コーヒーシフォン
 新製品というわけではありませんが、久々にコーヒーシフォンを焼いています。
 実はスプレンダーで焼いているオレンジシフォン用のオレンジピールを切らしてしまった時に何か別の種類のシフォンを焼いてみようと思ったのです。さすがにもうオレンジピールの方は手元にありますが、それ以来、ちょくちょく焼いています。このコーヒーシフォンをマーブル模様に焼いているつもりですが、マーブルって苦手でなかなかうまくいきません。特に3ホール分を一度にマーブルにしようと思うと結構難しいです。混ぜすぎると当然マーブルは消えてしまうし、混ぜたりなくてもマーブルになりません。

 aikos-blog467assyuku.jpg

 本当はもうちょとコーヒーを濃くすれば薄い茶色の生地と濃い茶色の対比がはっきりするのでしょうが、コーヒー自体が結構ほろ苦いものなので濃くすればいいというものでもないのです。これはまだうまくいった方で、ひどときには「マーブルはいずこへ?」という状態のものもあります。マーブルのきれいなつけ方が分かる人がいたら
教えて頂きたいくらいです。

 マーブル模様を出す技術はとてもほめられたものじゃありませんが味の方はほろ苦くて美味しいと思います。
 ちょくちょく焼いていきますのでどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
【2013/08/02 00:28 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
抹茶シフォンはじめました
 「新商品?」ってよく聞かれるのですが、いえいえ、決して新商品じゃないんです。抹茶は色が飛びやすくて
焼きあがったときはきれいな緑色でも、ショーケースの照明の光や自然光であっというまに退色してしまいます。
別に傷んだわけでもないのになんだか怪しい色になってしまうので、あまり焼くことがないのが実情です。

 実店舗ではロールケーキを何種類か焼いていましたが抹茶はショーケースの中で堂々と見せてうることができなくて困りものでした。生地の配合が特に退色を促してしまうのか、本当にあっという間に茶色になってしまうのです。ですからアルミホイルで包んでショーケースに入れていたほどです。

 aikos-blog382assyuku.jpg

 実際の色はもっとずっと濃い緑なのですが、この画像はちょっと色が薄く映ってます。抹茶は手元にクロレラ入り抹茶があったのでとりあえずその抹茶で焼きました。緑は本当に色を保つのが難しくて、スコーンなどに入れてもやっぱり一日もたつと茶色っぽくなってしまいます。味が第一という考えのお客様は気にせずお買い上げくださるのですが、やっぱり茶色くなると見た感じが極端に悪くなってしまいます。もちろん、それはクロレラ配合でも
同じです。本当に色を保ちたければ銀紙(ブランデーケーキなんかを包んでいるシートがいいかもしれないですね)に包めばいいんでしょうけど、それじゃあ、商品自体がどんなものかわからなくなってしまう.....。自然由来のものはどうしても万能ではないです。

 ときにケーキ屋さんのロールケーキで緑色が全くそのままのものがあって驚きます。ショーケースのライトにずっと照らされているのになぜか退色しない...。ケーキ屋さんってあんまり原材料表示もしないから何を使っているのかわからないです。ケーキ屋さんの焼き菓子も原材料表示がほんといいかげんだったりして。(印刷されている
表示がみんな同じのところもありました。そんなことあり得ないのに)もしそれが自然由来のものなら何を使っているのか教えてもらいたいです。ずっと鮮やかな緑色の抹茶.....焼けたらいいなあ。
【2011/09/06 16:33 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
12月22日は都合によりお休みとさせて頂きます。
 12月22日は都合により店舗の営業をお休みさせて頂きます。
 
 今回は官公庁に用事がある為です。

 この日でなければいけない理由がありまして、お店をお休みさせていただいて出掛けてきます。

 本日12/15(水)に悪天候の中ご来店くださったお客様が、「2回来たけど休みだった。お店、閉めてしまったのかと思いました」っておっしゃってました。何度も足を運んでいただいて本当に有難うございます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 どうしても一人で作っていてうまく回らないことがあったり、精神的、肉体的な疲れがたまってしまったりして
お休みをいただいたりすることが多いです。売れる売れないは別として、仕事で15~18時間位、お店にいることもしょっちゅうで色々なことを一人で処理するのは限界と感じることもあります。仕事の形態を変えるべきなのかと考えることもあります。もっと効率的な形にしていくべきなのかと.....。

 ちょっと前にスプレンダーにある人がきて「休みが多いと客なんかつかないわよ、さっさと人に貸したらいいんじゃない?」ってアドバイスして帰られました。(全く、親しい人でもないのにスプレンダーに強い関心を抱いていらっしゃるようで驚いてしまいました)

 でも、スプレンダーの店舗は菓子製造業の許可を持っていますので、このお店を貸すということはスプレンダーが加工所を失うということです。今までにかなりの投資をしていますので、この苦労をなかったことにして他人に貸すという
ことは全く考えていないのです。それに店舗の裏には住宅が付いていますから.....。(自分の家の一部分を他人に
貸すということはありえないです)

 あっ、ちなみにスプレンダーの店舗は飲食店営業許可も取ってます。でもカフェでは有りません。(あれはイートインコーナーです)ちなみに飲食店営業許可でレストランみたいに色々なものを作ることが出来ます。でも
あくまでもメインは菓子製造所です。

 もともと実家の庭にあった菓子製造所を今の場所に移設するのが目的だったのです。だから今の加工所は
大切に使って行きたいと考えています。

 あっ、なんだか長々と愚痴ってしまい、すみません。

 明日はロールケーキの注文が入っているのでこの辺で休みます。
 それではこの辺で。

 

 
 

 
【2010/12/15 21:38 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
マイケルも19歳になりました
aikos-blog373assyuku.jpg

 手元にある画像がなぜか後ろ向きのこの一枚。

 11/7にシャム猫とダ猫のハーフ(MIXというのが正しい言い方ですけど)の兄弟猫を拾ってはや19年がたちました。ピーターは昨年の12月に悪性腫瘍の為、亡くなりましたが、残ったマイケルは今も元気にしています。ピーターが通院を始めたころは「この子は18歳にみえない」って獣医さん達に驚かれました。病気でどんどん毛づやが
悪くなってやせ細ってしまってあっというまに老けてしまいましたが、今、もう片方の元気なマイケルをみせたらどんなに驚かれるだろうかと思います。

 昨年亡くなったゴールデンレトリバーのランディも14歳まで生きましたが、14歳とは思えない様な美しい姿
でした。老犬とは思えない様なキラキラしたコートで冷たくなった体に触れても死んだことが信じられなかった
位です。

 マイケルは少々ぼけ始めたのか夜中に「あおんあおん」と大声を出したりしていますが、それ以外は
まだまだ元気です。昔、知人に『猫は上手に飼えば13年位は生きるよ~』と言われ、本気で13年までカウント
ダウンした経験があるのですが、それをあっというまに過ぎて19年です。

 ただ、このマイケルを失う日がきたら、みんな相当なショックを受けるだろうな~と怖くてなりません。
 
 先日、お客様の一人が店内に貼っている亡きランディの写真を見て「うちもゴールデン飼ってたんです」って
 お声をかけて下さいました。ガンが転移して本当に可哀相だった。立ち直れなかったと話して下さいました。
 ゴールデンって体も大きいし、甘えん坊でスキンシップも激しい生き物だから余計、存在感が大きくて、つらかったのだと思います。私もランディも亡くした当初はかなりつらかったです。



aikos-blog347assyuku.jpg

 後ろ向きの画像ではあんまりなので、過去の画像を引っ張ってきました。
 
 スポイトでミルクを飲ませ、排泄もうながしてやって育てた猫なので特別な存在です。

 一日でも長く生きて欲しいです。

 マイケル19歳の誕生日(正確に言うと拾った日)おめでとう!!
 
 
【2010/11/09 12:29 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりのシフォンケーキ
aikos-blog328assyuku.jpg

aikos-blog329assyuku.jpg

 久しぶりにシフォンケーキを焼いています。この頃、お電話でシフォンケーキのお問い合わせを頂くことが多くて
時間が有るときは頑張って焼かなきゃ....って思っています。

aikos-blog330assyuku.jpg



上の画像は「ラムレーズン&くるみシフォン」

 aikos-blog331assyuku.jpg

 そして「オレンジシフォン」

 このシフォン、「美味しかった」の声が一番多いんですよ。
 オレンジシフォンはオレンジジュースだけで作るタイプのレシピもあるようですが、オレンジジュース+
 オレンジピールで作ると味が一段と良くなります。当方がこのシフォンをカット、包装している時から
 なんともいえない良い香りがするんですよ。このシフォンは定番中の定番なので、シフォンを焼き始めると
 必ず店頭に並ぶようになります。見かけたらぜひ一度お試し下さい。自信をもっておすすめ致します。

 あっ、今日はクリームチーズの画像も載せるつもりだったんですが、データをうつしわすれていたようです。
 (お店のパソコンで処理してCDに焼いて実家に持ち帰り、実家のパソコンで記事を書いています)



 シフォンケーキってとっても繊細なお菓子だから、卵白のあわ立て具合で出来が全く変わってしまいます。
 ずっと作っていなかったので「あれ?どんなだったっけ」って悩みながら作りました。気圧が高い時は一度に
6個焼いても結構質の良いものが焼けるような気がするのですが、今日は3個ずつ焼きました。第一、今の時期は
そんなにたくさん焼いてもお客様が少ないですから.....。

 今日はお店がお休みの日なので商品は全て「道の駅おおがた」に納品してきました。
 今日は3種類焼きましたが、生地の出来は良い方だったと思います。

 生地の出来でシフォンの味は決まると思います。
 見た目がくた~っとした生地はたいてい口に入れるとべちゃっとして、ためしに生地を押してみると
 弾力がなく元に戻りません。こういうシフォンは美味しくないです。シフォンを焼いたことがある方なら
 きっと「そう、そう」ってうなづいていただけると思います。

 私も毎回うまく焼けるというわけではありません。
 
 焼き面が穏やかで、弾力があり、ふんわり、しっとりとしたシフォンを目指して頑張ってます。
 一人で焼いてますので数は焼けませんが、見つけたらぜひ手にとってみて下さい。






 
続きを読む
【2010/01/26 11:49 】 | シフォンケーキ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad