仕事の合間にいたらん事を......
 今日はシフォンケーキを焼いている間に「いたらんこと」をしていた私。「いたらんこと」とは九州の言葉で悪い事、余計な事という意味です。何のことかというと、ドーナツを作っていたのです。こんな事、仕事の合間にすることじゃないのですが、一応、手作りドーナツみたいなものも販売できたらいいかな~というもくろみがあるのです。

 ドーナツにはイーストドーナツとケーキドーナツが有るけれど、私が今日作ったのはイーストドーナツです。ふわっふわが売りのレシピの様で私の目にとまりました。


 材料は薄力粉、卵、バター、牛乳、砂糖、ドライイーストです。
 で、出来上がったのが下の画像のドーナツです。

aikos-blog124assyuku.jpg


 たしかにふわっふわのドーナツでした。この食感だけは申し分のないものでした。でも生地自体にコクがない.....。まわりのグラニュー糖の甘さだけが目立って、生地自体の味が希薄なのです。生地を生の状態で味見したときに余りに味が薄いので気にはなっていたのですが、その時の印象が最終的な味においても変わらなかったのです。

 以前、ケーキドーナツを作った事が有りますが、見た目はどこぞのオールド○○の様に出来上がったのですが、食べると何だか脂っこくて今ひとつでした。後でドーナツを揚げる時はショートニングを使うといいと知りました。(ショートニングは冷えると固まるので油がきれてさっぱりとするのだとか)今度はショートニングを使ってケーキドーナツを揚げてみたいと思います。でも一番肝心なのはやっぱり生地。生地が美味しくなければダメですよね。

 アメリカに旅行した際、移動式販売車でドーナツを売っている親子がいて、何度か買って食べました。それはケーキタイプのドーナツでした。しっとりふわふわで意外にさっぱりとしたドーナツでした。サイズは小さめで一個50セントでした。私にとっては忘れられないアメリカの味です。ああいう手作りドーナツを作る事が出来たらファンがつくだろうな~なんて思ってしまいます。

 コストコホールセールで売っているドーナツは大きな箱に沢山入ってものすご~く安い値段で売られています。ここのドーナツはガラス越しに製造されているところをみることが出来ます。まるで今話題のクリスピークリームドーナツみたいです。(試食品も沢山出されていたりしますし)コストコのドーナツはイーストドーナツなのですが、とっても食感が軽くて美味しいです。時間がたったものもトースターで軽く焼くとできたてのサクサク、ふわふわ感が味わえます。

 ドーナツ、それは私にとってクッキーと同じくらいアメリカを意識させるお菓子です。

 次に試してみたいもの.....アップルサイダードーナッツです。
 (サイダーといっても炭酸ジュースのことではありませんけど)

 なんだかんだいってもアメリカかぶれの私です。(ハハハッ)

ちなみに本日のドーナッツはランディ君もお気に入りの様子でした。
スポンサーサイト
【2007/08/24 15:44 】 | 未分類 | コメント(6)
地産地消っていうけれど
 加工所をやっていると県の方からイベントのお知らせを頂いたりするのですが、以前、地産地消をテーマにした集まりがあるというのでお電話を頂きました。その時、加工品を持ち寄ってお互いに発表しあうという様な内容でした。私は「申し訳ありませんが、うちの製品は特に地産地消という訳ではないんです。もちろん、おにぎりやおこわは自分の家で栽培したものを使っていますが、お菓子は小麦粉も外国産ですし、ナッツやチョコレートも外国産ですから」と答えてしまいました。地産地消は確かにすばらしいことですが、シフォンケーキやアメリカンクッキーを作っていると地元の何かを使うということは余りないのです。でも、電話を切った後で、「うちは地産地消に力を入れているんです」ってウソでも言っておけば良かったのかな?なんて後悔したりして。でも、おにぎりなんてわざわざそういう会で紹介するものでもないし、シフォンやクッキーっていったら外国産で作っているわけだし.....。こういう電話で話を合わせておけばメディア受けはするのかな?なんて思ったりして。だって、TVで良く「地元○○産の~を使った○○」なんて紹介されていますから。

 ようやく夜になると涼しい風が吹くようになってきた秋田。新商品の開発もしなきゃなと思ったりして。でも地元の食材でお菓子に使えそうなものって何だろう。父がキズ南瓜をしきりに「お菓子に使わんね~」(うちのおやじは佐賀弁丸出し)と言ってくるので、南瓜を使ったお菓子なんてどうだろう。でもまだちょっと気温も高いし、あんまり日持ちはしないよな~、なんて思ってしまう。

 早く肌寒い位に涼しくならないかな?先日、「チョコレートチップクッキーまだ出ないんですか?」ってお客さんから話しかけられて、おっ、うちのクッキーを覚えていてくれた人がいたんだ~と感激しました。一時期は疲れてクッキーの仕込みなんて嫌でしたが不思議とまた作りたくなってきてしまいました。早くチュウイー(くちゃっとした)な
クッキーが作れる位、涼しくなって欲しいです。

 地産地消にはならないけどね......。
【2007/08/23 10:27 】 | スプレンダー | コメント(0)
包装資材の事
 今日、たまたま包装資材の事で質問があったので、ついでに包装資材の事について書いてみようと思います。

 スプレンダーは農家が始めた食品加工所で近くの直売所とJAに手作りお菓子を納品しているのですが、私が包装資材等を見て歩くのが好きなので結構こだわりがあるのです。でも、加工を始めたころは、「たかだか手作り加工品を売るのにこんな容器を使うなんてもったいない」っていうお言葉を沢山頂きました。確かに「中身で勝負」っていう事もいいたいのですが、見た目から受けるイメージって大きいと思うのです。せっかくキレイに焼き上がったシフォンなのに、まちも付いていない袋につっこむというのは嫌なのです。

 スプレンダーがおにぎりを入れている容器。あれも結構お値段がします。直売所で売るおにぎりならごく普通の平たい容器で充分かも知れません。でも出来るだけふっくらと、そして美味しそうに見えるようにと私が考えて選んだ容器です。この容器、同じようにおにぎりを販売している方から「同じものが欲しい」「分けて欲しい」って言われたことも有ります。でも母のおにぎりを遠くから買いにきて下さる方の中には容器の形とか色で覚えている方もいらっしゃると思うのです。そこに全く同じものが並んだらお客様は混乱するでしょうし、私や母の容器に対するこだわりが表現出来なくなるのではと思います。

 2日ほど前に母が一人のお客様から話しかけられました。「お盆の時に大きな赤飯のパックがあって買ったら美味しかった。その赤飯を買いに能代市からきたんだけど、同じ容器が見あたらない」「こっちの赤飯と同じ?」と。現在、直売所(潟の店)ではスプレンダーともう1社が赤飯を出しているのです。だから、お客様は同じ小さい容器が並んだ時にどちらか判断が付かなかったというわけです。売る側は販売社名を覚えてくれている事を期待してしまいますが、名前って意外と覚えられていないようです。(スプレンダーの知名度ももっと高まる様に努力しなくては)ちなみにお盆の期間中に出ていた大きな赤飯はスプレンダーの商品です(笑)ファミリーサイズのものを特別に出していたのです。

 「お菓子は夢がなくてはいけないよ」と昔パンやさんをやっていた厨房機器の会社の人が言っていました。ただ、商品をどんと台の上にのせただけじゃなくて、商品が魅力的に見えるようにレイアウトなり、容器なりを整えなければいけないという意味です。「わっ、かわいい」とか
「これキレイだね、買っていこうか」と言って貰えるようにこれからも容器やかご、そしてレイアウトにこだわっていきたいと思います。
【2007/08/21 22:47 】 | 未分類 | コメント(0)
ブルーベリーシフォンと抹茶シフォン
 この頃焼き始めたブルーベリーシフォン。何度焼いても焼き縮みが激しく、さましている内に凹状態になってしまうのです。このブルーベリーというフレーバー、私の技術力では先生のレシピで焼き上げるのは無理だと思いました。さすがに作っている私自身が凹んでしまうので今日はダメもとで卵白量と卵黄量を増やしてみました。すると、焼いている途中の生地の感じが他のシフォンに良く似ていたので「これはいけるかも」と感じました。結果ですが.....
まだ筒の周りが部分的にはげてしまうものも有りますが、冷やしている間に激しく凹む事はなくなりました。

aikos-blog123assyuku.jpg


 このブルーベリーシフォン、フランス産の冷凍ブルーベリーピュレを使用しています。今、特売期間中らしく1kg1827円でした。(でもピュレって安くはないですね)私のシフォンは全てカットして販売しているので色合いや模様はとっても重要なのですが、紫色って抹茶の緑色や
アールグレイの灰色っぽい茶色に良く映えるんです。売り場が華やかになるのでとても気に入っています。でも、ブルーベリーシフォンでピュレをこんなに贅沢に使ったシフォンってあんまり見かけないです。プレーン生地にドライブルーベリーだけ混ぜ込んでブルーベリーシフォン..って言ってるものや、ブルーベリーシロップ漬けのシロップを混ぜ込んで青っぽい灰色に焼き上げているものが有るんですよ。そういうのってきっとブルーベリーの味はあんまりしないと思うんです。でもこの贅沢シフォン、原価計算もろくにせず、8分の1カットを¥180で販売していますが、自分でもこの値段はちょっとキツイかも.....と思ったりして。だって、ドライブルーベリーもほんの数十グラム入りで400~500円するんですよ~。深く考えると後悔しそうだからやめときます。

 先日、ブルーベリーの見積をお願いしたら11.34kgで45000円に消費税別という返事が返ってきて、さすがの私も口あんぐりでした。(今使ってるフランボワーズもこれと似たようなものですが)この価格、私が今とりあえず使っているものに比べたらずっと安いのですが、
11.34kgも買ったら傷ませてしまいそうで恐いのです。(クルミはいつも11.34kgで買っていて結構あっという間に無くなります)クッキーを作り始めると一度に2箱購入なんてこともあります。でもブルーベリーってそんなに一度に使いませんから。母に「スーパーで買うよりずっと安いんだけど、それにしても45000円って....」というと
「買っておけば~」という返事。たしかに、ずっとお安いんだから、私が小分けして脱酸素剤でもかけとけばいいんだという結論に達しました。ドーバーラム45℃も20Lという単位で購入し、これでよかったのかな?と思ったりしましたが、ガンガン減り、もうそろそろ発注しなくてはいけない状態です。

 ラム酒の話になったのでついでにふれておきますが、一人の綺麗な女性(芸能人の様にキレイな人だった)が「スプレンダーさんにはラムレーズンのシフォンが有りましたよね?あれ今日は無いんですか?」と話しかけてきました。「ラムレーズンとクルミのシフォンの事ですね。あれずいぶん長い間焼いていないんですよ」と答えるともうずっと長い間、そのシフォンがお店に並んでいないだろうかと足を運んでいたそうです。そういえば、ラムレーズンとクルミのシフォン、美味しかったよな~。どうして焼かなくなったかというと、ラム酒のメーカーを変えた途端、私の理想とする味と香り、そして色が出なくなったんです。でも20リッターのラム酒を使わないことには.....ということで我慢して使うことにしたのです。でもやっぱり自分の理想とするラムレーズンに仕上がらなくて.....そして焼かなくなったのです。でもあのシフォン、とってもまろやかなラムの香りが年配の方にも人気でした。やっぱりもうけは少なくても今までのラム酒で漬け込みたいな~と考えて先日今までの銘柄を買ってきました。漬け込んでからしばらくは使えませんが、涼しくなってきたころにはラム酒の香りのぷ~んとする美味しいシフォンを焼きたいと思います。でもこのシフォン、見た目がバナナウォルナッツシフォンと似ているんですよね。一緒に並べるとお客さんが間違いそうなのでちょっと心配です。
【2007/08/15 16:45 】 | シフォンケーキ | コメント(2)
ホテルで買った純米スイーツ
 自宅から数分のところにあるホテルで米粉を使ったロールケーキを買ってきました。私もロールケーキの販売をしていた事が有りますが、今度はちょっと本格的にやってみようかなと考えているのです。で、ホテルでふとロールケーキが目に止まり、容器がなんだか魅力的に見えて思わず買ってしまいました。(もちろん、見た目も美味しそうでしたが、私はお菓子の容器や包装にとても興味が有るのです)

 ここのホテルは米粉パンや米粉シフォンを販売しています。(でも米粉シフォンは私の方がずっと早く販売していましたケド.....)今ではこのホテルともう1社が米粉シフォンを作っています。それもなぜかみんな同じ840円。私は同じようなものが並ぶとはける量が限られてくるので米粉を止めてしまいました。私は紙の型で焼いていましたので焼成時間の制限があるというのはちょっと不利だったのです。(フレーバーによっては紙の型で焼くのが困難なものがあるのです)

 私の米粉シフォンは「おこめのシフォンケーキ」という名前で販売していました。このシフォンは17cmの紙の型で焼いて、そのまま販売していました。1セットがかなりお高い、立派な紙の型を使っていました。1セットが900で一回注文するとそれだけで12万円を突破するという代物でした。それでも一時期はかなりのペースで発注していたものです。途中で小麦粉シフォンに切り替えてしまったのでその容器は資材を置いている部屋にまだ沢山あります。秋以降、お米のシフォンケーキを復活させたいと考えています。米粉のシフォンは牛乳を使うのでコクがあってとっても美味しいのです。「お米のシフォン、よく買ってたんだよ~」って村の方から声をかけられたりします。

 aikos-blog120assyuku.jpg


 上の画像がホテルで売っていた米粉のロールケーキです。黒豆を使っているみたいです。生クリーム使用のロールケーキなのに8/9に買ったのですが、8/12の賞味期限でした。ちょっと期限が長いような気がするのですが、こんなものですか? ちなみに350円でした。

 
 最後に今日、撮ったランディ君の写真を紹介します。

aikos-blog119assyuku.jpg


 グンマフクシマズ ニーマンマーカス(aka RANDY)
父 JKC(CH)ハント×母 AM,CAN(CH)ブルー
 
 AM(CH)アンベラックスアスターリングアルバのラインブリード
 です。

 とかなりマニアックな事を書いてしまいましたが、ゴールデンおたくの方ならこれで意味が通じるのです。恐いでしょ?ハハハッ。

【2007/08/10 22:27 】 | 未分類 | コメント(2)
ホームページってどうやって作るのかな?
 秋以降にネット販売を始めたいと思っている私。と言ってもシフォンケーキではなくてアメリカのレシピで焼いて大好評の2種類のクッキーの事なんです。今までに妹のネット仲間に何度か送っていて大好評で「ぜひ売って欲しい」っていう有りがたいお声を頂いているのです。運送会社は一応、ヤマト運輸さんとは契約しているのですが、これから代引きの契約等もしなくてはいけないと思っています。

 でもその前に肝心のホームページの制作が.....。キーボード入力は不自由なく出来ますが(タイピングの授業が今やっと役に立っています)パソコンの知識はほんとに乏しいのです。たまに「ね~これどうやるの?」って聞くと妹から「も~っ、そんな事も知らないの?」って呆れられています。

 今はあえてブログ形式で商売をされている方もいると聞きます。ブログの方が扱いが簡単でマメに情報を更新できるからだそうです。それからブログの方が検索にヒットしやすいと妹が話していました。その点も
ブログを活用される方が増えてきた理由かも知れません。ただ、商売をするならホームページというものをきちんと作ってお客様にうちはこういうところです....ときちんと構える必要もあるのではと思うのです。でもパソコンの知識のない私がどうやってタグを入力していくんでしょうか?考えているとため息が出てしまいます。お金を払えばホームページを作ってくれる人は沢山いると思いますが、作って貰った後もサポート代とかかかってくるだろうし、自分の好みのものと違うものが出来ても嫌だなという想いはあります。

 ネット商売で有名なベーグルのお店もきっと高いお金を払ってwebデザインとかやって貰っているんだろうな~。うちにはそんな余裕はないから大変だ~。近いうちに本屋に行ってマニュアル本を購入しなくては。
【2007/08/08 21:52 】 | スプレンダー | コメント(2)
生クリームがへ~ん!!
 一日に2日分のブログを書くのもちょっと変ですが、昨日起こったトラブルについて書きたいと思います。

 昨日はロールケーキの注文が入っていました。ロールケーキは定番商品では無いのですが、以前同窓会みたいな集まりが有ったときに私がロールケーキを差し入れに持っていったのです。その時に食べたロールケーキが美味しかったから注文をしたいと言われ、作ることになりました。このロールケーキの為という訳ではないのですが、たまにはロールケーキでも焼いてみようということになり生クリームを業者さんに発注していたのです。

 この生クリーム、業者さんを通して○○乳業に受注生産という形で作って貰うのですが、今回の生クリームは届いたばかりなのに上の方が固まっていました。「生クリーム」と表記できるのは安定剤の添加されていない状態のものだけなので生クリーム=とても不安定なものなんです。この安定剤が入っていないとちょっとした振動でも固まったりするし、たとえ振動が無かったとしても脂肪分が固まりやすいという欠点があるようです。こういった理由から生クリームの使用期限はとっても短いです。昨日は午前中にシフォンケーキとロールケーキを6枚焼き、午後1時から五城目町という所にある警察署に出かけました。と、いっても私が犯罪を犯したわけではなく、単なる免許の更新だったのですが。商品の引き渡しが5時頃だったので帰ってからロールケーキを巻こうと思っていたのです。

 でも凝固したクリームはもはやなめらかなクリームにはならず、ぼそぼそ離水したような感じで使い物になりませんでした。あわてて近くのスーパーに出かけたのですが、よりによっていつもある生クリームが2本しかないっ!!たかだか生クリームの為に隣町まで車をぶっとばし4パックほどGETして帰宅しました。結局安定剤入りの「生クリームもどき」で作ることになってしまいました。(苦笑)でもなんとか引き渡しの時間に間に合わせることができてほっとしました。

 妹にこの事を話すと「あんたって本当に運が悪いよね」と一言。ホントに私の運の悪さはここぞというところを外さないんです。でもこんなヒヤヒヤなトラブルはご免です。

 結局、生クリームは代替え品を頂くことになりました。業者さんの対応がとても良かったのでほっとしています。きっといういうトラブルって日常茶飯事なんだろうな~。業者さんも大変ですね。(でも私はもっと大変だった)

 ちなみに余分に焼き上がったロールケーキは千葉から帰省中の友達(コメントいつも有り難う!)に1本、そして、たまたま自宅前をうろうろしていた同級生のO君に一本、あげました。ロールケーキってたまにしか焼かないから満足して貰えたかちょっと不安。でも友達とブログの事とかそれに関係したトラブルの事とか話をしました。(これでも色々あるんですよ~。こんなネット世界の辺境ブログで、ただの日常日記をかいているだけなのに、トラブルになってしまうことも有るんですよ。皆さんも気をつけましょうね!)

 あっという間に帰ってしまうという千葉の友達。次は来年の夏になるんだって?もっと早く帰ってきてよね!またケーキ焼くからさ。
【2007/08/07 16:44 】 | スプレンダー | コメント(9)
久しぶりにシフォンの画像を......
 シフォンは毎日焼いているのだけれど、レシピのアレンジや原価計算など難しい課題が沢山あってなかなか新商品が出せない私。スプレンダーはシフォンケーキ屋さんではないのですが、やはり人気のある商品なので「はずせない」というのは有ります。

 スプレンダーではつい最近、ブルーベリーシフォンを出すようになりました。でもこのフレーバーに正直苦戦しています。レモンが入るせいか他のシフォンに比べて高さが出ないんです。メレンゲもやわらかめ、固めと試してみるのですが、焼き上がった直後は型すれすれの良い感じでもさましている間に凹むのです。以前17cm型で焼いた時はそんなことも無かったのですが....。スプレンダーでは以前20cm型で一度に4個焼いていたのですが、最初に生地を入れた型と最後の型ではやっぱり質が全然違うので良いものを焼こうと思ったらやっぱり4個より3個になりました。それでもやはり最初に分けた空気の多い生地と2番目の生地、3番目の生地では焼き面の表情も変わってきます。

 生地の空気の抱き込み量の差を一番感じるのはラムチョコレートシフォンです。良い生地が出来てメレンゲがなかなか消えずにいてくれるときは良いのですが、しゅわっと消える失敗メレンゲの時は3個に分けている段階でどんどん質の違いが出来てしまいます。最初に分けた型のシフォンは同じカサでも軽くふんわりしているのですが、最後に分けた型は
カサが足りないのに他の生地より何十グラムを重たかったりします。こうなってくるとこの型は焼いても落ちるだろうと分かります。どう考えたって火どおりが悪いんですから。

 aikos-blog118assyuku.jpg


 上の画像は「オレンジシフォン」を焼いている途中のもの。この後もうちょっと膨らみました。オレンジシフォンはとっても焼きやすいフレーバーです。一日のスタートはなぜかオレンジシフォンです。ちなみに
20cm型です。(20cm型ならあと3個は余裕で入るのにちょっと寂しい庫内です)

 ベーキングパウダーで膨らませるレシピならもうちょっと簡単かも。
「シフォンケーキなら誰でも焼けるや~(秋田なまり?)」と母が言われたと私に教えてくれて正直むっときたこともあります。確かにシフォンの型で焼いて焼き上がったものはシフォンケーキかも知れませんが、品質はぴんきりでしょう?私もシフォンのレシピ本は何冊も持っていますが、写真を見ているだけでもキメの荒い、パサついた感じがするものがあります。フレーバーの参考にはしたいけれど、そのレシピで焼こうという気にはなりません。

 私がベーキングパウダー入りのレシピで作ると見事に爆発します。ベーキングパウダー無しで膨らませる作り方に慣れているせいだと思います。(私と同じような経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは?)使わなくても充分膨らませる事が出来るので私はベーキングパウダー入りのレシピに興味はないです。

 私はスコーンとか大好きなのですが、あのお菓子はベーキングパウダーをちょっと入れすぎると苦みがして食べられません。上手な人って、苦みを感じないギリギリの量で膨らませて作るんですよね。以前、スプレンダーにアルバイトにきてくれた子がスコーン作りの上手な子でホントにふんわり、しっとり焼き上げていました。クイジナート(フードプロセッサー)に材料を入れてガガガッと混ぜて、その後に型抜きをして焼くだけなのですが、私が作るとその子の様にふんわり膨らまないんです。型抜きの時の抜き型の当て方とかちょっとした生地の伸ばし加減などで出来が変わってくるのでしょう。その子はスタバのスコーンなんかよりずっと美味しいスコーンをいとも簡単に作り上げていたのですが、何度マネをしても私には同じようには焼けませんでした。

 私が大好きな「A・R・I」のマフィンやスコーンもそれと同じ。森岡さんの作るマフィンって他の人にはない表情があるし、とってもふんわり、しっとりしているんです。1個400円以上してもやっぱり食べたいマフィンってスゴイと思う。あの焼き面の表情はなかなかマネできないと思う。私はどうもお菓子の焼き面の表情に強いこだわりがあって、ネットで画像を見るときもとにかく好みの焼き面をしているお菓子に目がとまってしまうんです。(クッキーのレシピを見るときもそう。焼き面の表情がとぼしいと作ってみたいという気になりません)こういうこだわりって変ですか?
【2007/08/07 15:37 】 | スプレンダー | コメント(2)
フェーン現象で暑いぞ~
 今日の秋田は昨日に引き続きものスゴイ暑さ。さすがにランディはクーラーのガンガンに効いた部屋でお留守番です。昼に一度自宅に戻り、トイレをさせた後、おやつにプリンを与えてきました。もし、クーラーが無かったら間違いなくぶっ倒れている事でしょう。ホント、クーラーが有って良かった。

 ところで、今日は気温が30℃を軽く越えることが分かっていたのでシフォンケーキは3個×3回の焼成で終わり。沢山作ったってこんなに猛暑じゃ売れませんから(笑)。パン売り場だって半額シールの貼ってあるものが意外に多いんです。パンとか洋菓子って夏場は売れないというけれど、ホントにその通りです。

 今日はシフォンの生地を作るときにちょっと変わった事をやってみました。特に夏場の卵ってみずっぽいのですが、時間の経過とともにどんどん水様卵白が増えてきますよね?この部分をふるいで取り除いてみました(笑) 私のシフォン関係のお友達が以前、水様卵白を取り除いて焼いてみたりしていたのを覚えています。彼女と同じように私は少しでも水っぽい部分を取り除けたらいつもより良いものが焼けるのでは?と思ったのです。

 で、結果ですが、いつもよりキメの細かいものが焼けました。今日焼いたものは全てキメが整っていました。これだけで全てを判断するべきでは有りませんが、あの水っぽい部分が少ないにこしたことは有りません。オレンジシフォンはしっとりプリッとした(変な表現ですみません)ラ・ファミーユの生地に似たような仕上がりでした。たまに理想とするお店のシフォンに似たような生地が出来ると心底嬉しいです。(あのお店のシフォンを食べた事がない人が私の文章を読むとちょっといいすぎじゃない?心酔しすぎじゃない?って思われるかも知れませんが、本当にそんじょそこらのシフォンじゃないんです。(あそこのシフォンを食べたことがある人はきっと私の書いていることを分かってくれると思います。ホント、あのシフォンを食べた時の感動は忘れることが出来ませんから)今日の様な良い出来で毎日焼けるようになれればいいんですけど。(しょせん素人の私には無理かも知れませんが)

 話は変わって。ALTの青年ウィルが今日アメリカに帰国しました。ウィルの車を母用に譲って貰ったのですが、「僕の車は汚いよ、掃除してから乗って」と(英語で)言っていたそうですがホントに汚かった(笑)。車から日本の小銭とアメリカの小銭が何枚も見つかったと母が笑っていました。あと、ゴミがゴロゴロ。さすがアメリカ人。色んなところが傷んでいてメンテナンスにお金がかかりそうです(苦笑)私が試しに運転してみたところ、ハンドルにも遊びがあるし、サスペンションが傷んでいて変な音はするし....。この買い物、失敗だったかな?とちょっと心配になってしまいました。33ナンバーなので11月に切れるという車検が心配です。でも母は久しぶりにマイカーなるものをゲットしてちょっとニコニコ顔でした。いつかスプレンダーが商売繁盛になったら新車を買ってあげたいです。(そんな日はこないと思うけど....)
夢だけはでっかく持ちたいと思う私です。

※車はさっそく今日、サスペンションの交換等の為に整備工場入りとなりました。
【2007/08/03 16:54 】 | スプレンダー | コメント(2)
テレビの取材はどこいった?
 今日は大潟村の産直センター潟の店が「めざましテレビ公認わがまま!気まま!旅気分」の取材を受けるということで一週間くらい前から野菜を出荷している会員宛にお知らせがありました。早い話が、取材にやってきた時に野菜が沢山有るようにしておいて下さいねというお願いでした。加工品も紹介して貰えるのかしら?とちょっと期待してシフォンをいつもより多くの種類焼きました。さすがに全種類を3ホールずつやくと大変な量になってしまうので2ホールずつという具合に.....。

 2時頃取材という事だったので、1時半頃になんとか間に合わせたつもりでしたが、その時には既にテレビの取材らしき人たちがいました。でも大々的にやっているというわけではなく.....。私はてっきり準備をしているものだとばかり思っていました。納品を終えてちょっと用事をすませ再び産直に足を運んだのですが、店員さんに聞くと「私らも気づかない内におわっちゃってたみたい」との事。ガ~ンッって感じでした。

 母は加工品のコーナーがガラガラだったら申し訳ないという事で「とりごぼうおこわ」や「赤飯」を沢山作って納品したのです。でもなんだか取り越し苦労だったみたいです(笑)沢山残った鶏ごぼうおこわや赤飯は野菜と交換してもらい帰宅しました。

 今日の鶏ごぼうおこわ達は、とうもろこし、大根、ミニトマト、タマネギ、きゅうり、ナス等に変身しました。野菜を全く作っていない我が家としてはとっても有りがたいことでした。

 aikos-blog117assyuku.jpg

【2007/08/01 20:22 】 | スプレンダー | コメント(3)
| ホーム |

FC2Ad