苦しんでます
 ここ数日アレルギー発作で体中、蕁麻疹がでて強いかゆみと戦ってます。自分には深刻なアレルギーがあって
それが皮膚に接触するとアレルギー症状が出るし、アナフィラキシーショックを起こすかも知れない危険性があります。このことを強く意識するようになったのは昨年の今頃の事です。そして、そのアレルギーの原因物質と
交叉反応をおこす果物への反応も出てくるようになってきました。なんと熟したバナナに顔を近づけただけで
顔や瞼がぱんぱんに腫れてしまうんです。それからメロン。一時期自分でも栽培していたし、父は今でも栽培していて、収穫期になるといくらでも食べられる環境にあるのですが、私は一切食べなくなりました。食べると
喉がかゆくなるからです。喉がかゆくなる=アレルギー症状で、これがひどくなると喉がはれて、呼吸困難になってしまうそうです。そのことを知ってから一切食べなくなりました。モンブランも大好きでしたが、母に
モンブランの材料である栗がこのアレルギーと交叉反応をするので危険だから食べるなと言われました。最初は
「平気、平気」って言っていた私ですが、アレルギー反応が強くなるにつれ、怖くて食べられなくなりました。

 今回のアレルギーの発作は今一つ原因が分からないのです。それなりに気をつけているので....。このアレルギーと交叉反応をおこす果物は他にもあるので、そのなかの果物に反応するようになってきたということかも知れません。今まで好きだったもの、当然食べられていたものがある日突然、口にしてはいけないものになるのは
結構つらいことです。

 それにしても、今回は何がまずかったのか...。手荒れを起こしている時期なのでアレルギー物質が体に入りやすくなっているのは事実ですが....。今回のアレルギー症状はひどい蕁麻疹と息苦しさ。あれがきっと呼吸困難っていうのかな...。心臓が苦しいっていう感じが半日位続きました。幸いその息苦しさは消えましたが、蕁麻疹は
消えては出てを繰り返し....。こんな状態じゃ仕事に身が入りません。(不真面目なのは前からですけどね....)

せっかく申告の準備から解放されたというのに.....。
今日は注文のチョコチャンククッキーを道の駅に届けただけで何にも手を付けませんでした。

 インフルエンザにはいまだかからず、うまくやっている気になっていましたが、アレルギーには勝てませんでした。


 早く消えてほしいな、アレルギー症状。でもあと一週間は覚悟しなきゃな....。
 と、なんだか言い訳ばかりのブログになってしまいました。
 すみません。
スポンサーサイト
【2012/02/23 22:23 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
昨日は税理士さんのところに書類を届けにいってきました
 この数日間は加工は全く行わず潟上市にも出かけず.....だから正直売り場がどうなってるのか分からないのです。(すみません)

 実は税理士事務所の担当さんからFAXがきまして...早くしてくれないと仕事がすすまないと言われました。で、
約束の日にちを決めまして、その日に向けて夜も3時くらいまで書類を作成し続けました。でも、その約束の日に間に合うように宅急便で送るつもりが、あとちょっとが間に合いませんでした。最初から間に合わない場合は自分で運転して書類を税理士事務所まで持ち込もうと決めていました。そこで、大館市まで直接書類と
弥生会計のソフトをUSBメモリーに焼いて持っていきました。途中、あっ、ここらへんがKINROUさんの住んでるあたりだよね~なんて考えながら運転したりしました。(KINROUさんは紅玉をプレゼントしてくれたりして、大変お世話になっているのです)

 税理士事務所で担当さんを呼び出してもらったのですが、担当さんは外出中で新しい男性の方が「自分が担当します」って名刺をもって来られました。担当さんが多忙だからそうなのか、本当に担当が変わったのか聞き忘れてしまいましたが。何年もお世話になっていると、きっと私のだらしない面とか良くわかっていたと思うのです。また新しい人になってそういう部分を知られるのはまたちょっと恥ずかしいなぁ。まあ、色々と気分は複雑です。

 この日はカーナビも積んでいたし、あらかじめ行きたい場所の住所を入力してきました。
 大館市にある県内でも1,2を争う売り上げの農産物直売所「陽気な母さんの店」です。
 途中ちょっと吹雪いていましたが、カーナビのお陰で迷うことなく着きました。その後、ついでに近くの
 道の駅ひない(とっと館)に足を運びました。やっぱりこの時期はどこも野菜が少なかった。加工品でなんとか
 なっている感じ。本当は大館まできたのなら青森まで足をのばしたかったのですが、糸の切れた凧になっても
良くないし、おとなしく帰ることにしました。

 せっかく税金の申告書類を税理士さんに届けたというのに加工をやるだけの気力も体力も残ってなくて、そのまま爆睡。今日は今日でものすごい吹雪で納品なんて無理と最初から行く気ゼロ。これじゃあ売り上げ上がんないわけだな~と妙に納得です。

 そういえば、以前、スプレンダーの焼き菓子を引菓子につかってくれた方が声をかけて下さって.....あの時に配った引菓子をとても気に入ってくれた友達がいて、注文したいっていってるとのこと。本当に嬉しかったです。
この方の引菓子をそろえたときは包装資材とかいつものもので対応したのですが、弟の引菓子の時はラッピングから包装紙から色々とアレンジしてやって大変好評でした。私も引菓子という分野はとても興味のあるところでして....。これからはこういう分野に進出していこうかなと思っています。もちろん、包装紙にもこだわって。なんとか売り上げをあげないとヤバイですからね。

 さあ、そろそろオーブンも温まったところだと思います。
 ちょっと働きにいってきます。

【2012/02/18 15:28 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
お菓子とは関係のないことですが....
 今日、近くのスーパーで買い物をしていたら、知り合いのおばさんと目があいました。なにげなく「こんにちは」って挨拶したのですが、おばさんが一瞬悲しそうな顔をしたので次にどんな言葉が出るのか不安になりました。私とこのおばさんのお宅では同じ大型犬を飼っていました。ゴールデンレトリバーっていう種類の犬です。
私の飼っていたゴールデンは中間色のゴールデンカラーでしたが、おばさんのお宅のゴールデンは色が大変白っぽかったです。ゴールデンは最初色が薄いのですが、2~3年まで色が変わります。おばさんは「うちの犬は色が濃くならないの」と良く話していました。確かにかなり色が薄めのゴールデンでは有りました。でもコンパクトで
骨格のがっちりした良い犬でした。何よりゴールデンとしての性質が良かったです。そのワンちゃんが昨年の
10月に亡くなったそうです。(歳によるものですか?」ってきいたら「肝臓が弱ってるって言われてたの」って。
ワンちゃんの年齢を聞いたら13歳だったとのことで、ゴールデンにしては長生きしたんですねって答えました。

 そういえば、数日前、弟が同じゴールデンを飼っているTさんの犬が死んじゃったって話してました。
 ガンだったって。ゴールデンは遺伝性のガンが本当に多いんです。10歳こえたらガンになると覚悟しても
いいくらい。知っているだけでも本当に沢山の人がガンで犬を失っているんです。中には飼う犬、飼う犬、7歳の
誕生日を迎えられなくて.....こんなに悲しい思いをするのはもう耐えられないって話していた人もいました。うちのランディも悪性のとても進行の早いガンになり、片足を切断するしかなかったのです。最後はガンとは関係のないことで死んでしまいましたが....。ランディは14歳まで生きましたが、これははっきり言って表彰ものです。
アメリカでは14歳まで生きる子がたまにいますが、日本ではほとんどいないみたいだから。

 私も最初は2頭目を飼いたい...って思ってましたが、犬の一生に対して責任を持つということはそんなに簡単なことじゃないのです。病院の治療費だってバカになりません。お金の問題で治療をあきらめるなんてことは嫌なので今の自分の経済力を考えるとなかなか踏ん切りがつきません。祖母は「この人は犬を飼ってなかったらどれだけお金がたまっていたことか」とよく言います。妹にも「あんたの欲しがっているプリウスが2台は買えたよ」って
いいます。確かにその通り。生き物を責任を持って飼うっていうことは思った以上に大変なんだな。

 でもこのごろ思うんです。犬がいたころは「今日もエサ代稼ぐためにがんばるよ」って言ってたなって。
このごろそんな張り合いが全くないんです。残ったはんぱもののクッキーを喜んで食べてくれる存在がいないって
悲しい。スーパーに立ち寄るたびにランディ用にヨーグルトを買って帰ってたなぁ。妹は「ヨーグルトのお陰で
長生きしたのかも」って言ってます。

 ゴールデン飼いたいな。なんたって性格がものすごく良い。ゴールデンは外飼いの犬では有りません。人間のそばにいられることが何より幸せと思う犬。


 ランディは群馬県のブリーダーさんのところから来た犬だけど、またそこが素晴らしいチャンピオン犬をアメリカから輸入したらしい。やっぱりここの犬はかわいいんだよな~。でも当分は我慢だな。お金を貯めなくちゃ。

 
【2012/02/09 17:49 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨年グァムで買ってきたもの
 aikos-blog398assyuku.jpg

 昨年、弟の結婚式でグァムに出かけた際、買ってきた製菓道具たちです。
 この道具は金属のものが多くて重いのなんのって....。
 利用した航空会社が手荷物の重量にかなり厳しいところとあって、超過料金が怖くて、びくびくものでした。
 帰国する当日、ホテルの方にスーツケースの重さを量って欲しいとお願いしたところ、なんとかセーフでした。
 といっても、母や妹のスーツケースにちょっとずつ色んなものを紛れ込ませておきましたけど....。
 
 弟のフライトスクール仲間の方が現地でレンタカーを借りていたので「Kマート」まで連れて行ってくれました。
 この道具のいくつかはそこで買ったものです。日本ではなかなか手に入らない大きさの型があって、
 アメリカのレシピで焼く時には〇センチ×〇センチの型と書いてあるのですが、どうしても欲しかったのです。

 これらの焼き型を超過料金なしでもち帰ってくるためにスーツケースと機内持ち込み手荷物のリュックとに分けたりしたのですが、羽田の手荷物検査の時に金属製品ということで呼び止められました。で、中身を出せと言われて色々出したりしているうちになんと私が買ったお土産の袋を誰かが持ち去ってしまいました。これには本当に
びっくり。私は係りの人に呼び止められ、自分の荷物を受け取ることも許されない状況だったんですから。(普通なら手荷物全部を受け取らせてから調べるべきだろうと内心むっときました)

 私は秋田行きの搭乗口の近くにスタバが有るのを知っていたので、最後は妹と一緒にゆっくりアイスカフェラテでも飲もうと思っていたのに.....。5000~6000円分のお土産が入った袋が手荷物検査の間にだれかに持ち去られてしまったのですから冷静でなんかいられませんでした。それになんだかんだと調べられているうちに出発時間が
近づいていたんです。もう焦りまくりでした。

 私が手荷物検査の人に自分の荷物が一つだれかに持ち去られたと伝えました。そしたら搭乗券を貸してくれといわれ、機械で読み取ると、ちょうど同時期にここを通過した人の情報が出てきて....。なんと誰が持ち去ったのか
分かったのです。

 すぐにアナウンスで「〇〇へ出発予定の〇〇様、お荷物の事で至急お話があります」みたいなことを言ってました。それから数分して、若い女性が現れて....。同じ空港のお土産袋とはいえ、なぜ私のものまでお持ちになったのか理解に苦しみました。しかもその女性、私には一言も謝らず、係りの人に「すみません」って。なんだかすごく腹が立ちました。でもこんな女性のすみませんっていう言葉をまっていたら私が乗り遅れてしまうので、長い通路をひたすら走りました。田舎行きの便の搭乗口ってどうしてあんなに距離があるんだろう....。

 最後は優雅にスタバでも....なんてことは無理でした。
 間に合っただけでも奇跡みたいなものでした。

 妹に「あんたみたいに金属背負って帰ってくる人、普通いないでしょ」って呆れられたけど、
 でもやっぱり欲しかったんだよね、アメリカンベイクウェア。

 これらの貴重な焼き型、うちのなんちゃってパイ職人さんがなんとトレー代わりに愛用中。
 「トレー買ってあげようか?」っていっても「これでいいよ」って.....。

 私はそのベイクウェアがもったいなくて言っているんだけどねェ。
 

 この型をみてると羽田空港での苦い経験を思い出すのでした。
 
【2012/02/01 22:55 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
「スニッカードゥードゥル」
 スプレンダーでは本場アメリカのレシピで焼いたソフトクッキーを販売していますが、スニッカードゥードルは
以前から作りたいなと思っていたクッキーの一つです。だって、なんだか「???」っていうリアクションをしたくなるような名前じゃないですか?

 このクッキー、販売を始めてすぐに結構商品が動いています。。たぶんそれはこのクッキーの名前が変わっているからだと思います。チョコチャンククッキーやチョコチップクッキーは一般的でも「スニッカードゥードゥル」なんて聞きませんものね。


 aikos-blog397assyuku.jpg

 スニッカードゥードゥルは表面にシナモンシュガーをまぶして焼きます。同じシナモンを使っているオートミールクッキーとも全く違う食感と味です。シナモンシュガーの優しい風味とこれまたやさしい卵味を味わえる
クッキーです。まわりはかなりサクサクしていて真ん中はちょっとだけやわらかいです。

 aikos-blog396assyuku.jpg

 今日、大潟村の「道の駅おおがた」と潟上市の「食菜館くらら」に納品してきました。前回は少ししか焼かなかったので潟上市にしか出していませんでしたが、今日は道の駅おおがたにもたっぷり出してきました。見かけたら
手に取ってみて下さい。

 それから、今回画像はないのですが、(焼き終わったものを撮り忘れてしまったのです)、チョコチャンク
クッキーワシンエアーバージョンも作りました。何気取った名前をつけてんだ?と思われるでしょうが、
これはうちの弟のフライトライセンス取得記念として作ったクッキーなので、ずっと前からこの名前がついて
いるのです。ちなみに通常のチョコチャンククッキーと何が違うかというとくるみではなく「ペカンナッツ」を
使用しています。私は個人的にくるみよりぺカンの方が好きです。見た目もちょっとおしゃれに見えます。

 ついでに今日納品してきたものをお知らせします。

 アプリコットショートブレッドバー 250円
 ラズベリーショートブレッドバー  250円
 ブラウニー(ギラデリ)      290円
 オレンジシフォン         150円
 クリームチーズシフォン      180円
 生クリームスコーン        180円
 ジャムサンドスコーン       180円
 ポルボロン            180円
 スニッカードゥードゥル      180円
 チョコチャンククッキー(ワシンエアーバージョン)180円
 紅玉りんごのパイ                260円(道の駅おおがたでは250円)

 この他に道の駅おおがた、食菜館くらら共にショートブレッドの在庫が有りました。

 潟上市の食菜館くららにはチョコチャンククッキー(通常タイプ)と
 ペカンサンディの在庫が有りました。

 オートミールクッキーは道の駅おおがた、食菜館くらら共に欠品中です。

 お出かけの際の参考にしていただければ幸いです。
 
 ブログ上の過去の記事の中で紹介されているお菓子でも今は作っていないものがかなりありますので
 ご了承ください。

 また現在、製造、納品でなかなか申告準備がすすんでいません。
 
 大変失礼とは思いながらもやむを得ず、ここ数日でまとまった量の仕事を含めて
 数件、おことわりしています。

 自分の処理能力の低さを痛感しています。

 本当に申し訳ございません。また通常モードに戻りましたら少しずつ注文にも対応していきたいと思います。
 
 よろしくお願いします。

 
【2012/02/01 21:25 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad