税理士さんからのアドバイス
 今日はいつもお世話になっている税理士さんがお店に立ち寄ってくれました。
 もうすぐ申告の書類を作り上げなければいけないのですが、書類の管理のいいかげんな私の事ですから、
 「あれどこやったっけ」「あれ?○月分の領収書がな~い」....万事この調子です。

 妹は意外と几帳面ですが、私は本当にいい加減です。
 以前ALTとして大潟村に来ていたアメリカ、ラスベガスの青年ウィルから車を買った時、色んなものが
 車の後部座席などに転がっていましたが、よく考えてみると私の車も似たようなものでした(苦笑)
 妹からは「ほんとあんたの車の中ってウィルのと大差ないよ」って言われています。

 こんな私ですが、店舗を持ってからの申告は今年が初めてです。
 「あの~、お店の場合はどうすればいいんですか?」って今頃恐る恐る聞いたりして.....。
 毎日の売り上げをパソコンにひとつずつ入力しなければいけないと知ってびっくり。
 せいぜいレジから一ヶ月の売り上げを計算して打ち込むぐらいでいいと思ってました。
 知らないって怖いことです。
 幸い、この入力に必要なレシートはきちんと妹がまとめて
 
 いてくれたので助かりました。

 で、税理士さんに「この店はどう見ても利益が出ているとは思えない」と伝えると「そんなに早く成果を出そうと
 しても無理ですよ」って笑われました。でも「いつかは成功してやる!」っていう強い意思を持ってやらないと
 駄目って言われました。

 それから、宣伝のことも。
 ただ宣伝をやるとかやらないとかという事ではなくて、どのようにやるかということが大事っていう事。
 やっぱり色々な会社を見てきたプロは違います。
 本当にためになるお話をたくさん聞くことが出来ました。

 この申告の時期によく思うのですが、商品の数が多いほど、包装資材も扱う原材料も多くなり、
 また、一般のスーパーなどで仕入れてしまうとその書類も膨大な量になります。

 業務用食品の商社さんからなるべく仕入れるようにしてくださいって言われるのはこの為です。
 
 今年も山の様なレシートをデータとしてうちこまなければいけません。

 次こそは....次こそは....と思いながらもやっぱりきっと今年もレシートがたまっていくんだろうな~。

 税理士さんは「申告の仕方も一年一年改善されていけばいいんですよ」とおっしゃってました。

 私もちょっとずつ賢くならないと.....と思いました。
 
スポンサーサイト
【2010/01/30 22:29 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
スプレンダーについて
 私たちは自分達で言うのもなんですが、宣伝が下手です。
 スプレンダーは大潟村の現役農家が始めた食品加工所です。
 道の駅おおがた(産直センター潟の店)でのお菓子やおにぎり、おこわ等の販売を開始してから
 まる5年がたちました。

 最初は実家横にプレハブの加工所をたててスタートしましたが、菓子製造所の床の傷みが激しいことや
 製造所の許可を取るギリギリの広さで作ったことわざわいして充分な動線が確保できないということで
 移設することにしました。

 もちろん、それだけの事で商店街の中古物件を買ったわけでは有りません。
 お金持ちでも有りませんし(笑)
 最初は加工所を移設するというのがメインだったので店舗のことはあまり考えていませんでした。
 農家が始めただけの加工所なのに店舗を構えるなんて恐れ多い事だと思いました。

 ただ、周りから「おしゃべりするところが欲しい」「コーヒーは飲めないの?」という要望が多くて
 調子に乗りやすい私たちは、スプレンダーの移設先を

 イートインコーナー併設の菓子工房にすることに
 したのです。

でもこれがお客様に大きな誤解を与えてしまったようです。

 いつのまにかスプレンダーはカフェと誤解されるようになりました。

 私たちの中ではお買い上げいただいたものを自由にその場で召し上がっていただいて
 気兼ねなくおしゃべりをして楽しい時間をすごしていただけたらな~と思っていました。

 スプレンダーでお会計が最初なのは、イートインコーナーだからです。
 
 そして奥でお菓子の製造をしていると手がはなせないことがあり、最初にお会計を済ませていただければ、
 気兼ねなくお好きな時にお席を立って頂けると考えたからです。

 全て私たちなりに考えての事なのですが、なにせ飲食業のことはずぶの素人の田舎者ですから
 その考えがちょっとズレていたりします。

 あと、接客も気の利いた一言が言えないかも知れません。
 (私たちはちょっと恥ずかしがりやです)でも

 ご質問頂ければ、原材料の事、お菓子のこと、喜んでご説明させていただきます。

 「私もお菓子を作るんですが、業務用の○○ちょっと分けてもらえませんか?」とか
 「○○のチョコレートってどんなものですか?」って話しかけて頂けたらきっと熱く語りだしてしまうと思います。
 
 素人が始めたお店だからこそ、気軽に話しかけていただけるようなお店にしていきたいです。

 至らないところが多々ある私たちですが、どうぞ宜しくお願いします。
【2010/01/29 07:51 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
おからクッキー復活
aikos-blog332assyuku.jpg

 国産おからパウダーで作ったサクサクの「おからクッキー」です。いつもアメリカンレシピのチュウイーで
あま~いクッキーを焼いているので、こういう甘みあっさりのクッキーを焼くと「あれ?甘さ足りなくない?」って
心配になります(笑)

 このおからクッキーは小麦粉とおからの割合が50対50です。これ以上おからをふやすときっともそもそしすぎて
食味が悪くなるのではないかと思います。以前作っていたときはもう少しグルテンの少ない粉を使っていたのですが
手元に同じものが無かったので他の銘柄の粉で作りました。もう少し軽さを出すならやっぱり粉のグルテンを減らした
方がよいかも知れません。

 おからは水分をすって膨張するのでこのクッキーは通常の小麦粉だけのクッキーより腹持ちが良いはずです。
 甘さ控えめで食物繊維豊富なクッキーです。

 価格は80gで250円です。
 一袋に プレーン、黒ゴマ、抹茶、紅茶(アールグレイ)の4種類のフレーバーが入っています)


 ただ今、お店にちょっとだけ並べていますのでぜひご来店下さいませ。
【2010/01/26 12:14 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりのシフォンケーキ
aikos-blog328assyuku.jpg

aikos-blog329assyuku.jpg

 久しぶりにシフォンケーキを焼いています。この頃、お電話でシフォンケーキのお問い合わせを頂くことが多くて
時間が有るときは頑張って焼かなきゃ....って思っています。

aikos-blog330assyuku.jpg



上の画像は「ラムレーズン&くるみシフォン」

 aikos-blog331assyuku.jpg

 そして「オレンジシフォン」

 このシフォン、「美味しかった」の声が一番多いんですよ。
 オレンジシフォンはオレンジジュースだけで作るタイプのレシピもあるようですが、オレンジジュース+
 オレンジピールで作ると味が一段と良くなります。当方がこのシフォンをカット、包装している時から
 なんともいえない良い香りがするんですよ。このシフォンは定番中の定番なので、シフォンを焼き始めると
 必ず店頭に並ぶようになります。見かけたらぜひ一度お試し下さい。自信をもっておすすめ致します。

 あっ、今日はクリームチーズの画像も載せるつもりだったんですが、データをうつしわすれていたようです。
 (お店のパソコンで処理してCDに焼いて実家に持ち帰り、実家のパソコンで記事を書いています)



 シフォンケーキってとっても繊細なお菓子だから、卵白のあわ立て具合で出来が全く変わってしまいます。
 ずっと作っていなかったので「あれ?どんなだったっけ」って悩みながら作りました。気圧が高い時は一度に
6個焼いても結構質の良いものが焼けるような気がするのですが、今日は3個ずつ焼きました。第一、今の時期は
そんなにたくさん焼いてもお客様が少ないですから.....。

 今日はお店がお休みの日なので商品は全て「道の駅おおがた」に納品してきました。
 今日は3種類焼きましたが、生地の出来は良い方だったと思います。

 生地の出来でシフォンの味は決まると思います。
 見た目がくた~っとした生地はたいてい口に入れるとべちゃっとして、ためしに生地を押してみると
 弾力がなく元に戻りません。こういうシフォンは美味しくないです。シフォンを焼いたことがある方なら
 きっと「そう、そう」ってうなづいていただけると思います。

 私も毎回うまく焼けるというわけではありません。
 
 焼き面が穏やかで、弾力があり、ふんわり、しっとりとしたシフォンを目指して頑張ってます。
 一人で焼いてますので数は焼けませんが、見つけたらぜひ手にとってみて下さい。






 
続きを読む
【2010/01/26 11:49 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
松野どうぶつ病院様からいただきました。
aikos-blog327assyuku.jpg

 ↑秋田市山王の松野どうぶつ病院様からピーター宛に頂いたお花です。



 昨年の12月19日の晩から20日の間に虹の橋を渡った猫のピーター。
 もう長い間お世話になっている病院から素敵なお花をいただきました。(お花は昨年末に頂きました)
 「頑張ったピーターちゃんをほめてあげてくださいね」と院長先生がお電話をくれました。

 ピーターの死で気持ちの沈んでいた家族がこの花のお陰でちょっとだけ元気を取り戻せました。

 我が家にはピーターの同胎猫のマイケルがいるのでこれからもこの病院のお世話になることと思います。


 お花、有難うございました。
 ピーターを診てくださった獣医さん達、本当にありがとうございました。
 この場を借りてお礼をのべさせていただきます。

 
【2010/01/26 11:16 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
あこがれのイーストリートベーグルズが閉店してしまいました
 大好きなお店がまた閉店してしまいました。
 それも一店舗や二店舗じゃありません。
 理由はいったい何なんでしょう。
 
 今日は「イーストリートベーグルズ」の完全閉店の事実を知って本当にショックでした。
 ちょっと前から楽天市場のサイトを閉めていて、改装中?の様な表示でした。
 でも通販を中心にやっているお店が長期間サイトを閉じているのはおかしいな~と感じていました。

 ここのスコーンやマフィン、そして何よりバナナブレッドは絶品でした。
 いつの頃からか、ベーグルよりもマフィンやスコーンに力を入れているような雰囲気でした。
 
 価格はめちゃくちゃ高かったけれど、それでもパッケージデザインや商品の完成度は高かったです。

 スプレンダーはアメリカンスイーツに力を入れているのですが、ここは私の目標でした。
 アメリカンなお菓子が大好きな人はきっとここのサイトを見て私と同じように
 うっとりしていたことでしょう。

 1個250円のスコーンや1個350円のマフィンを売っても利益を得るのは難しいのかな.....。
 買う側から見ると「高いっ!!」の一言ですんでしまうのだけれど、自分もお菓子を作って売っている身なので
 よく分かるんです。

 手数料やら何やらで利益ってはたから見るほど上がっていないんですよね。
 良い材料を使えば使うほど、利益率は下がってしまうし。



  私は「高級菓子だね」ってお客さんから言われるたびに内心ちょっと落ち込んでしまう。
 もっと価格を下げたいという気持ちはあるけれど、原材料はどんどん値上がりし、いっこうに下がらない。
 はっきりいって人件費なんて一人分も出すことが出来ない。
 「普通の会社だったらとっくに潰れているね」が私と妹の口癖。スプレンダーは父がやっている会社の
 一部門でして、私は父から給料を貰っているのです。(それが普通の会社じゃないという意味なんです)



 
 イーストリートベーグルズは楽天市場でも大人気だったはず。
 それでも採算をとることは難しかったのかな?

 
 スプレンダーにいらっしゃったお客さんから「イーストリートみたいなお菓子を作って下さいね」って
 言われたことがあるんですが、私もそれをめざしてやってきました。
 今、その大切な存在がなくなって悲しいです。

 ベーグルを扱っている有名店といわれているところが次々と閉店していて、一体どうしたんだろうと
 首をかしげています。

 あの「ふじもと」も大森店を閉めてしまったようです。
 ふじもとが輸入してた「カナディアンベーグル」も入ってこなくなったと思うと本当にがっかりです。
 
 
 私の中ではアメリカンスイーツ=イーストリートベーグルズでした。

 またいつか、どこかでここのスタッフが新しいお店を出してくれることを願っています。
 
【2010/01/19 19:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad