/06 16:23 】 | スプレンダー | コメント(4) | トラックバック(0)
イチオシのお菓子、「紅玉りんごのパイ」
aikos-blog409assyuku.jpg

 この「紅玉りんごのパイ」はスプレンダーのなんちゃってパイ職人さんが担当しています。私も以前は折っていた時期がありますが、なんちゃってパイ職人さんの方が断然上手に折ります。どうして自分のパイと違うんだろうって考えたりしました。自分の方が手早く作業しているのでもっと出来が良くても良さそうなのに....って。

 でも何となくわかってきました。生地を扱う丁寧さが違うんですね。
 私は結構力で伸ばしてしまうんです。なんちゃってパイ職人さん(母)は伸ばすときも扱いがやさしいんです。
 けっしてぐいぐい、スーッとはのばさない。

 朝ごはんを食べる暇がなくて、空腹にまけて、たまたま数の調整の為に残して置いた前日のパイを食べてみたら
ものすごく美味いっ!!

 aikos-blog410assyuku.jpg


 紅玉を煮たのは私だけど、このパイ生地は母のもの。
 二日目なのにパリッパリでした。特に出来が良かったのかな....。
 以前より確実に腕を上げているような気がしました(内輪受けですみませんが...)

 層がきれいにできていて驚いたので近くにあったデジカメでしっかり記録しました。
 私が折ったらきっとこんなにきれいな層はできないだろうなぁ~。

 このパイはリピーターの方がものすごく多いんです。「美味しかったよ」ってお声をかけてもらう
 ことも多いし、納品していても「あれないの?」って言われます。
 母が自分の仕事のほかにパイも担当しているのでちょっとというか、かなり無理をさせています。
 一度に折る量が多いせいもありますが、5時間とかかかります。練パイとはちがいます。
 時間はかかりますが、練パイにはないハラハラ感と軽さが有ります。


 焼き立てのパリパリ感がお好きな方もいらっしゃれば、ちょっとしっとりと落ち着いた感じが好きだと
 いう方もいらっしゃいます。そして紅玉の甘酸っぱさがたまらないといわれます。

 紅玉ならではの芳香と甘酸っぱさもこのパイの魅力です。
 この独自の芳香は他のりんごでは出せないと思います。(たぶん.....)

 これから気温が上がってどんどん折りにくくなると思いますが、限界までつづけます。
 (紅玉があるかぎり....ですが)


 いろんな思いがつまった特別なアップルパイです。
 ぜひ一度お試しください。
  
【2012/06/04 17:14 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
新商品の紹介です!
aikos-blog408assyuku.jpg

  スプレンダーのプレーンなショートブレッド味にココア味と抹茶味をセットした「ショートブレッド詰合せの
 販売を始めました。プレーンなショートブレッドはまとまった数が出るようになってきた定番品ですが、こちら もぜひ定番品にしたいと思っています。

 価格は抹茶のコストが半端ないということで.....280円にさせて頂きました。

 正直価格は最後まで悩みました....。でも抹茶のコストは無視できません。(ホントにすごいんですから)

 お値段はちょっといってしまいますが、ココアと抹茶は「ほろ苦い」ってちゃんと感じるようにしっかり
 混ぜ込んでます。そして食感はサクッサクッ!!とにかく沢山空気を抱きこませて厚いクッキーながら、
 サクッサクの食感に仕上げています。ぜひ一度お試しください。自信を持っておすすめします。

 aikos-blog407assyuku.jpg


 ちなみに上の画像は焼く前の抹茶ショートブレッド。色が鮮やかです。
 このショートブレッドの焼き型、日本じゃもう手に入りません。でも溶接がけっこうもろくて
 使っているうちに壊れたりして.....。もっとまとめて買っておけば良かったと後悔。

 気に入っているやわらかいヘラがつい最近、リニューアルされてかたい材質に変わっちゃったりして
 ショックを受けたりしています。

 製菓道具って終売とかが多くて.....当たり前に買い足そうと思ったら「もうないですよ」っていう
 パターンが多いです。天板もそうです。あとから買い足したものは気に入らなくていつも端っこによけられて
 ます。

 このショートブレッド、大潟村の道の駅では結構幸先の良い売れ行きなのですが....天王の食菜館くらら
 では今一つ.....。あそこで売れるのは本当にごく一部の商品だけなんです。もっともっと新しい商品を
 作っていかなければいけないな~と感じます。

 焼き菓子には厳しい気温の日も出てきましたが,スプレンダーのお菓子、ぜひよろしくお願いします。

【2012/06/04 16:49 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad