リーシーズのピーナッツバターチョコチップ
aikos-blog109assyuku.jpg


 弟が通販(フォーリンバイヤーズクラブ)でアメリカから取り寄せたピーナッツバターチョコチップ。どうゆう風の吹き回しか「一袋あげようか?」と言ってきました。弟の話ではピーナッツバターチョコチップクッキーと間違って注文してしまったとのこと。どうせまた、画像を見ただけでクリックしてしまったのだと思います。私は大のピーナッツバター好きなので「やった~」っと小躍りしてしまいました。

 このピーナッツバターチョコチップ、クッキーの材料にしようと少しの間手をつけずにいたのですが、ある時、非常にお腹がすいてとうとう袋を開けてしまいました。味はというとやっぱり「アメリカ」でした。日本のチョコよりちょっと粉っぽくて甘いのです。リーシーズはハーシーズが作ったお菓子のブランドみたいなものです。味はハーシーズのチョコが好きな人ならきっと好きな味でしょう。ピーナッツバターということで甘じょっぱくて結構いけます。

 私はアメリカのレシピで作ったクッキーも販売しているのでチョコチップの存在が非常に気になります。アメリカではベーキング用のチョコチップが沢山売られています。フォーリンバイヤーズクラブの様な一部の通販でしか手に入らないのが残念です。業務用が安く手に入ればいいのですが、それはちょっと無理な話です。

 私が気に入っているアメリカの「ギラデリ(ジラデリ)」はホームページで「品質を保つ為に海外の一般向けの販売はしない」と書いています。一時期、ギラデリから直接買えたらな~と思っていた私。このごろ、コストコ(アメリカではコスコと発音)にもギラデリの商品が入らなくなってきたのはそのへんの事と関係があるのでしょうか。

aikos-blog108assyuku.jpg




 近くにコストコがある方、このごろギラデリの商品見かけますか?ぜひ教えて下さい。

スポンサーサイト
【2007/06/29 15:52 】 | お気に入りのスイーツ | コメント(1) | トラックバック(0)
JAンビニアンアンのコメワッサンとコッペパン
 今日は隣町のJAが始めたコンビニ(一般的なコンビニとは違います)の「JAンビニアンアン」に行ってきました。米粉を使ったパンは大潟村でも売っていますが、おにぎりやお弁当を一緒に販売しているというところはまだ珍しいかも。

 私が今日買ったのは「コメワッサン」と「コッペパン」です。
 価格はコメワッサンが6個入りで300円、コッペパンが一個
 110円とお手頃です。

aikos-blog107assyuku.jpg

 
 お米で作ったパンと言っても「小麦グルテン」を添加しているので小麦アレルギーの方は食べられません。原材料表示もなんにもない状態で売られているのがちょっと気になります。米粉パン=小麦アレルギーの人間でも食べられると勘違いされると危険なのでは?と思ってしまうのは私だけでしょうか?

 味はというと、私が今までに食べた米粉パンと同じでちょっと粉っぽい匂いが気になります。母はこの匂いが苦手みたいで「好きじゃない」と言います。でも米粉パンって結構な人気みたいです。わざわざ遠くから買いに来る人もいるみたいだし。

 私は嫌いでは有りませんが、どうしてもこの米粉独自の粉っぽい匂いが気になってしまいます。食べているとモチモチとして食感はおもしろいとは思いますが。

 今日買ったコッペパンは私が好きな「ピーナッツ&クリーム」味のもので米粉パンと良くあっていました。ここにはブルーベリー&マーガリンとか黒豆きなこ&マーガリンなど挟まれているフィリングが色々あって工夫されているんだな~と思いました。
【2007/06/29 14:58 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
食品衛生責任者講習会に参加しました
 昨日(6/28)は潟上市にある保健所で食品衛生責任者講習会が開かれました。この食品衛生責任者は一つの加工所に必ず一人置かなければいけないことになっています。スプレンダーの場合は私が昨年、食品衛生責任者の資格を得る為の一日がかりの講習会に参加してこの資格を得ています。今回は、その資格を持っている人たちを集めての講習会でした。

 講習会の目的は食中毒を防ぐ事です。今回の講習は午後からスタートで計3時間程でした。私は個人の加工所をやっているということでの参加でしたが、大手スーパーやホテル、旅館で調理や加工に携わる人も多く来ていました。大潟村からは同じく手作りおにぎりやお菓子の加工をしている方も出席されていました。

 大潟村はわか杉国体のボート競技の会場になっています。スプレンダーはプレ大会(予行練習の事)が昨年開催され、おにぎり等の販売をしました。予行練習なのでホントにうちわの大会みたいでお客様も殆どきませんでしたが(苦笑)。でもとてもよい練習になったと思います。

 国体本番にはきっとたくさんの人が見に来てくれるものと期待しています。10月の終わりの大会なのでスプレンダーからはお弁当やシフォンケーキ、アメリカンクッキー等を販売しようと考えています。テント1つ分の場所を準備していただけるはずなので大潟村にお越しの方はぜひ大会にも足を運んでいただきたいと思います。(国体の事はその時期が来ましたらまた詳しくふれたいと思います)

aikos-blog106assyuku.jpg


 上の画像は「秋田中央保健所」です。

【2007/06/29 07:58 】 | スプレンダー | コメント(2) | トラックバック(0)
本日のシフォン
 スプレンダーのシフォンは現在、大潟村の産直センター潟の店とJA大潟村の2カ所に納品しているのですが、JAでの認知度も少しずつ上がってきました。大潟村には秋田県内でも超有名なシフォンケーキやさんがいるので私のシフォンの売り上げなんてたかが知れているんですが、20cmの8分の1カット(小沢先生には怒られちゃいそうですが)で販売しているのでちょっとだけ食べたい人には喜ばれています。

 シフォンケーキって「ホール派」の人と「カット派」の人がいて、色々なフレーバーをちょっとずつ食べたい人にはスプレンダーのシフォンは適しているのかも知れません。かくゆう私も「カット派」です。一つのフレーバーを貰うより、色々と詰め合わせて貰った方がうれしいです。同窓生からシフォンの注文を頂いた時に「ホールで欲しいの。だってほら、ホールってゴージャスでしょ?」と言われて、そうかぁ、そうなんだ~と驚いたものです。



 私は10cm、14cm、17cm、20cmの型を持っていますが、通常使っているのは20cmです。カットして売るなら断然カット面積の大きな20cmが適しているので。でも、10cmや14cm型に生クリームを詰めて売るのも面白いかも....と思っています。

 ところで、今日はオレンジシフォンと野菜シフォンの画像を撮ったのでご紹介します。

 aikos-blog104assyuku.jpg


aikos-blog103assyuku.jpg


 今日のオレンジシフォンは弾力があって、ふわふわしっとりで上手に焼けたと思います。上手に焼けたシフォンって、必ず焼き面が穏やかで
す。そして、焼き縮みがなくてふわっと見えます。だいたいオーブンで焼いている時の膨らみかたも穏やかで、焼き終わる寸前の姿もやっぱり
穏やかにふんわりしています。(素人なりに毎日観察しています)

 
aikos-blog102assyuku.jpg


 で、上の画像が「野菜シフォン」の生地が出来たところ。野菜シフォンは2個単位でしか作れない私。今日はいつもよりゆるめに立てたメレンゲ。このシフォンは結構強めに立てた方が泡が安定する様な気がします。あんまりソフトな泡だとそれぞれの生地を作っている内に緩くなって焼いたときに穴があきやすくなるような気がするのです。(あくまでも私が感じた事です)

 aikos-blog105assyuku.jpg


 上の画像は「野菜シフォン」を型から外しているところ。今日の出来は全然良くなかった。メレンゲをゆるめに立てたせいか、やっぱりトマトの部分から一部穴が開いていました。16カットのうち、4カットは売り物になりませんでした。(他の部分はキレイでしたが)

 野菜シフォンの焼き面はいつもコレくらい亀裂が入ってしまいます。
このシフォンを穏やかな焼き面で焼けるようになりたいです。(あっ、このシフォンだけは焼き面の亀裂が多くても中はキレイに焼き上がる事が多いです)

 この頃、シフォンしか焼いていない私。先日知人から「おからクッキーにはまったよ~、また食べたいのに売ってないけど、どうして?」って言われてしまいました。手際が悪くて一つを作るともう一つが出来ない私。少しずつその辺の問題も解決していかなければと思っています。
【2007/06/25 19:29 】 | シフォンケーキ | コメント(9) | トラックバック(0)
住区会からの注文品を作りました
 今日は住区会からの注文でおにぎりを作りました。といってもこのおにぎりは母の担当で私は出来上がったものを袋詰めしてシーラーでシールしただけです。

 この住区会のイベントですが、「さなぶり」と言われるものです。私の住んでいる村は殆どが農家なので、農繁期が終了したころにその労をねぎらう為に行うのです。もちろん、おにぎりの他にもオードブル等が準備されています。私は小さい頃、この「さなぶり」が大好きでした。子供達にはお菓子の詰め合わせが準備されていたからです。昔は外でジンギスカンなどをジュージューと焼き、みんなでつつくのが楽しかったのですが、最近は近くの温泉の大広間を借りて行うようになりました。

 私は昼間は実家で働いていますが、住んでいるのは同じ村の別の住区なので実家の住区のさなぶりには出なくなりました。

 下の画像は袋詰めしたものをシールしているところです。このシーラーは通常、お菓子の設備の方に置いてあります。脱酸素剤や乾燥剤を入れて封をする場合は必ずこのシーラーでシールします。特に脱酸素剤を使用する場合はこういう機械でシールしないと全く意味がありません。

 (このシーラーはガゼット袋対応です。ガゼット袋というのはこのおにぎりの袋のように「まち」がある袋のことです。洋菓子には「まち」のある袋を使う機会が沢山あるので大変助かっています)この機械はテーブルに力を入れるとテーブル自体が下に下がりシールするようになっています)

 aikos-blog101assyukku.jpg


aikos-blog100assyuku.jpg


 このおにぎり、一個一個包装して納品したところ、大変喜ばれました。こういう宴会みたいな席では色んな理由から個包装が喜ばれます。(乾燥防止や他人のつ○が付かないなどの理由です)一度この包装を初めてからは毎年、住区会から「また袋にいれて」と指示があります。

 おにぎりの数は昨年の倍になりました。「おにぎりをもっと増やして」との希望が寄せられたからだそうです。来年はもっと増えてくれると嬉しいです。 
【2007/06/21 17:19 】 | スプレンダー | コメント(1)
運良く上手くやけました
 ここしばらくシフォンケーキスランプに陥っている私。いつもは素材の良さで技術力の無さをカバーしている(つもり)のですが、卵は水っぽいし、気温は高いしで全然思うようにシフォンを焼き上げる事ができません。昨年は夏の終わりにスランプに陥ってしまい、数ヶ月間シフォンを焼くのをやめてしまいました。東京のシフォンケーキ専門店「ラ・ファミーユ」の小沢先生の個人レッスンを2日間続けて受けてようやくスランプを脱出することが出来たのです。

 でも夏には夏のコツがあり、冬には冬のコツがあるとのこと。まだまだ勉強不足の私には昨日上手く出来たことがなぜか今日はできないということの繰り返しです。そして、どうしてそうなるのかという事がいまだにつきとめられないのです。

 今日は北海道への発送依頼が一件ありました。スランプ中という事で正直悩んでしまいました。でも何度も利用してくれているお客様の依頼なのでお断りすることも出来なかったのです。(母が.....です)ちなみに作るのは私です。(ここがつらいところです)

 結果はというと....なんと奇跡的に殆どのシフォンがうまくいきました。どうしてうまくいったのか分かりませんが無事発送作業を終える事が出来ました。

 aikos-blog94assyuku.jpg


 「やさいのシフォン」小沢先生のレシピです。
 このシフォンは高さを出すことがホントに難しいです。でもこのシフォンはなぜか昨日も上手く焼けました。ふわっふわです。

aikos-blog95assyuku.jpg


 マーブルは華やかだから好きです。これは小沢先生の基本のレシピを
アレンジして作ったシフォンです。ラム酒でといたコーヒーでマーブルを作りました。

 aikos-blog96assyuku.jpg


 今日発送したシフォンです。16カット×2箱でした。おまかせなので華やかなシフォンと定番のフランボワーズなどを詰め合わせました。

 aikos-blog98assyuku.jpg


 こんな感じで立てて包装しました。ラムチョコシフォンが傾いて見えますが包装紙の折り方のせいでそんな風に見えるだけで実際はまっすぐです。フランボワーズにちょっと空気穴があいちゃってますが、生地はふんわりとして適度な弾力があり、自分的にはまずまずの出来でした。

 ここぞというところでなんとか上手くまとめることができて良かったです。こんな幸運はそうそうないです。
【2007/06/18 21:15 】 | シフォンケーキ | コメント(1) | トラックバック(0)
包装室は涼しいぞ
 今日もとっても暑い一日でした。オーブンのある加工室はあっという間に室温が上がるので嫌になってしまいます。クーラーは加工施設に計4台あるのですが、実は4台一度につけると一発でブレーカーが落ちてしまいます。クーラーの他にも母のいる施設の方には魚焼き機やポリラッパー(スーパーなどのお肉はこいういう機械で綺麗にラッピングされています)などかなりの電力量を必要とする機械が沢山あるのです。今は50Aの契約ですが、もっと上げたいのが本音です。お菓子の方の包装室はチョコレートを冷やすためにクーラーを付けっぱなしです。母は遠慮して「お母さんはいいから」と言ってくれますが、私が2カ所付けるとそれだけでもかなりヤバイ状態なのです。

 オーブンは電気の種類が違います。同じ電気でも動力と言われる種類です。(200の三相というやつです)これはオーブンによって何キロワット必要か決まっているのでその必要な分だけ申請し契約しています。これは基本料金がバカ高です。でもその代わり、一般の電気のブレーカーが落ちてもこのオーブンの電気が落ちることは有りません。

 昨年、クーラーを4台入れた際、電気の契約量を増やしたかったのですが、50A以上だと電線の太さが変わるそうなのです。ということはまた高~い工事費を払わないといけないのです。どうして電気工事とかガス工事ってこうもバカ高なんでしょうか?桁が一つ違うような気がします。

 昨年は「お母さんは我慢するからいいよ」と言っていた母ですが、「クーラー何の為に4台あるか分からない状態だから工事しようか?」と聞くと「そうだね」と一言。やっぱり相当我慢してたんだなと思いました。もうそろそろ電気工事の人に頼んでふと~い線に変えて貰おうかと思います。でも基本料金も上がっちゃうみたいです。

 クーラー付けっぱなしの包装室は私の学習能力の無さを物語っているようでとっても恥ずかしいです。いくら2月にチョコの特売があるとはいえ、この時期にクーラー代かけたんじゃ意味がないですよね。来年はこんなことがないように気をつけたいです。

 
【2007/06/13 21:11 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
お礼のロールケーキを焼きました
 今日は産直センター潟の店の当番の日でした。当番の日って何の事?って思われるでしょうが、実は母が野菜グループの会員なのです。こういう直売所って会員制で、自分の栽培した野菜を売りたい人は会員にならなければいけないのです。そして大抵の直売所の場合、会員は順番に当番に出なければいけないのです。

 最近はずっと母が当番に出ていますが、都合が悪い時は私や妹で時間をやりくりして出ています。今日は当番に出ている母から「一緒に当番やってる○○さんがてんこ小豆を沢山くれたから何か差し入れしてくれないかな?」と言われました。で、ロールケーキを焼くことにしました。

 ロールケーキはホントにたま~にしか焼かないお菓子です。以前ふれたように、このお菓子を作るとなると生クリームの発注からしないといけないのでちょっとおっくうなのです。今日は急に焼くことになったのでスーパーで割高なクリームを買いました。こういうのを買うと業務用ってやっぱり安いな~と思います。

 

 焼き上がったばかりのロールケーキです。
aikos-blog88assyuku.jpg


 乾燥しないように(しっとり水分を行き渡らせる為)ラップをかけます。

aikos-blog89assyuku.jpg


 抹茶あずきロール完成。今回は生クリームにも抹茶を混ぜ込みました。室温が高くてちょっと生クリームがだれてしまいました。

aikos-blog92assyuku.jpg


 そしてラズベリーロール。冷凍ラズベリーホールを砕いて生地に落としました。生クリームには冷凍ラズベリーピュレを混ぜ込みました。
このロールケーキの生地がとっても出来が良くて大満足。切り口もシャープに仕上がりました。

aikos-blog90assyuku.jpg


 ちょっと上から見た画像。ラズベリーがところどころに見えてます。(もうちょっと落としても良かったみたい。ちょっともの足りない感じ) 
aikos-blog91assyuku.jpg


 そして自己満足のパック詰め&ロゴシール。ロゴシールを貼った方がなんとなく可愛い感じがして.....。
aikos-blog93assyuku.jpg


 今日のロールケーキはホントにしっとりふわっふわに仕上がりました。甘酸っぱいラズベリーロールは特に出来が良かったです。「共立て」で作りました。キッチンエイドの湯煎用のパーツを装着し、湯煎立てしました。(といっても直ぐに湯煎から外しましたが)粉あわせを丁寧にやったのが良かったのかも知れません。抹茶あずきロールもしっとりふわっふわでしたが、ちょっとやわらかすぎかな。シフォンみたいな感じの生地でした。

 
 今日はカットする時にハプニングが。なんと手を切ってしまいました。プロ用の大きなパレットナイフみたいな包丁を初めてつかったのですがこのナイフをお湯であたためながらカットしていたのです。で、生クリームがなかなか落ちないのでキッチンペーパーで拭き取ろうとして手で押さえて引っ張ったとたん、手を切ってしまいました。ああいう大きな包丁(ナイフ)は手で挟んでふきとろうなんてしてはいけないのですね。身をもって学習しました(苦笑)

ちなみに今日作ったロールケーキは全てお世話になっている人に配りました。皆さんとっても喜んで下さいました。
【2007/06/12 19:39 】 | スプレンダー | コメント(12) | トラックバック(0)
ノルディックウェアで焼くバラのケーキ
 今日、思い立ってノルディックウェアの「スイートハートローズ型」でマドレーヌを焼きました。この型、一緒に付いてきたレシピで焼くと
スルっと抜けるのですが、一般的なマドレーヌの配合で焼こうと思うと
型から見事(!?)に外れないのです。テフロンってこんなに使いにくいものだったっけ?ってあきれるくらいに.....。購入した先に電話を入れたら「ショートニングを塗った後に強力粉をはたいてください」との事。でもテフロン加工で取れやすいっていうのが売りだった様な気がするんですけど.....。

 なぜ、一緒に付いてきたレシピで焼かないのかというと、私の口には合わなかったからです。この型は大量生産にも対応できるようになんと一度に4枚購入してしまいました。そしてこのスイートハートローズ型の他にも2種類の型を購入したのです。なのに未だに商品化できないのです。この型でマドレーヌを試作する度に「型から外れるまずい菓子か型から外れない美味しいお菓子どっちがいいか?」と自分に問いかけています(笑)

aikos-blog87assyuku.jpg
 

 今日は一般的なマドレーヌの配合を参考にしましたが、はちみつよりもメープルシロップが好きな私はマドレーヌという事を無視してメープルシロップを使って焼いてしまいました。でも縁がガチガチしすぎてて今ひとつ。こんなんじゃ商品化は無理。

 この生地にフランボワーズ(木いちご)を砕いて焼き込めば赤いつぶつぶが見えてかわいさはUPしそうなんですが.....。ホントは今日、それを試そうと思ったんですが、混ぜ込むのを忘れてしまいました。バナナウォルナッツシフォンを作ってもウォルナッツを入れ忘れたり、コーヒーシナモンチョコチップを作ってもチョコチップを入れ忘れたり。そんなミスばかりしている私。そんな私を家族は本気で心配しています。
【2007/06/11 17:30 】 | スプレンダー | コメント(2) | トラックバック(0)
オードブルの注文(その2)
 ちょっと前(5/28)に一度オードブルの注文をしてくれた父の知り合い。農協の理事選挙に見事当選し、今度(6/3)は当選祝いのオードブルを注文してくれました。と、言っても、スプレンダーのオードブルは採算性ゼロなのです。だって、材料を買い込んだ時点で予算をオーバーしてるんですから。

 じゃあ、どうして仕事を受けるの?って思われるでしょうが、これを機会にスプレンダーを知って貰えたらな~という想いで取り組んでいます。

 今回のオードブルは前回同様「田舎料理」の詰め合わせで作りました。前回のオードブルについて「オードブルっていうと見た目の華やかさだけでいざ食べようと思うと手をつけるものがないんだけどスプレンダーのオードブルは全部食べられてとても美味しかった」という嬉しい感想を頂きました。皆さん、大変喜んで下さって少し残った分もしっかり持ち帰られたとの事でした。 最初は煮物や和え物ばかりでちょっと地味だなと思ったのですが、母の「こ~ゆ~のが酒の肴には喜ばれるんだよ」という言葉が正しかったわけです。

 で、これが今回のオードブル。
aikos-blog86assyuku.jpg


 私は磯辺あげ(中にチーズが入っています)を作りました。なんてことはない地味な一品だけど、これが意外といけるんですよ。私の今回の仕事はと言えば、前回に引き続きサンドイッチ!以前より格段に作業が早くなりました。何事もコツをつかめばうまくいくんですよね。

 aikos-blog85assyuku.jpg


 サンドイッチは全部で3皿作りました。上記の写真のものは三角形ですが、正方形にカットしたものも作りました。

 あっという間に作り終えてしまい、なんだか作り足りなかったです。サンドイッチってサンドイッチ用に耳を切り落としてパックされているものより1斤とかで買ってきてカットして使う方がずっと美味しいと思いました。ホテルパンみたいなバターが多めのリッチな配合のものは甘みもしっかりして私好みでした。私がパン作りの出来る人間だったら自分でパンを焼き、サンドイッチにして販売できるのにな~と思ったりしました。

 毎日同じ事の繰り返しじゃつまらないので何か新しく取り組める事はないかと考えている私です。
【2007/06/11 16:56 】 | スプレンダー | コメント(0) | トラックバック(0)
スランプに苦しむ私
 6月に入った頃から秋田もぐんぐんと気温が上がるようになりました。加工所はユニットハウスに手を加えたものなのでクーラーを設置しているとは言え、余り冷えません。

 この時期のシフォンケーキって本当に焼くのが難しいです。私の焼くシフォンケーキも6月に入ったころから「ぼわ~」っと膨らむようになりました。オーブンの中で焼けていく様子を見ているととにかく膨らむので水分過多か泡立て過ぎのどちらかだと思うのですが焼き上がりの数分前になってもしまりのない姿をしているので出来が悪いとひと目で分かります。

 鶏さんが暑くなってのどが乾き、水を沢山飲むから卵が水っぽくなると言われていますが、泡立てる時の室温も大いに関係があるのではと思います。

 私の理想のシフォンケーキって決して水っぽくなくて、でもヒタヒタっと吸い付くような適度なしっとり感があるものなんですが、今のシフォンは外側ばかりが焼けて中は水っぽい感じなのです。そして生地に弾力が無く、べちゃっとしています。もうため息しかでません。

 もともと雨の日はちょっと粉を増やすとか水分をきるとかやっていたのですが、卵自体が水っぽくなっているので私のような素人では到底コントロール出来ないのです。

 泡立てすぎかな?と思い、こころもちゆるめにとどめても「ぼわ~」っとなってしまうし、かといって、あんまり固く立てすぎると卵黄生地と混ぜたときに上手く混ぜきることが出来なくて焼いたときに穴が開いてしまったりします。

 卵を冷やし、出来る限り部屋を冷やし....思いつく事は色々と試してみたのですが、どうも上手くいきません。

 シフォンケーキの種類によって比較的簡単なものと難しいものがあると思うのですが、私にとって比較的簡単なオレンジシフォンでさえ、生地が水っぽく仕上がってしまうのです。

 昨年の夏は意外にも調子が良かった私。あの頃の作り方と今とじゃ何が違うんだろう。自分では気づかない何かがあるのかも知れません。千葉の友達の元へ届けられたシフォンもきっと水っぽかったのだと思います。(私の技術が足りなくてごめんね~)夏を通り越して早く秋にならないかと切実に願う私でした。
【2007/06/11 12:10 】 | シフォンケーキ | コメント(3) | トラックバック(0)
自主衛生検査の結果が郵送されてきました!
 今日、保健所から2通の封書が届きました。先日、保健所まで「バナナウォルナッツマフィン」と「おにぎり」の検体を提出したのですが、その2検体の検査結果がでたのです。弁当および仕出し部門の検査項目生菌数、黄色ブドウ球菌、E.coliの3項目とお菓子部門の検査項目の生菌数、大腸菌、黄色ブドウ球菌についての結果です。

 aikos-blog83assyuku.jpg



 これは製品検査(自主)結果書なる用紙の一部分をアップにしたものです。おにぎりもバナナウォルナッツマフィンも生菌数が指導基準1gあたり10万のところ、300以下でした。たしか、これは一番良いランクの結果だったと思います。バナナは果物をたっぷり混ぜ込んでいるのでちょっと心配でしたが、焼いた後の商品には素手でさわらない、焼いたあとの商品はオーブンペーパーの上でさます、包装する等の事を守っているので結果に表れたのだと思います。

 前回この検査をした時は「鶏ごぼうおこわ」と「おはぎ」を提出したのですが、両方とも1gあたりの生菌数が300以下で今回と同じようにとても良い結果でした。台ふきは使わない、使い捨て手袋をした上でアルコール消毒をする等、日頃気を付けていることがいかに大切な事か改めて感じました。

 で、本日自主衛生検査済み証なるものをいただきました。これは加工所の入り口などに貼っておかなければならないものです。

 aikos-blog84assyuku.jpg


 先月検便も行われたし、今回、自主検査も終わったし、後はやっぱり保健所さんの訪問だ.....と思う。とにかく、自主検査まで順調に終わったので残りを頑張ろうと思います。

 今日は発送用のシフォンを焼いたりしました。最高の出来とまではいかなくてちょっと申し訳ないです。気温が上がってきて卵の質もあんまり良くないせいかも。(もちろん腕がないのもありますが)ちょっといい訳がましいですが一生懸命焼きました。明日も贈り物用のシフォンケーキの詰め合わせの注文が入っているので緊張してます。順調に焼けるといいけど。また頑張ります。
【2007/06/01 21:11 】 | スプレンダー | コメント(13) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad