今日は不動産登記の手続きをしてきました
 今日は朝から秋田銀行で売り主さんと不動産やさん、そして司法書士さんと権利書のやりとりや
支払い、書類作成などで2時間以上慣れない作業をやってきました。自分の通帳に一時、とっても
大きな額が振り込まれ、これで私も大きな借金をしたんだな~と痛感しました。親から「返せるときで
いいよ」という感じで借りるお金とは全く違うお金です。もう引き返す事は出来ないんですよね。

 秋田銀行で一通りの手続きを経て、物件の中を確認にいきました。ちょうどハウスクリーニングの業者さんが入っていたのですが、最後にワックスがけもするということでした。今日中に個人的に部屋をみにいけるかなと期待していたのですが、ワックスがかわくまで入れないようです。

 売り主さんが自分の荷物を全て出してしまったあとの家はやっぱりとても大きいです。せっかく大きな収納庫もついているのですが、そこはおそらく加工所に飲み込まれてしまうであろうスペースなので
ちょっと残念でした。

 今日、色々なお金のやりとりをして思ったのですが、登記をするのにもお金が沢山かかり、これらの書類を作ってくれる司法書士さんへの支払いもケタ違いだと分かりました。○○万のお金をあっという間にかせいでしまう司法書士さんって本当にスゴイと思いました。(結局はなんでそんなに高いの~っていうグチ混じりですが)

 これから私の引っ越しや加工所の移転準備で忙しくなりそうです。
 今使っているオーブンの移送にどれだけお金がかかるか、そして今設置しているところからスムーズに運び出せるのかが問題です。オーブンの為に壁を壊さなきゃいけないかも。

 とても小さな村ですが、スプレンダーのお店の事を新聞で知った人たちはものすご~く楽しみにしてくれているようなんです。(お茶を飲みながらおしゃべりできるスペースが欲しかったそうで)みんなの期待が余りにも大きすぎてこちらも「わ~っ、どうしよう」って焦ってます。工事には余りお金を掛けられないけれど、少しでもお客さんにゆったりしていただけるようなつくりにしなきゃ~なんて話してます。
でも喫茶店=将来の夢だったはずなのに、どうして「喫茶店できるんだって?」ってなっちゃうんだろう。なんかやばくないか?この展開。でもそういう需要が大きいのだとすればこれはとても有りがたいことかも知れないです。

 
スポンサーサイト
【2008/09/30 14:10 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
Otis Spunkmeyerのチョコレートマフィン

aikos-blog254assyuku.jpg


 これ、弟から貰ったマフィンです。アメリカ製のマフィンで三沢基地で買いこんできたみたいです。
かなり大きなマフィンです。スプレンダーのバナナウォルナッツマフィンと同じくらい大きいです。
この他にブルーベリーマフィンとバナナマフィンを食べた事があります。特にバナナマフィンはバナナの香りが効いていて美味しかったです。

 アメリカのお菓子って包装紙に印刷されているロゴマークが可愛いので好きです。それから包装紙の色遣いもおしゃれです。私はアメリカの本を取り寄せているのですが、広告の色遣いが日本とは全然違うので見ていてとっても面白いです。

 シアトルに出かけたとき、夜空の色の美しさに驚きました。紫とか紺色といった感じの色で、日本の空では見たことがないような色でした。妹と「アメリカの人はこういう色に囲まれて育つから色彩感覚が豊かなんだね」と話したものです。

 金髪の色の表現1つとってもダークブロンドとかハニーブロンドとか色々ありますよね。日本人だと
とりあえず「金髪」という言葉でひとくくりにしてしまいそうなんですが。

 物づくりをする際も色とか形とか細部にこだわっていけたらいいな~と思いました。マフィンの話からちょっとそれてしまいましたが...。

 とりあえず、Otis Spunkmeyerはクッキーもマフィンも美味しいってことは事実です。(笑)
【2008/09/23 22:11 】 | お気に入りのスイーツ | コメント(4) | トラックバック(0)
このごろまじめに働いてます
 大潟村の産直センター潟の店は「道の駅おおがた」に変わって、お店の方や野菜グループの方の努力で少しずつお客様が増えているようです。お陰様で村の加工品コーナーに置いている私たちのお菓子も随分売れるようになりました。道の駅という形になって一番変わったのはお客様が夕方4時以降になっても入るようになったことです。私の様な納品時間の遅い人間にとってはとても有りがたいことです。

 この頃焼いているお菓子はシフォンケーキとスコーンです。気温が高いのでバナナを使ったマフィン等は恐くて焼けません。シフォンのフレーバーもなるべく傷みにくいものを選んで焼いています。ちなみに本日焼いたのは

 ラムチョコレートシフォン
 紅茶(アールグレイ)シフォン
 オレンジシフォン
 クリームチーズシフォン
 ミックスフルーツのシフォン
 抹茶シフォン
 ブルーベリーシフォン

 ジャムサンドスコーン(大潟村産ラズベリーで作った手作りジャム入り)
 プレーンスコーン

 クリームチーズシフォンだけ6ホール焼いて、残りのシフォンは全て3ホールずつ焼きました。
 クリームチーズは最初に作った3ホールが余り良い出来では有りませんでした。
 いつもはしゅわっと消える事がないのに今日のは運悪くしゅわっと消え始めたのであわてて
 混ぜるのをやめて焼きました。ちょっと泡が消えてキメの粗いシフォンになってしまいました。
 乳化するときの温度がまずかったか、卵黄生地とメレンゲの固さが合っていなくて泡を消して
 しまったのだと思います。

 aikos-blog252assyuku.jpg

 上の画像は卵黄生地です。オーブンをあたためている間、卵黄生地をまとめて作ってしまいました。
 でも、クリームチーズの生地はさめないうちに使った方が良かったようです。さめて膜が張ってました。ちなみにこれは作業台の上ではなくて、なんとパイローラーの上です。

 aikos-blog253assyuku.jpg

 包装室でクーラーを使ってシフォンを冷やしています。乾燥するとまずいので使い捨てのOPP袋を
かけています。ちなみに小麦粉の値上がりを前にちょっと資材庫と化しています。フラワーはシフォンケーキとスコーン用の粉です。この粉はこの頃消費量がぐんぐん増えていて、あっという間になくなってしまいます。(また10袋以上発注かけてます)

 小麦粉は政府の引き渡し価格が10月に再び上がります。この事によって必ず製粉会社が値上げを
します。当初言われていた20~30%の値上げは10パーセント台に圧縮されることになりましたが、
10%台後半だとやはりかなりの値上げなのでその前に少しでも買い込んでいた方が良さそうです。

 先日ニュースで製粉会社の値上げは11月頃と報じられていました。これはメーカーによって違うと
思いますが、私ももう一度位発注をかけた方がいいかも知れません。なんたって、これからが焼き菓子の季節ですからね!でもクッキー用の粉はどれだけ買えば良いのか迷うところです。買いすぎてもまずいし、でも足りなくてもまずいし。こまったものです。
【2008/09/23 22:03 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
包装資材で一部屋埋まっちゃいました
aikos-blog250assyuku.jpg

 9月に入って包装資材が2割高くなりました。殆どのものは8月中に購入しましたが、私が最後まで悩んでいたエフピコの容器は結局8月の最後の2日間が土日で発注が間に合わず、2割高くなったものを買うという間抜けな事態になってしまいました。

 上の画像は母が勢いにまかせて買い込んだ資材です。(ここは祖母の為に後で作った部屋で祖母が秋田に来たとき寝泊まりしています)ちなみにこの写真に写っていない一角にももの凄い量の資材が置かれています。(みんな母の買い物です)母は「お母さんは3~4年分を一度にかったんだもんね」となんだか買いすぎたいい訳をしていました。

 千葉の友達は先日帰省していた時に私のところに遊びにきてくれたので私の実家の玄関がどうなっているか分かっていると思います。はっきりいって玄関は私の資材庫と化しています。

 小麦粉25kg袋が5~6袋積まれていたり、グラニュー糖が積まれていたり、ベーキングカップの大きな段ボールが2~3段積まれていたり。もちろんこんな状態はいけないことですが、原材料価格の高騰などが騒がれている今、どうしても買い込んでしまって置き場所が足りないのです。あともうちょっとで新しい家に引っ越し出来るのでこららの荷物も持って行けると思います。

 今回、最後まで悩んでいたエフピコ社の容器ですが、私はその容器を使ってちょっとあたらしい試みをしてみようと考えているのです。それはサラダ容器で中皿というパーツを加えられるのですが、一番下に商品を入れ、その中皿に商品サンプル(もちろん無料です。この分のお代は頂きません)をいれて販売したいな~と考えているのです。不特定多数の方にサンプルを配るというのはこちらの負担も大きすぎるし、どうせなら、いつもスプレンダーのお菓子を買ってくれている人に「今度こういう商品を始めましたのでよろしくお願いします」っていう感じで紹介していきたいと思いました。そして、その中皿にサンプルと一緒に使っている原料の説明とか商品の説明書きを一緒に入れさせていただこうと考えています。

 aikos-blog251assyuku.jpg

 この容器に10月から販売を再開するクッキーを入れてみたいのですが、3枚位のセットになりそうです。でも一度に3枚買う人って何人位いるでしょうか(笑)
 まだまだ課題もある試みなのでした......。 
【2008/09/10 11:55 】 | お気に入りのスイーツ | コメント(4) | トラックバック(0)
三沢基地航空祭のおみやげ
aikos-blog249assyuku.jpg
 
 「で、飛んだの?」9/7,この日青森の三沢から帰ってきた弟に開口一番聞いてしまいました。「飛ばなかった」と弟。今年の三沢基地航空祭はあいにくのお天気だったようです。私も過去に2度弟に誘われて出かけた事が有りますが、そのうちの一回は殆どの飛行展示がキャンセルとなり、あとの一回は午後からちょっとだけ晴れて「ブルーインパルス」の飛行展示とロック岩崎さんの曲芸飛行が行われた位でした。(ロック岩崎さんは何年か前、練習中に墜落死されたとニュースで知りました)

 ロープなどが張られてはいますが、ほんの10メートルくらい前に戦闘機が展示されているのを見るのはファンでなくても結構興奮するものです。それも一機や二機じゃないし。

 三沢基地は一歩中に入るとまさにアメリカです。建物のデザインとか、どうみても日本のものじゃないです。ここでの楽しみはバーガーキングとか基地関係者の奥さんが作る手作りスイーツです。今回、本当は弟に誘われていたのですが、「○○も誘ったよ」とALT(英語指導助手の外国の方)の名前を言ったので「なんだか疲れそうだからいいよ」と断ってしまいました。さすがに弟も2人きりは疲れるらしく、その後あらたに声をかけ、結局は5人くらいで出かけたようでした。(たぶんALTの人たち)

 これが1時間とか1時間半でいける距離なら喜んでいくのですが、真夜中に5時間とかかけていくのはさすがにちょっと気が引けます。でも本場のスイーツとか、大好きなハーシーズのチョコサンドパイ
(日本ではちょっと見かけないです)とか買えないのは残念でした。

 で、お土産ですが、バーガーキングのワッパー(ものすごく大きなハンバーガー!!カロリーは恐くて聞けないよ!)1個とクッキー3個入り1袋、ハーシーズのクッキードゥーパイ(これってチョコサンドパイとはちょっとだけ見た目が違う)1個を貰いました。正直もっと欲しいよ~と思ったのですが、まだまだ冷凍庫には弟のまとめ買いの品が眠っています。(妹は「勝手に食っちゃえ!!」と言いますが、たまに数えているようなのでそれも出来ません)もしかしたらまだ1個位貰えるか?とにやついている私です。

 どんだけ食い意地が張ってはってるんだか......痩せられないわけだ.....。

 あっ、ちなみに一番上の画像はOtis Spunkmeyer のクッキーです。ちょっとチュウイーで美味しいです。バニラの香りも効いてます。一袋3個入りでした。(チョコチップクッキー、ホワイトチョコチップクッキー、オートミールレーズンクッキーの3種類)

 極甘だけど、やっぱりアメリカンクッキーはうまいっ!!
 10月からのクッキー作り再開が待ち遠しいです。(すぐに飽きるけど)
【2008/09/10 11:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
秋田の「さきがけ新聞」で私の事が紹介されました
 本日発売の秋田の「さきがけ新聞」で私の加工への取り組みなどが紹介されました。先週の火曜日に記者の方が加工所まで取材にきて下さって2時間半位お話を聞いてくださいました。加工品を作っているところも撮りたいとの事でしたので短時間で作れるスコーンを作ることにしました。シフォンに力を入れているのでシフォンを作っているところの方が良かったかも知れませんが、泡を立てている時に話し掛けられたりすると集中出来ないのでデモンストレーション向きではないと思ったのです。

 今回の取材は先月、秋田県の総合食品研究所主催の米粉を使った和菓子の実技講習会に参加したのがきっかけです。この日の講習会は定員30名のところ、50名位の希望者がいたそうです。いつもなら定員からはみだした人は諦めるしかないのですが、講師の先生のはからいで皆さんに受けて貰うことにしたそうです。だから器具がちょっと不足したり、作業台が人数の割に小さかったりという点は有りました。この実習では県内各地から加工に興味のある年配の方が沢山みえていました。
私もおばさんと言われる年齢だと母によく言われますが、この中ではかろうじて若者でした(笑)


 この日の講師の方は私が以前米粉のシフォンケーキを商品化するにあたって解決したい点があって
相談にのっていただいたことが有りました。とっても親しみやすい先生でスプレンダーの加工所まで足を運んで下さって実際にシフォンを焼いたものをみてアドバイスを下さいました。

 午後の実習の時、主催者側の一人の方から「スプレンダーさんを取材したいそうですが受けてもらえますか?」と新聞記者の方を紹介されました。今回はスプレンダーがどうこういうことよりも加工への取り組みを取材したいというようなニュアンスだったのですが、どういう形であれ、スプレンダーの宣伝になればと思い快諾しました。

 ところで、肝心の記事をみた感想ですが.....大きな間違いが1カ所ありました。以前にも同新聞の別のコーナーの取材を受けたことが有るのですが、その時も間違いがあって「こういう意味で言ったんじゃないんだけどな~」と驚いたものです。今回はその時よりずっと丁寧な取材を受けたので大丈夫だと思っていたのですが.....。

 加工所を移転するという事にふれてくれたのですが、「飲食店跡を買いとり~」と書かれています。
私は「今、洋品店をされているお店なんですが」と言ったはずなんですが。会話の中の言葉をささっとメモする感じだったので、間違われたのでしょうか?新聞を見た人から「飲食店跡ってどこのこと?」と
つっこまれました(苦笑)

 よく芸能人の方が「そんな事言ってない。そういうつもりでいったんじゃない」と週刊誌を相手にうったえたりしますが、ある意味、今回の記事の間違いと同じようなものなんじゃないかと思います。新聞記者の方はとっても感じの良い方だったのですが、やっぱり取材方法に無理があるのかな~?ただの会話の中から文章を起こしていくというのは簡単な事ではないと思いました。

 写真は家族で「CGでもう少し肉を削って貰えば良かったのに」と大爆笑されました。確かにダイエットが必要な熊の様な体型。二重あごを削って腕の線もちょっと修正して欲しかった。なので、写真掲載はNGです。でも母は「この真っ赤なTシャツ、目立っていいね!」と。

 私、取材を受けるまで「カラー」で写真が載るとは知らなかったんです。「どうせ白黒だからいいよね」と適当に選んだTシャツでした。

 母に「加工所の中、知られちゃうね」ともらすと「どうせ、移転して新しくなるんだからいいじゃない」って言われました。確かにその通り。でもよりによって空き箱を重ねてるこの角度の写真はないよな~と思ったりしました。

 今度はぜひお店がオープンしたときに取材にきて欲しいです。農家が始めた手作り加工品の直売所+カフェっていうことで.....。
【2008/09/08 11:38 】 | スプレンダー | コメント(7) | トラックバック(0)
ミエルの焼きドーナツをお取り寄せ
aikos-blog243assyuku.jpg

 前から気になっていたミエルの焼きドーナツ(ベイクドドーナッツ)を取り寄せてみました。この焼きドーナツが美味しかったらスプレンダーでも挑戦してみたいな~なんて大胆な事を考えていたのです。

 ミエルの焼きドーナツはとってもおしゃれな真っ赤な箱に入れられて脱酸素剤までかけてありました。梱包もとっても丁寧でした。サイトの方から注文したのですが、発送案内などとても迅速に行われて対応が良かったです。こういう点ってインターネット通販の場合はとても重要だと思います。注文したのに反応が遅いとやっぱり良い印象は持てませんよね?

 ミエルの焼きドーナツの第一印象は「ちいさいっ!!」でした。これは機械が決められた大きさなので仕方がないのですが....。食べ方はレンジかオーブンレンジでちょっと温めなおしてと書かれていましたが、あんまりふわふわに戻したものよりも冷蔵庫から出したてのキュッとしまったものの方が食感が
ムッチリとして美味しかったです。(この食感は本当に人の好みの問題だと思いますが)

 通販で取り扱っているフレーバーは、プレーン、シナモン、ココア、きなこです。お店だとラムレーズンとか抹茶とかおいもとかまだ色々と有るようです。私はシナモンが一番気に入りました。完全にメタボな私には焼きドーナツはとても魅力的に映るのですが、皆さんはいかがですか?

 ちなみに妹は「これにさ、チョコとかでコーティングしたら?」と話していました。でもそれって、
せっかく焼いてカロリーダウンさせたドーナツを再びカロリーアップさせたみたいで微妙だと思うんですけど.....。でもこってりドーナツも確かに美味しいよなぁ~と思ったりして。

 ミエルの焼きドーナツの生地はとてもよく出来ていました。コーヒーにこの小振りなドーナツの組み合わせって良いかもしれません。でも生地の配合って素人がやって出来るものなんでしょうか?機械を手に入れるのは簡単ですが、ただのドーナツ型ホットケーキ焼き機になってしまわないだろうかと心配でしょうがありません。
【2008/09/02 21:20 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
苦手なアールグレイシフォンに挑戦
aikos-blog241assyuku.jpg

この頃、オレンジ、クリームチーズ、ラムチョコ、ラムレーズン&くるみ、ブルーベリーと何だか販売するシフォンもマンネリ化してきました。ラズベリーは大好きなのですが、メーカーを変えてからドリップが多くなって以前よりうまく焼けなくなってしまいました。(もともとキレイに焼けていたってわけじゃないですけど)

 この日は久しぶりにアールグレイシフォンを焼きました。茶葉を煮出したものと茶葉をミルサーで挽いたものを使いました。紅茶シフォンって、コシなしシフォンになっちゃうことが殆どなので苦手なんです。
レシピも適当で定まっていません。たま~に「しっとり、ぷりっ」としたコシのあるシフォンが焼き上がって「おお~っ!!!」と焼いた本人が一番驚いてます。

 この日のシフォンはやっぱりちょっとだけコシが足りません。でもぶわっぶわに膨らんだりはしなかったのでなんとか許容範囲といったところです。

 aikos-blog242assyuku.jpg

 キメはとても細かかったのですが、所々に空気が入ってしまいました。ぬちゃぬちゃ生地じゃなくて
ちゃんと押しても戻る生地だったのでまずまずの出来かな。でもやっぱりアールグレイはムズカシイです。苦手なシフォンだけれど、やっぱりうまくなるためには焼き続けなければいけないんだな~と思いました。
【2008/09/02 20:59 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad