スポーツクラブの子供達へのお弁当
aikos-blog258assyuku.jpg
 
 今日は秋田のスポーツクラブに所属しているお子様達が農業体験に大潟村にいらしていてお弁当のご注文を頂きました。

 ご注文の際、農業体験を担当されるご近所様が「おにぎり弁当でお願いします」とおっしゃっていたのでこの形のお弁当になりました。この容器、カフェ向けのお弁当容器で真っ白くて、仕切りのデザインがとってもおしゃれなんです。私がカタログで気に入って取り寄せたのですが、真っ白なので写真を撮るとどうしても反射してしまって......。おしゃれなデザインが全然伝わらないのが残念です。右上の
仕切りは丸くて右下の仕切りは底が細くなっていて(なんと説明したらよいのか....とにかくとってもめずらしいデザインなんです)

 右上の丸い仕切りのところにはポテトサラダをアイスクリームディッシャーですくって盛りつけました。
これがとっても可愛いんです。右下にはちょっと甘めの卵焼きです。しっとり、噛むと甘いだしがじゅわっと出てくる卵焼きでした。(私が焼いたのですが、自画自賛してました)(笑)

 このお弁当箱、洋風のものが合うのですが、今回は無理矢理おにぎりをつめてしまいました。本当はオムライス弁当とかハンバーグ弁当とかがぴったりな感じです。お店が出来たらこういうお弁当を
おきたいな~って思っています。


 ちなみにお弁当への反応は上々だったようです。「評判が良かったです」って教えて頂きました。
子供達の好きなおにぎりに唐揚げ....これを選んで正解だったみたい。母の作る唐揚げ、サイコーに美味しいです。この時ばかりは「あのさ、唐揚げ揚げるの手伝うよ!」って名乗り出ています。もちろん
味見させて貰えるから(笑)

 ついでに私たちのこの日のお昼も唐揚げでした。
 
 でも、電話がかかってきて「お弁当、請求書の額はあっているんだけど、数が4個多いんです」って。
 ちゃんと数えたはずなのに~っ。県立大さんへのシフォン作りと平行してやっていたので私、疲れて
いたんですね。疲れた時はミスが出やすいっていうけど、4個多く納品って...参った参った。祖母は
「足りないって言われた訳じゃないんだから良かったやない?」って。確かに、足りないよりはいいかもしれない。


 ちなみにこの余ったお弁当はこの日、日曜日だというのに「日よりの良い日を選んで契約書を交わしましょう」って言ってやってきてくださった建設会社の方(3人)にお持ち帰り頂きました(笑)

 喜んで貰えたでしょうか?母のおにぎり美味しかったでしょう?
スポンサーサイト
【2008/10/20 21:22 】 | スプレンダー | コメント(2) | トラックバック(0)
新しいシフォン型が届きました
 aikos-blog257assyuku.jpg


10/15の事になりますが、新しいシフォン型が合羽橋から届きました。浅井商店さんは買い付けに行った際も何度もお世話になっていて、キッチンエイドミキサー等もこちらの通販で購入したものです。

 シフォン型は仕事で使っていて20cm型は30個程持っていましたが、つい最近そのうちの2個が
重ねているうちにどうやっても外れなくなり、諦めて処分しました。通常なら28個位あればなんとか
足りるのですが、10/18~10/19と昨年お世話になった秋田県立大さんからの注文が入っていたので良い機会だから型を追加することにしました。

 秋田県立大さんからの注文は一日目が5種類×5ホールずつを10分の1カットして納品という形でしたが、2日目はフレーバーによって売れ行きのいいものがあったようで、クリームチーズとラムチョコレートが何ホールか追加になりました。結局2日目は20cmを31ホール位納品しました。


 通常は「道の駅おおがた」に20cmを8分の1カットにして販売しているのですが、10分の1カットと言うことで等分器をつかって印を付け、カットしました。その作業がすごく時間がかかってしまい、
31ホール(310カット)を包装するのに妹と二人で4~5時間かかりました)頼まれていたフレーバーの中にこの頃調子の悪いラズベリー(フランボワーズ)が入っていてものすごく焦りました。このラズベリーの出来の悪さは私の腕が悪い事も有りますが、ラズベリーのメーカーを変えたことに原因の一部があると思われます。以前のメーカーのものは見た目もキレイで状態が良かったのですが、仕方なく
取り始めたメーカーのものは霜が付きかけた様なもので「これ、ドリップ多そうだな~」って感じのものなのです。案の定、果肉の周りは穴が開くし、水分が多い為、焼いているときも妙な膨らみ方をします。焼き面が粗いのでオーブンから取り出す前の段階で「はぁ~っ」ってため息がもれてしまいます。
今回も他のフレーバーに比べるとキメも粗くて、穴も開いていて良くありませんでした。でも少し多めに焼いて少しでも状態の良いものをカットして納品しました。

 秋田県立大さんの注文は私の今の生産能力ではかなり限界に近いものでした。オーブンは一度に
もっと多くはいるのですが、小沢レシピだと良い泡をつくるためには2個までが限界と言われています。以前は一度に4個焼いていたのですが、先生から「それは無理」と言われて減らし、一度に3個焼くようになりました。キッチンエイドは2台あるのでもう一人だれかが作業してくれると一度に6個やけるのですが、母も妹も一度もシフォンを焼いたことがなくて「失敗したら大変だからいいよ」って逃げてしまいます。でもこういうイベント時になると数をこなさなきゃいけないので、数多く焼く=一日中焼くっていうことになってしまいます。オーブンが2段でも31ホール+潟の店に納品する分(さすがに疲れて
あまり焼けませんでした)を焼くともうへとへとでした。

 県立大さんから「完売しました。来年もよろしくお願いします」って連絡が来たそうで......。
 
 妹と母に「来年はみんなで作ろうか?」って声をかけてます。

 とりあえず、無事に注文をこなせて良かったです。型の数も増えた事だし、もっと販売量を増やせるように頑張らなければ....と思うのでした。
【2008/10/20 20:55 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱり厳しい保健所さん
 今日、出来上がった店舗の設計図を持って母と2人で保健所さんまで行ってきました。で、やっぱり許可は下りませんでした。施工業者さんは同じ県内の別の保健所に相談して、そちらではOKだったみたいですが......。(きっと私たちの地区は全国一厳しいところだと思う)


 まず保健所さんは梱包室がオープンになっている事が信じられなかったようです(苦笑)ショーケースでの間仕切りもダメ。機械搬入の為に作る予定の引き戸にも本当は風除室を付けないと.....と言われたのですが、「もう予算がいっぱいでとてもそんな余裕は有りません」ってお答えしましたところ、「じゃあ、ここは機械を入れるときだけの窓で通常は使わないということにして下さい。それなら目をつぶります」って。もう大きな計画変更です。でも保健所さんに「ここを~にしないで~にしたらどうですか?」と指導されたのですが、良く考えるとそちらの方がずっと私にとっては都合が良かったです。私も母もその流れのパターン(~から入って~の方向へ出る)というのは考えになかったのでやっぱりプロは違うな~と思いました。で、帰宅してから「保健所さんの審査に通らなかったです」と施工予定業者さんに連絡をとったところ、今日中にまた確認にきて下さるみたいです。(こちらの業者さんは対応が早いので助かってます)

 昨日、見積もりで工事の全体像が見えてきたのですが、やっぱりそれなりのお金がかかります。どんなに小さな田舎のお店でも規格にあった形に整えるのはまとまったお金がかかるのだと覚悟した方が良さそうでした。(でもここの業者さんは良心的な価格だと思います)さすがに家一軒分のリフォーム代は請求されませんでしたから。でもこの他にもショーケースやイス、テーブルなども準備しないといけないのでまた母と二人、無口になりそうです(苦笑)

 
【2008/10/16 17:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
施工業者が決まりました
 先日、包装資材でお世話になっている業者さんが店舗デザインもしているという事で現場をみてもらいました。その業者さんから、ヘタをするとこの物件を取得したのと同じくらいのお金(○○○○万)がかかるだろうと言われました。そんなお金はどこを探したって有りません。業者さんからは「この村でいったいどれだけのお客がくるのか、そこから考え直した方がいいですよ」と言われました。そして「お店が出来たら行くよという人の殆どは来はしない」とも言われました。自分に甘い私と母はそういう展開は予想していなかったのでかなりショックでした。

 その次の日、母はリフォームを得意とする業者さんに連絡を取り、現場を見に来て貰いました。その業者さんは私たちが外したくても外せなくて悩んでいる梁を見て「これいいですねェ、これ使えますよ」と開口一番言いました。そして巻き尺で色んな寸法を測ったり、デジカメで写真を撮ったりしました。最初にお願いした業者さんとは全然違っていました。「それにしても良い物件を手に入れましたね。お店といえばあのAcoopさん位じゃないですか」って。確かに、大潟村はとても特殊な村で商店街と言ってもほんの数件しか有りません。ちょっと前までは村内の住宅を自由に売買することだって許されていなかったんです。ここは干拓地で入植試験が必要だったからです。今でもこの村を走る道路の両側にはお店は有りません。県有地だからです。だからコンビニだって一件も有りません。進出したいコンビニは沢山あるみたいですが、土地が売りに出される事がないからです。今回私が購入した物件は
村内にある商店街と言われる地区で、衣料品店をされていた方がご高齢になり、手放されることになったのです。この物件を手に入れられたのは本当にラッキーな事で、普通なら私にまわってくるようなことはなかったと思います。(でもこういうお店が当たるか外れるかは全く未知数ですが)


 話が戻りますが、今現在、設計上でネックになっている点がいくつかあって、まず一つめが大きな自動ドア、そして店の目立つ部分にある梁です。どうして前の持ち主がこんなところに梁を作るような設計でOKしたのか分からないものです。飲食店の場合、保健所の許可をとるためには細かい基準があって、その基準を満たすように設計しなければいけません。たとえば、製造室は~㎡以上で包装室は~㎡以上とか。そしてどこから入ってどこに出るのかとか。製造室の場合、最低でも腰から1メートルの部分までは壁をステンレスで覆わなければいけません。こういった厳しい基準があるので中途半端な場所に外せない梁があるとその条件を満たすような設計が出来なくなってしまうのです。この梁さえなければもっとお菓子の製造室をたっぷりと取れるのですが、やはり多少は我慢をすることになりそうです。(一応、許可に必要な広さだけは確保出来そうですが)

 結局、新しい店舗では「菓子製造業」と「飲食店営業」の2つの許可をとることになりました。先日、保健所さんの方に伺って、ご相談したところ、「喫茶店営業」の許可ではカバーしきれないだろうと言われました。喫茶店営業だとコーヒーと紅茶くらいしか出せないそうです。店内で食べて貰うサンドイッチを調理しようと思えばもう絶対に飲食店営業の許可が必要になります。「あとで後悔するより
あらかじめ難しい方の許可を取っていた方がいい」と言われました。同じ飲食店営業の許可であっても「弁当、仕出し」の類はかなりの面積が必要で、それを店舗内で取ることはもう広さからいって絶対に無理です。弁当などは既に許可を取っている建物(実家の敷地内にあります)で作って持ってくることになりそうです。今度、店舗内に設置する加工所でどこまで許されるのか詳しく聞く必要が有りそうです。

 私と母は今日、2件目の業者さんに施工を頼む事にしました。 予算的にはギリギリといったところですが、無駄(贅沢という意味)な部分は省いて、とりあえず保健所の許可を頂けるお店を作ってくださいとお願いしました。まだ色々と問題は出てくると思いますが、とりあえず、施工業者は決まりました。これから色々な手続きや確認でまた忙しくなりそうです。

 私が今借りてる住宅も引き払わなきゃいけないのでホントに大変です。
 はやく全ての事が終わって、ほっと一息つきたいです。
【2008/10/09 22:13 】 | スプレンダー | コメント(6) | トラックバック(0)
今シーズン初めてのチョコチップクッキー!
 秋田もここ一週間くらいで随分と涼しくなってきました。待ちに待ったクッキーのシーズンです。まだちょっと納品の際、車の中でチョコが溶け気味になったりしてヒヤヒヤすることは有りますが、なんとか店頭で売れる様になってきました。

 スプレンダーでは9/30に今シーズン初めてのチョコレートチャンククッキーを焼きました。ついでにオートミールクッキーも焼きました。このオートミールクッキーはチョコを使っていないので夏場も何度か焼いていましたがやっぱりクッキーも一度に数種類焼いた方がお客さんの目にとまるようです。

 今日はチョコレートチップクッキーを焼きました。小麦粉のカップ計算をグラム計算になおす際、ちょっと間違っていたみたいで、今まで焼いていたものよりもちょっと小麦粉の量が増えました。どうりで今まで生地が広がりすぎていたわけだ......。今日のはとても焼きやすい生地でした。でも心なしか今までの粉の少ない生地の方がカリカリした部分とねっちりした部分の差がでて美味しかったような気がするのです。クッキーもシフォン同様奥が深いです。

 aikos-blog255assyuku.jpg

 aikos-blog256assyuku.jpg

 チョコレートチップクッキーはいつも銀色のロゴシールを貼っているのですが、銀色のシールが無くなってしまったので青色のシールですませてしまいました。今ロゴシールも一部手直ししようかどうか迷っているのです。シールを作る際の版代などを考えると贅沢かな~とも思うのですが、やっぱり理想を追求してしまいます。

 そうそう、シフォン用のOPP袋も今作って貰おうと思ってます。やっぱり自分のところの名前を覚えてもらいたいですから。版は1年ちょっとで落ちてしまうらしいので一年で1万数千枚を回していくのはちょっと危ないような気もするのですが、宣伝になるなら試してみようかなと思っています。(版代も入れると決して安くは無いんですけど)こちらもロゴデザインの変更の関係でストップしています。業者さんは「うちにもデザイナーがいるから、うちのデザイナーにまかせてほしい」って言うんですが、私は妹にやって欲しいな~って思ってます。(細かい注文を遠慮無くいえるからです)でもデザイン用のソフトの購入から始めなければいけないのでこっちもこだわりだしたらキリがないです。妹は「難しいソフトだから直ぐにはできないよ~」って言ってますが.....。いずれはスプレンダーのお菓子やお総菜のパッケージに貼るシールから袋のデザインまで担当して欲しいな~って思ってます。

 どうなるか、分かりませんが、またデザイン等が決まり次第お知らせしたいです。 
【2008/10/01 18:51 】 | スプレンダー | コメント(12) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad