お知らせが遅くなってすみませんが.....
 お知らせが遅くなってすみません。

 実は11/17(水)~11/20(日)まで臨時休業させていただくことにしました。
 それも急なお休みでご迷惑をお掛けしております。
 スプレンダーが休みの張り紙を出すとかえって注目をあびてしまうので複雑ですが(苦笑)

 今回はみんなで協力しないと出来ないことがあって、お店をやっているとどうしても時間的余裕がないので
 みんなで休みを取ってやろうということになりました。(遊んでるわけでは有りません)

 今日も朝から夜まで忙しくしていました。相当疲れました。
 
 あっ、そういえば、初めて自分のパソコンとプリンターを買いました。予備知識もつけずに
 いきなりお店に行って買ってしまいました。(どうせ何をかっても大した違いはないんですけどね....
だってパソコンなんて素人同然なんですから)ちなみにメーカーだけは漠然とNECが良いと思ってました。
 ノートにするかデスクトップにするかもちょっとだけ考えましたが、そんなにまめに持ち運ぶということも
 考えられないのでとりあえずデスクトップにしました。

 でもまだセットアップしてません。
 妹に『やってよ』って頼んだら『それくらい自分で出来ないでどうするの!!』って拒否されました。
 『説明書みれば誰でもわかる』って。はぁ~、出来るかな私に。

 紅玉の第二便もきたのに、明日はまた朝から今日と同じ仕事で忙しくなるのです。
 なんとかその仕事も期日までに終えなければいけないし.....。

 ブログもこの辺にしておきます。

 とりあえず、臨時休業のお知らせでした。
スポンサーサイト
【2010/11/17 21:11 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
マイケルも19歳になりました
aikos-blog373assyuku.jpg

 手元にある画像がなぜか後ろ向きのこの一枚。

 11/7にシャム猫とダ猫のハーフ(MIXというのが正しい言い方ですけど)の兄弟猫を拾ってはや19年がたちました。ピーターは昨年の12月に悪性腫瘍の為、亡くなりましたが、残ったマイケルは今も元気にしています。ピーターが通院を始めたころは「この子は18歳にみえない」って獣医さん達に驚かれました。病気でどんどん毛づやが
悪くなってやせ細ってしまってあっというまに老けてしまいましたが、今、もう片方の元気なマイケルをみせたらどんなに驚かれるだろうかと思います。

 昨年亡くなったゴールデンレトリバーのランディも14歳まで生きましたが、14歳とは思えない様な美しい姿
でした。老犬とは思えない様なキラキラしたコートで冷たくなった体に触れても死んだことが信じられなかった
位です。

 マイケルは少々ぼけ始めたのか夜中に「あおんあおん」と大声を出したりしていますが、それ以外は
まだまだ元気です。昔、知人に『猫は上手に飼えば13年位は生きるよ~』と言われ、本気で13年までカウント
ダウンした経験があるのですが、それをあっというまに過ぎて19年です。

 ただ、このマイケルを失う日がきたら、みんな相当なショックを受けるだろうな~と怖くてなりません。
 
 先日、お客様の一人が店内に貼っている亡きランディの写真を見て「うちもゴールデン飼ってたんです」って
 お声をかけて下さいました。ガンが転移して本当に可哀相だった。立ち直れなかったと話して下さいました。
 ゴールデンって体も大きいし、甘えん坊でスキンシップも激しい生き物だから余計、存在感が大きくて、つらかったのだと思います。私もランディも亡くした当初はかなりつらかったです。



aikos-blog347assyuku.jpg

 後ろ向きの画像ではあんまりなので、過去の画像を引っ張ってきました。
 
 スポイトでミルクを飲ませ、排泄もうながしてやって育てた猫なので特別な存在です。

 一日でも長く生きて欲しいです。

 マイケル19歳の誕生日(正確に言うと拾った日)おめでとう!!
 
 
【2010/11/09 12:29 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
紅玉を熱く語る(3)
 以前、『今度こういうお菓子を売りたい』って書いたきり、一度も姿を現さないお菓子を紹介します(笑)
 このお菓子のことを書いてからすぐに大潟村のTさんから「お店に出したら連絡を下さい」って
 電話番号のメモまで渡していただいたのに....本当にすみません。Tさんの事、忘れたわけではないんです。
 あれから何度も私と妹の間でTさんの件の話になっています。Tさん、この記事をみていらっしゃいますか?
 本当にごめんなさい。

 で、こりずに試作だけやっています。

 aikos-blog369assyuku.jpg

 形が悪いとか、ちゃんと膨らみ過ぎないようにはしっこを押さえろと!とか言わないでくださいね。
 私は別に形を良くつくろうなんてことはこれっぽっちも考えていないんです。
 むしろ、ぷう~っと膨らみたい形に膨らんだほうが可愛いと考えているんです。
 マフィンとか焼き菓子って、自由な形に焼きあがった方が見た目に味があるというか...手作り菓子の
 あったかさがあると思うんです。それが汚いとか見た目が悪いとか感じる方には私の作るお菓子は
 受け入れられないだろうと思います。

 aikos-blog370assyuku.jpg

 上の画像は『大潟ラズベリーのミルフィーユ』

 甘酸っぱいラズベリージャムが甘さを抑えた生クリームと合います。(勝手に私はそう思っています)

 aikos-blog371assyuku.jpg


 で、上の画像が『紅玉りんごのミルフィーユ』

 紅玉りんごのプレザーブをたっぷりいれてみました。
 甘酸っぱい紅玉りんごがこれまたいい感じ。

 家族で味見して「美味しいねェ~」と。
 
 これかなりいけると思うんですけど、生クリームなんて挟んだらいつまでパイがもつか分からないという
 欠点が。
 
 加工をはじめた頃に一時期潟の店で売ってたよな~。(自分でも記憶があいまい)
 それも冬をいいことに普通に売ってたような。

 これをお気に入りのお客様もいたんだよな~。
 
 大潟ラズベリーもかなり手元にあるし、なんとか売りたいな~。

 このごろスプレンダーの冷蔵ショーケース内がかなり寂しいので
 新たな商品を加えたいと考えているのです。

 また以前の様に計画倒れに終わらなければいいのだけれど......。
 
【2010/11/09 11:51 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
紅玉を熱く語る(2)
 aikos-blog375assyuku.jpg

 上の画像は大鍋に入れた紅玉りんごです。(ちなみに火をつけたばかりの時に撮影したのでまだ煮たっていません)紅玉の皮を別に煮て、抽出したものを混ぜているので真っ赤です。これくらい濃い色がでるということは
かなり真っ赤な紅玉だったということです。

 aikos-blog374assyuku.jpg

 上の画像はどちらも『紅玉りんご』のコンポートを撮影したものです。
 通常は右のりんごの様に皮から色を抽出して混ぜるのですが、皮がたりなくなってしまって、仕方なく
 皮なしで煮てみることにしたのです。(皮も通常は均等に分けて煮るのですが、芯と皮の分け方が適当だった
 ので色のでる皮の部分が足りなくなってしまったのです)

 でもこれが私はおおいに気に入ってしまいました。
 本当にまっ黄色できれいなんです。
 紅玉=赤い、ピンク色....という感覚に慣れていたので目にまぶしいのなんのって.....。
 味はもちろん、酸味が効いていて美味しい紅玉です。

 そうそう、今ちょうど昨日手に入れた紅玉をあらたに加工しはじめました。
 知人のつてで新たに木箱で4箱ほどおさえたのですが、とりあえず2箱配達してくれたのです。
 残りは専用の冷蔵庫で保管してくれているそうです。
 紅玉は傷みやすいので冷蔵庫(冷蔵室)での保管が絶対条件のようです。
 (それ以上長く保存するものはガスで保存することになります)
 ガスで保存するものは大きな倉庫に一度に入れて春3~4月まで一度も開けることなく保存されます。
 倉庫を空けたときにガス抜きが不十分だと作業に入った人間が命を落としてしまうこともあります。
 (私はずっと前にそういった事故のニュースを見たことがあります)
 昨年、ガス保存の紅玉もお願いしていたのですが、行き違いがあり、一箱しか手に入りませんでした。
 今年はそういったことを回避したいので手に入るときに一気に煮てしまおうかと考えています。

 でもそろそろフリーザーが一杯になってきてしまいました。
 整理しなおせばもうちょっと入るかも.....。
 もっともっと大好きな紅玉を加工していたい私です。

 ※ 今スプレンダーに来店されると紅玉の加工風景が見られます(笑)
 『いいにおいがする~』ってほとんどのお客様がお声をかけてくださいます。
 紅玉独特の芳香をかぎたい方はぜひご来店下さいませ(笑)

 
【2010/11/09 11:29 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
紅玉を熱く語る(1)
 スプレンダーでは毎年青森のりんご農家さんから紅玉を分けていただいてます。
 そのりんご農家さんのところでは紅玉の木はもう数本しか残っておらず、収穫した紅玉の大部分が行き先が
 決まっているとの事でした。スプレンダーでは今年、いつもより数ケース多く譲ってもらうことが出来ました。
 (本当はもっともっと欲しかったのですが、ちょっとした時間差で別のお菓子屋さんから5ケース程注文が
 入ってしまったと言われました。

 今年は上記の紅玉を早々と加工し(自分では急いだつもりです)、自ら青森県弘前市まで足を運び、追加の
 紅玉も手に入れ、それもまたあっというまに加工してしまいました。フリーザーの中はもう紅玉でいっぱい
 です。

 スプレンダーではこれからアップルパイなどに力をいれていきたいと考えています。
 『パイは別に紅玉でなくてもいいんじゃない?』っていう方もいらっしゃいます。でも紅玉独特の酸味と
 芳香(これが重要なような気がします)がなければなんだかピンぼけしてしまうような気がするのです。
 紅玉は一玉がとても小さいし他の品種に比べて割高ですが、希少性もあるし、なにより私の中では
 神々しい(言い過ぎかな?)存在なのです。

 『紅玉りんごのパイ』は現在スプレンダーの実店舗を中心に販売しているのですが、とても評判がいいです。
 一度購入されたお客様は再度来店された時にリピートされる確立がかなり高いです。
 お店に出していない場合も『あれ無いの?』ってお声がかかります。だからこれに力をいれていきたいと考えてい
 います。

 産直センター潟の店には最近2~3回だけ出したのですが、お店の方から『お客様から次いつ出すのかと問い
 あわせが結構あるんですよ」と言われました。でも正直、手数料の関係もあり、実店舗以外では
 苦しいというのがあります。もうちょっとサイズを変えるとか価格設定をかえるとか対応するべきかも
 知れません。

 aikos-blog372assyuku.jpg

 先日、お客様のKさんから頂いた紅玉をコンポートに加工させていただきました。今年加工した紅玉の中で
 一番色が濃くて香りも強かったです。上記の画像はコンポートを作った際にちょっとだけとけた部分をよせ
 集めてプレザーブに再加工したものです。(ジャムよりりんごの固形分が多く粘度が高いのでプレザーブと
 呼ばせて頂きます)上の画像の色の濃いほうがKさんから頂いた紅玉です。画像では分かりにくいかも
 知れませんが結構な色の差があるんですよ。

 日曜日にKさんがお母様と再度ご来店くださった時にお渡ししたのがKさんがくれた紅玉で作った
 プレザーブです。

 このプレザーブを使ったお菓子を販売したいな~と考えています。
 詳しくは『紅玉を熱く語る(2)」でどうぞ。

 
【2010/11/09 09:53 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
Kさんからの贈り物
aikos-blog367assyuku.jpg

 10/30に何度かお手紙のやりとりをしていたお客様がスプレンダーの実店舗まで足を運んで下さいました。私はちょうど産直センターに納品に出掛けようとして車にものを運んだりしていたのですが、妹が「Kさんがきてくれたんだよ~」と呼びにきたのでお店のカウンターの方に出ていきました。

 Kさんはとっても明るい方で、私たちはすぐに打ち解けておしゃべりに夢中になってしまいました。この日はひょんなことからとあるところにあるオービス(速度取締り装置)の話になり、おおいに盛り上がってしまい潟の店への納品が軽く30分は遅くなってしまいました(笑)その日、前日に紅玉をもとめて青森まで出掛けたことをKさんに話して、青森の話でも盛り上がりました。Kさんは秋田の方なんですが、青森まで近いこともあり、青森の
道の駅の事もよくご存知でした。道の駅○○の~ソフトは美味しいですよ~」とか「道の駅○○はこんな施設で~」とか色々と教えてくれました。納品さえなかったらもっともっとおしゃべりしていたかった位です。

 今日、そのKさんから宅急便の荷物が届きました。
 私宛の荷物だったので何だろうとあわててあけて見ると上の画像の通り、たくさんの紅玉が顔を出しました。
 お手紙も一緒に入っていて、私の『紅玉』に対する熱い想いが分かったから....と書かれていました。
 一菓子屋の私にこんなに気を遣って下さるなんて....嬉しくて嬉しくて。本当にじ~んときてしまいました。
 
Kさん、りんごのお礼は必ずさせていただきますからね!
もうちょっとまっていて下さいね。

 あっ、ついでにKさんに報告です。
 11/1(日)は朝8時に自宅を出て弘前に向かいました。
 道の駅碇ヶ関に立ち寄った後、道の駅ひろさき(サンフェスタ石川)に行き、その後、道の駅浪岡まで
 足をのばしました。道の駅浪岡(アップルヒル)は残念ながらお目当ての紅玉(化粧箱入りの紅玉は2箱有りましたけど)は無くてガッカリでした。でも今までこんなに日本を北上したことはなくて、なんだかいい経験が出来ました。

 弘前市内にはりんごを貯蔵する建物が沢山あって、秋田にはない不思議な感じを受けました。道路にりんごが転がっていて、「きっと輸送中に転がり落ちたんだろうな~」って想像したりしました。市内にはりんごの木箱を積んだトラックが走っていたり、道の横に大きなりんごの市場があったりしてりんごのが身近な存在なんだな~って思いました。

 紅玉りんごの生産量って全体のわずか1%なんだそうです。
 昔は沢山の紅玉の木があったみたいですが、切り倒してしまったところが多いみたいです。
 私が毎年10ケース程予約をしているりんご農家さんのところでも、紅玉の木は本当にわずかで、収穫した紅玉も行き先が殆ど決まっているという感じです。そんな激戦区の中、スプレンダーに紅玉を分けてくださっている事に本当に感謝しています。

 この貴重な紅玉、一年を通して大切に大切に使っていきたいです。
 (加工は今の時期に全て済ませてしまいます)
【2010/11/01 21:46 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad