このごろ思うこと
 スプレンダーは火曜と金曜が定休日になっているのですが、完全な休みではなくて、クッキーなどの
仕込みをやったり、道の駅おおがたへ納品するお菓子を焼いたりしています。でも、最近は実家で飼っている18歳になったばかりの猫の通院日でもあります。

 ピーちゃんという猫は今年の初めからみるみるやせ始め、気づいた時にはかなりの脱水症状をおこしていました。私が飼っていたゴールデンレトリバーが5月に亡くなってからも、悲しんでばかりはいられず、ピーちゃんの通院に出かけなければいけませんでした。

 ピーちゃんは10月頃まで週一回の皮下補液を行っていましたが、症状がすすみ週二回行わなければいけなくなってしまいました。10月の始めに血液検査をしたら肝臓の数値がひどくなっていて入院
となり、私の仕事も忙しかったので20日間以上、秋田市内の病院にお世話になりました。

 肝臓の数値は入院半ばの頃に再度調べてもらっても良くならず、信じられないことに「ピーターちゃんは糖尿病になってインスリンを注射しています」と電話を貰うことになったのです。

 「えっ?ピーちゃんが糖尿病なんですか?」副院長からの電話にわが耳を疑いました。
 「今まで一度もそんなことを言われたことは有りませんよ」って言い返してました。

 ピーちゃんは肝臓だか腎臓のあたりに腫瘍があるらしいのですが、高齢の為に麻酔がかけられず、手術が出来ません。でもその腫瘍は確実に大きくなってきていて、ピーちゃんが必要な栄養まで
吸い取っています。そのため、体はかわいそうなくらい、ガリガリです。そして肝臓の炎症を抑えるためのステロイド剤の副作用ですい臓の働きが落ちて、インスリンが不足しているというのです。ピーちゃんが退院するためには飼い主がピーちゃんにインスリン注射を出来るというのが条件でした。そして
飼い主さんには何度も練習に通ってもらうということでした。お菓子の仕込みをしなければいけないけれど、注射の練習もしないとピーちゃんは退院できない......もうほんとうに大変でした。初めての練習の時、注射器を渡され、ビンから薬を正確に測って吸い上げられるかというのをやらされました。量を間違えると命を奪ってしまう危険性さえあるのです。もちろん、最初は生理食塩水での練習でした。
私は必死で練習して2回目に通ったときにピーちゃんに生理食塩水を入れた注射器で実際に打つという練習までこぎつけました。そして、三回目の時、今度はインスリンのにおいをかがされ、覚えるようにといわれました。そしてざっとおさらいをした後、はじめてピーちゃんに本物のインスリンを注射させられました。

 もともと食が細くて偏食のピーちゃんは糖コントロールという療法食を強制的に大きな注射器のようなものでのどに押し込まれて食事をとっています。かわいそうで、かわいそうで......。でも一定の食事を与えた上でないとインスリンを打つことが出来ません。まだ低血糖の症状はみたことがありませんが、薬が効きすぎたり、量を間違えると震えだしたり、起き上がれずぐったりとなったりするらしいです。

 妹は「ピーちゃんに好きなものを食べさせてあげたい」といいます。私も、今のような強制的に食べ物をねじ込む食事ってどうなんだろう?って感じています。食べたいものを食べられず、食事は苦しむためのもので....それで死んでいくって嫌だなと思います。食事療法で1年とか生きられるならまだしも、どうみても長くはもちそうもないのに。

 ピーちゃんはもうガリガリで長く立っていることも出来ないのに、兄弟猫のマイケルは18歳とは思えないほど見事な毛づやと体格でストーブの前に転がっています。

 ピーちゃんにもこんな平穏な日々があったんだよな~としみじみ感じてしまいます。

 明日は妹が一人で通院してくれるというので私はお菓子の仕込みを頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
【2009/11/26 22:35 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
チョコレートチャンククッキーが美味しい季節になりました!
aikos-blog315assyuku.jpg




 スプレンダーではアメリカのレシピに基づいて焼いているお菓子がありますが、これは私自身が
とっても気に入っているお菓子です。

 上の画像は「チョコレートチャンククッキー」のワシンエアーバージョンです(笑)弟が数ヶ月学んでいた
ハワイのフライトスクールの名前をつけているんです。もちろん、勝手にフライトスクールの名前をつけるわけにはいかないので略したものをつけてますが。これは弟のフライトライセンス取得記念に作った
ペカンナッツが上にのっているタイプのチョコレートチャンククッキーです。くるみも通常の量が入っているのでペカンナッツは完全にサービスです(笑)ペカンナッツは日本では余りなじみがありませんが、
くるみよりクセがなくてとっても美味しいです。それに茶色くて長細い形がチョコ系のクッキーに良く
合うような気がします。

 濃厚でチュウイー(くちゃっとした)なクッキーです。アメリカではサクサクしたタイプよりも
チュウイーなものの方が人気があるような気がしますが、そう思うのは私だけでしょうか?


 aikos-blog319assyuku.jpg


 最近は上の画像のようなお菓子を作っています。洋菓子は私が独りで作っているのでクッキー類を
沢山作った日にはシフォンケーキに手が回らないといった状態になってしまいます。また、今の時期は「紅玉りんごのケーキ」を中心に焼いているのでやっぱりシフォンまで手が回らなくなってしまいます。「シフォンは出ないの?」って問い合わせを頂くのですが、時間が足りず、すべてのご要望にお答えすることが出来ません。せっかく遠くからお越しいただいたのにお目当てのお菓子がなかったとがっかりしてお帰りになるお客様もいらっしゃって.....本当に申し訳ございません。

 あっ、忘れていました、ブラウニーの事。
 サンフランシスコの老舗チョコレートショップ「ジラデリ」のチョコを使ったちょっぴりビターな
アメリカンブラウニーもジワジワと人気が出てきました。

 ジラデリのチョコはカカオ分が多いし、ちょっと酸味があるので受け入れられるか心配だったのですが、反応が思いのほか良くて驚いています。「甘いチョコで作ったらくどくなりすぎるでしょ?ビターな
位がちょうどいいんだよ」と妹。たしかにそうかも。


 ブラウニーって、ガトーショコラと同じで作ってすぐに食べるよりも半日~一日たったものの方が
生地がぐ~っとしまって美味しいんですよね。そして、作ったすぐよりもカットしないでちょっと寝かせて
置くほうが味にコクがでるんですよね。ホントに不思議だけど。

 ブラウニーもこれからどんどん焼いていくのでぜひ一度お試し下さい。

 あっ、ブラウニーがどうしてあんなに大きいかというと、天板一枚を16にカットするのが一番やりやすいんです。あれをあと一列多くカットしたりすると大きさが小さくなりすぎてしまうし......。ブラウニーがあんまりちいさいのもいやだな~って思います。アメリカのお菓子なんだから大きい方がらしくていいや!って思うんです。食いしん坊さんはぺロリでしょうが、小食な方はぜひカットして皆さんで分けて
召し上がってください。3等分くらいにスティック状にカットしてコーヒーのお供に召し上がられても
美味しいですよ。

 この「アメリカンブラウニー(大)」の他に「ねっちりタイプのブラウニー」も作っています。たまにしかつくりませんけど(笑)こちらはチョコを使わずにココアでつくるタイプで、少し甘めの味です。なかなか2種類がそろうことはないと思いますが、食べ比べるのも楽しいかも知れませんね。
【2009/11/05 17:57 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
今だけの味、フレッシュな紅玉りんごのケーキ!大好評です!
aikos-blog317assyuku.jpg
 ただ今、スプレンダーではこの「紅玉りんごのケーキ」を中心に焼いています。このケーキを作り始めてからまだ余り日がたっていませんが、お買い上げ下さったお客様が「美味しかった」とリピ買いして
くれています。道の駅おおがたには結構まとまった量を出荷していますが、お陰さまで売れ行きも好調です。

 このケーキ、一見どっしり、つまった感じなのですが、口に入れるとしっとりふんわりしています。とても丁寧に生地のきめを整えてから焼いているので口どけがとてもいいのです。紅玉のあまずっぱさと
独自の香りが魅力のケーキです。りんごの歯ごたえからいうと「ふじ」みたいなものの方がシャリシャリして美味しいかも知れませんが、この独自の芳香と甘酸っぱさは紅玉にはかないません。紅玉が出回るのはほんの短い期間なので、まさに今だけの味です。



aikos-blog316assyuku.jpg

 今まではパック容器に入れて販売していましたが今年はOPPフィルムで一つ一つ丁寧に包んで
販売しています。包装の仕方は自己流です。だからあっという間に包んでしまいます。(これでも包む手順はしっかり決まっているんです)最初はもっとモチャモチャしていたんですが、数をこなすうちに
「こっちの方がスッキリして見えるかも」って改良をかさねてみました。当分はこのままでいこうかな。とにかく我流はとっても楽チンです。
【2009/11/05 17:18 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ちょっと前の事ですが...... 三沢航空祭のおみやげ
aikos-blog320assyuku.jpg

 今年も弟は青森県の三沢基地で行われた航空際に出かけたようです。私も弟にさそわれて過去に
2度出かけたことがあります。

 過去2度とも天気が悪くて飛行展示が中止されたりして、がっかりな結果でした。私が行かない時に限って飛ぶのでなんだか自分の運の悪さを痛感させられます。(ブルーインパルスと今は亡きロック
岩崎さんの飛行展示だけは見られた記憶があります)

 ここ数年は加工を休んでまではいけないか~ってことで我慢してます。
 弟は自身も飛行機野郎で単発機、双発機のフライトライセンスを持っているので「セスナ」と言われるようなタイプも操縦します。これから冬になるとハワイとかアメリカ本土に飛びに行くかも知れません。
自由気ままに生きている弟がホントにうらやましいです。
 
 あっ、画像のお菓子は基地で毎年売っているマフィンやクッキーです。Otisのクッキーは特に美味しいです。もちろん極甘ですけど(笑)

 三沢基地の中にはバーガーキングもあって、もの凄く大きなハンバーガーを沢山買って帰ってきました。弟はバーガーキングで売っているアップルパイ等も沢山買いだめしてきていました。こういうパイなどは冷凍庫で凍らして一年をかけて少しずつ食べていくんですよ。たまには1個位ちょうだいよ~って思いますが、大切にしまってあるのでなかなか貰うことはできません(笑)

 これらのマフィンはアメリカのメーカー品ですが、やっぱり日本のものとは味付けが違います。極甘だけどたまに食べると結構美味しいです。

 私はアメリカのお菓子のパッケージの色使いなんかをみるのがとても好きです。このOtisはパッケージのモデルチェンジをしたようですね。以前と違っています。


 デザインのセンスがいいので観ていて楽しいです。スプレンダーもこういうの作りたいな~なんて
思います。
【2009/11/05 16:57 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad